RX-8

カーライフニュース - RX-8

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

OPEN FUTUREを謳う東京モーターショー。マツダ代表取締役社長兼CEO 丸本明氏は「2030年までに全車に電動化パワートレインであるe-SKYACTIVを搭載する」と述べ、同社として初の量産EVとなる『MX-30』を発表した。

まずは、23日(日本時間)より欧州で予約を開始する。日本市場投入も確定しているが、時期は未定とする。現在のマツダのネーミングラインでいくとMXはロードスターとなるのだが、MX-30はSUV風のハッチバック・・・

ニュースを読む

【リコール】マツダ RX-8、サスペンションに不具合

by 森脇稔 on 2017年06月01日(木) 22時45分

マツダは6月1日、『RX-8』に関するリコール(回収・無償修理)を、国土交通省に届け出た。

今回のリコールは、フロントサスペンションの不具合が原因。ロアアームのボールジョイントの製造工程が不適切なため、ボールジョイントソケット部に亀裂が発生しているものがある。

そのため、走行中に大きな衝撃が加わると、ボールジョイントソケット部からボールジョイントが外れ、最悪の場合、走行不能に陥るおそれがある。

リコールの対象となるのは、1万298・・・

ニュースを読む

マツダ RX-8、タカタ製エアバッグで追加リコール…米国

by 森脇稔 on 2017年01月24日(火) 01時00分

米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)は1月11日、マツダの米国法人、北米マツダからタカタ製エアバッグインフレータの不具合による『RX-8』などの追加リコール(回収・無償修理)の届け出を受けた、と発表した。

このリコールは、タカタ製のエアバッグのインフレータ(膨張装置)の不具合によるもの。ガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化する場合がある。このため、エアバッグ展開時に、インフレータ容器・・・

ニュースを読む

マツダ RX-8 のリコール、米国に拡大…燃料漏れのおそれ

by 森脇稔 on 2016年11月18日(金) 08時30分

マツダが10月末、国土交通省に届け出た『RX-8』のリコール(回収・無償修理)。このリコールが米国に拡大した。

今回のリコールは、燃料タンク上面にある樹脂製ポンプリング部の遮熱性が不足しているのが原因。エンジンや排気管からの熱の影響を受けて、ポンプリングが劣化する可能性がある。

そのまま使用を続けると、ポンプリングの劣化が進行。ポンプリングに亀裂が入り燃料が漏れ、最悪の場合、火災に至るおそれがあるというもの。

この不具合によるリコ・・・

ニュースを読む

【リコール】マツダ RX-8 3万台、燃料タンク不具合で火災のおそれ

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年10月27日(木) 15時58分

マツダは10月27日、『RX-8』の燃料タンクに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、マツダ『RX-8』1車種で、2003年2月14日〜2008年2月16日に製造された3万0753台。

燃料タンク上面にある樹脂製ポンプリング部の遮熱性が不足しているため、エンジンや排気管からの熱影響を受けてポンプリングが劣化することがある。そのため、そのまま使用を続けると劣化が進行して、ポンプリングに・・・

ニュースを読む

カーセンサーは、中古車市場でユーザーの購入意欲が最も高かった車種「カーセンサー・オブ・ザ・イヤー」に、マツダ『RX-8』(初代)を選出した。

カーセンサー・オブ・ザ・イヤーは、2014年11月1日〜2015年10月31日の1年間においてカーセンサーnetに掲載されたすべてのモデルが選考対象。期間中に掲載された総台数とユーザーからの問い合わせ総件数、1台当たりの問い合わせ集中率を独自のルールでポイント化し、ランキングを決定した。

第2・・・

ニュースを読む

マツダが6月4日、タカタ製エアバッグの不具合により、日本国内で届け出た『RX-8』のリコール(回収・無償修理)。このリコールが、米国にも拡大した。

今回のリコールは、タカタ製の運転席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)の不具合が原因。日本国内でリコールの対象となるRX-8は、2003年2月14日から2008年2月16日に製造された3万2784台だった。

6月4日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)は、マツダの米国法人、北米マツ・・・

ニュースを読む

マツダは6月4日、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合を原因とするリコール(回収・無償修理)を国土交通省にを届け出た。

対象となるのは、2007年4月2日から11月16日に製造されたマツダ『アテンザ』2625台の助手席用エアバッグ、2002年3月1日から2005年5月17日に製造された『アテンザ』4万0165台および2003年2月14日から2008年2月16日に製造された『RX-8』3万2784台の運転席用エアバッグ。合計7万5・・・

ニュースを読む

マツダの主力車種のひとつ、『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)と、生産を終了したスポーツカーの『RX-8』。両車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行うことが分かった。

これは7月25日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。マツダの米国法人、北米マツダから、初代アテンザとRX-8のリコールの届け出を受けたと公表している。

今回のリコールは、タカタ製の助手席エアバッグのインフレータ(膨張装置)の不具合・・・

ニュースを読む

警視庁のRX-8パトカー退役…今年度で見納めに

by 椿山和雄 on 2013年10月15日(火) 10時43分

10月13日、14日に開催されたモータースポーツジャパンフェスティバルに警視庁も出展、スポーツタイプのパトカー、マツダ『RX-8』を展示した。

RX-8は当時のラインナップで唯一ロータリーエンジンを搭載したスポーツモデルで、現在は販売を終了している。警視庁の「RX-8」は初期モデルで導入からかなり時間が経過しているが、現在も高速隊のパトカーとして現役で運用されているという。

現場にいた隊員に話を聞くと、「今年度いっぱいで退役します」・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

かねちゃん35

記録更新

車種名:トヨタ ハイエース/レジアスエース (ディーゼル)
投稿ユーザー:かね***** さん
総合評価:

大阪泉大津周辺から静岡市迄の350キロくらいを高速90キロくらいで走行。...[ 続きを見る ]

まっつん

納車後の給油

車種名:トヨタ RAV4(ハイブリッド)
投稿ユーザー:まっ***** さん
総合評価:

11/10にオーリスから車両変更。 RAV4 X ハイブリットFFを新古...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針