プロボックス/サクシード

カーライフニュース - プロボックス/サクシード

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆ハイブリッドを手に入れた「プロサク」

トヨタの『プロボックス』&『サクシード』は、今では珍しいボンネットを備えた商用バンだ。荷室の広さは『ハイエース』などのワンボックスバンにかなわないが、水平基調のボディは視界が良く、視線の位置が低いから背の低い障害物も発見しやすい。ボンネットが少し視野に入るから、車幅やボディ先端の位置も分かりやすい。

このように商用バンは運転感覚が親しみやすいため、荷物を積まずに営業活動に使われたり、長距離を走・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、ライトバンタイプの商用車『プロボックス』と『サクシード』に、ハイブリッド車を追加するとともに一部改良し、12月3日より販売を開始する。

ハイブリッド車は、新たに導入されたWLTCモードで22.6km/リットル、JC08モードで27.8km/リットルの低燃費を実現。「平成27年度燃費基準+25%」を達成するとともに「平成30年排出ガス基準75%低減レベル」の認定取得とあわせ、エコカー減税の対象としている。走行面では、モー・・・

ニュースを読む

トヨタの商用バン『プロボックス』/『サクシード』が12年ぶりのマイナーチェンジを遂げた。環境性能を高めた新エンジンの搭載、実用性を追求した内装の改良が目玉だが、これらを実現するため、マイナーチェンジでありながらプラットフォームを刷新するという意欲的な試みがおこなわれているのも注目のポイントだ。

これにともないサスペンションの構造も最適化。さらに車速感応型の電動パワーステアリングの採用などにより、空車時、積載時ともに扱いやすさと高い操縦・・・

ニュースを読む

トヨタの商用バン『プロボックス』/『サクシード』が12年ぶりのマイナーチェンジを遂げる。ビジネスシーンでの使い勝手を第一に考え、実際のユーザーの声を集めた上で、乗用車とは全く異なったデザイン、インターフェース開発の手法がとられたという。

車内で過ごす時間が多い商用車だからこそ実現できた新型プロボックス / サクシードの内装デザインとそのコンセプトについて、製品企画部の嶋村博次(しまむら ひろつぐ)主査、インパネ・意匠設計担当の川畑雅稔・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は商用バン『プロボックス』と『サクシード』を12年ぶりに大幅改良し、9月1日から販売を開始すると発表した。今回の改良に伴い両モデルは外観、荷室ともに共通化された。

金森善彦チーフエンジニアは「もともと基本のところは同じだったが、フロントとリア周りだけプロボックスとサクシードを分けていた。しかし実際にお客さんの使われ方をみると、もうそんな違いが必要なくなってきていた」と説明。

さらに「やはり造り分けをするとそれだけのコスト・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は商用バン『プロボックス』と『サクシード』を12年ぶりに大幅改良し、9月1日から販売を開始すると発表した。金森善彦チーフエンジニアは「『ヴィッツ』や『ラクティス』のプラットホームを前半分に使っている」と明かす。

その理由として「旧型の前周りのプラットホームは10年以上も前のものなので、やはり乗り心地や操縦安定性のバランスをより高いところにもっていきたかった。商用車は乗用車以上に長く使われるので、長時間疲れない、乗り心地が良・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車が8月6日に発表した商用車『プロボックス』と『サクシード』は、合計で月間4200台の販売を計画している。従来の実績に対して大きな販売増計画は打ち出しておらず、まずは6割程度とされるこのクラスでのシェアを堅持する構えだ。

トヨタ店営業部販売計画室の宮嶋雅史担当課長によると、2013年は両モデル合わせて月平均4000台規模の実績だったという。新モデルはそれに対して5%ほどの上乗せということになる。今回の改良で、従来はリヤボディ・・・

ニュースを読む

東京本社で8月6日に開いた発表会に出席した開発責任者の金森善彦・製品企画本部チーフエンジニアは「プロの道具としての更なる高みへと、大幅な変更に踏み切った」と、強調した。

発表したニュースリリースでは「マイナーチェンジ」扱いだが、プラットフォーム(車台)の改良やエンジン、変速機の変更などフルモデルチェンジといっていいような刷新内容となった。

この結果、商用車の重要なポイントととなる燃費性能で14〜18%の改善を達成するなど、働くクルマ・・・

ニュースを読む

トヨタの商用バン『プロボックス』/『サクシード』が12年ぶりのマイナーチェンジを遂げる。広い荷室と使い勝手の良さから、ビジネスを支えるプロの道具としてクラストップシェアを走り続けるプロボックス / サクシードが、なぜ今、刷新されたのか。プロボックス / サクシードに求められるもの、そして新型のねらいを、開発を指揮した製品企画本部 ZP 主査の下村修之氏に訊いた。


◆変える必要がないところは、変えなくてもいいという発想

----:プ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は6日、商用バン『プロボックス』と『サクシード』をマイナーチェンジし9月1日より発売すると発表した。2002年の発売以来、12年目の大幅改良となる。

プロボックスとサクシードは、それぞれ『カローラバン』『カルディナバン』の後を継ぎ商用専用車として2002年に誕生。多目的に使える広い荷室、高い経済性など専用車ならではの特徴が、経営者やドライバーに評価され、クラスでトップシェアを維持してきた。今回のマイナーチェンジでは、ビジネ・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぶひお

七年経過

車種名:BMW 1シリーズ (ハッチバック)
投稿ユーザー:ぶひ***** さん
総合評価:

いろいろ修理代がかかっています。ターボ冷却系交換、エンジン冷却系の液漏れ...[ 続きを見る ]

なついち

スバル・サンバー~本田バモス。今年の8月にバモスが車検で10万以上の見積...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針