タウンエース/ライトエース

カーライフニュース - タウンエース/ライトエース

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ダイハツ工業は、インドネシアで生産するトヨタ『タウンエース』と『ライトエース』のエンジンに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2018年4月4日〜2019年4月23日に製造された1万6471台。

エンジンのコネクティングロッド内部に傷が発生しているものがあることが判明。最悪の場合、高負荷環境下でコネクティングロッドが破損して、走行不能に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、コネ・・・

ニュースを読む

PIAAは、システムキャリアブランドTerzo(テルッツォ)より、タウンエースバン&ライトエースバン向け業務用キャリア「EA900TL」を6月末に発売する。

新製品は、軽くてさびに強いアルミ製パネルを採用したほか、盗難防止のキーロックをすべてのフットに装備。また、業界最長となる3年保証を付帯する。

価格(税別)は7万8000円。・・・

ニュースを読む

トヨタ タウンエース/ライトエース、イモビライザー標準装備へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年05月08日(火) 16時30分

トヨタ自動車は、『タウンエース』および『ライトエース』を一部改良し、6月7日より発売する。

近年、ランドクルーザーなどRVモデルとともにハイエースやタウンエースなどの1ボックス車も盗難の被害に遭うことが多いという。今回の一部改良では、盗難防止システム(イモビライザーシステム)を全車に標準装備し、防犯性に一層配慮した。

あわせて、TECS(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良を施した。

価格はバンが157万8960円・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、『タウンエース』と『ライトエース』を一部改良し、6月2日より販売を開始する。

今回の一部改良では、エンジンの触媒の改良により、排出ガスをクリーン化。2005年排出ガス基準75%低減レベルの認定を取得し、2015年度燃費基準の達成とあわせ、全車エコカー減税措置の対象となる。さらに、バン(2WD・AT車)は2015年度燃費基準+10%を達成、既に同基準を達成しているトラックとあわせ、自動車グリーン税制の減税措置の対象となる・・・

ニュースを読む

日本自動車輸入組合が発表した2012年7-9月期の輸入車モデル別新車販売台数によると、トップはフォルクスワーゲンのゴルフで5657台だった。

3位にトヨタの「タウンエース/ライトエース」がランクインし、前四半期から3ランクアップした。

トップ10では、前四半期と比べてBMW5シリーズがランク外となって、メルセデス・ベンツEクラスが9位にランクインした。

1位:ゴルフ(VW) 5657台
2位:MINI(BMW) 3882台
3位:・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぶひお

七年経過

車種名:BMW 1シリーズ (ハッチバック)
投稿ユーザー:ぶひ***** さん
総合評価:

いろいろ修理代がかかっています。ターボ冷却系交換、エンジン冷却系の液漏れ...[ 続きを見る ]

なついち

スバル・サンバー~本田バモス。今年の8月にバモスが車検で10万以上の見積...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針