キャデラック

カーライフニュース - キャデラック

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

キャデラックのニュース

キャデラックは11月22日、ブランド初のEVの『リリック』(Cadillac Lyriq)の生産を、2022年春に開始すると発表した。現在、開発テストの80%を終えた段階にある、としている。

◆南半球のニュージーランドでの8月の耐寒テストが開発期間を短縮
キャデラックは、さまざまな路面やさまざまな交通状況において、リリックのパフォーマンスを評価するために、高速道路や都市部、郊外などで開発テストを進めている。これらの実際の条件下で、エン・・・

ニュースを読む

キャデラックは11月15日、2021年内に米国発売予定の高性能セダンの『CT4-Vブラックウィング』と『CT5-Vブラックウィング』に「20以上の秘密の演出」を採用した、と発表した。納車されたオーナーが時間の経過とともに、発見する喜びを提供する、としている。

両車は、「キャデラックレーシング」の血統を受け継ぐスーパースポーツセダンを標榜する「Vシリーズ」のさらなる高性能バージョン、「ブラックウィング」の最初のモデルだ。キャデラックはブ・・・

ニュースを読む

GM(General Motors)は10月27日、2021年1〜9月の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は481万2000台。前年同期比は2%増とプラスに転じた。

国別の実績では、中国が215万5000台を販売し、引き続きGMの単一国の最量販市場に。前年同期比は10.7%増と、4年ぶりのプラスとなった。

中国に続いたのは、地元の北米(米国とカナダなど)だ。1〜9月は206万2000台を販売した。前年同期比は0.6%増と、増加・・・

ニュースを読む

そもそもSUV、すなわちスポーツ・ユーティリティー・ビークルという言葉に明確な定義はない。

この言葉が使われ始めたのだって個人的な記憶では1990年代に入ってからのこと。そして遡って現代風SUVの元祖は1984年に登場したジープ『チェロキー』だったと言われているのだ。90年代以降のSUVの猛威はご存じの通りである。

何故これほどまでにSUVが市場を席巻したかについて、当時アメリカの市場調査会社の友人と話をしたことがある。メーカーがこ・・・

ニュースを読む

キャデラックは9月18日、米国で同日に予約を開始したブランド初のEVの『リリック』(Cadillac Lyriq)の発売記念車「デビューエディション」が、予約開始から約10分で完売した、と発表した。

◆最新のキャデラックデザインに33インチの大型スクリーン

リリックには、キャデラックの最新のデザイン言語を導入する。フロントには、ブラック仕上げのクリスタルグリルを装着した。スリムなLEDヘッドライトは縦に長い垂直デザインで、キャデラッ・・・

ニュースを読む

キャデラックは、高性能セダンの『CT4-Vブラックウィング』と『CT5-Vブラックウィング』を米国で発売し、年内に納車を開始する。8月10日、キャデラックが発表した。

両車は、「キャデラックレーシング」の血統を受け継ぐスーパースポーツセダンを標榜する「Vシリーズ」のさらなる高性能バージョン、「ブラックウィング」の最初のモデルだ。キャデラックはブラックウィングで、メルセデスAMGやBMW M、アウディ「RS」に対抗していく。

◆472・・・

ニュースを読む

キャデラックは8月4日、ブランド初のEVの『リリック』(Cadillac LYRIQ)の予約受注を9月18日、米国で開始すると発表した。現地ベース価格は、5万8795ドル(約645万円)だ。

◆キャデラックの最新デザイン言語と33インチの大型スクリーン

リリックには、キャデラックの最新のデザイン言語を導入する。フロントには、ブラック仕上げのクリスタルグリルを装着した。スリムなLEDヘッドライトは縦に長い垂直デザインで、キャデラックに・・・

ニュースを読む

キャデラックは6月24日、『CT4-Vブラックウィング』(Cadillac CT4-V Blackwing)が「Vシリーズ」史上最高のダウンフォースを実現した、と発表した。今夏、米国市場で発売される予定だ。

同車は、「キャデラックレーシング」の血統を受け継ぐスーパースポーツセダンを標榜するVシリーズのさらなる高性能バージョン、「ブラックウィング」の最初のモデルだ。キャデラックの新型スポーツセダン、『CT4』の最上位モデルの『CT4-V・・・

ニュースを読む

キャデラック『CT5』に乗ってとあるメーカーの試乗会に赴いた。そこでのやり取り。「これ、なんていうクルマ?」正直言って「!?」であった。前述の言葉を発したのは何と同業者だったからである。

まあ、裏を返せばことほど左様にキャデラックが日本市場に訴求されていないということになるのだが、敢えて「隠れた名車」などという表現はしないが数多あるライバルと比較して俎上に載せた時、「買わんという選択肢は無い!」と断言できるクルマである。

CT5は日・・・

ニュースを読む

キャデラックが誕生したのは1902年と古く、当然のことながら私は生まれていない。だから「史上最も若々しいイメージのキャデラック」というのは真実ではないかもしれない。

しかし、歴史を見てもキャデラックは高級車として王道を歩いてきたメーカーであり、廉価版になびいてはみたものの、GMによってそれは却下され(ラサールというブランド)、廉価版というよりもコンパクトなモデルを作り始めたのは1990年代のことだから、(その当時のことはもちろん良く覚・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

スズ(_ _)

AWDモデルについて

車種名:スズキ キザシ
投稿ユーザー:スズ***** さん
総合評価:

キザシの魅力、AWDモデルの機能についても掘り下げます。 燃費に付いて、...[ 続きを見る ]

デカ耳こーぎー

【全般】  Aピラー下端を除き良好な視界で不思議な安心感があり、見た目も...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針