キャデラック

カーライフニュース - キャデラック

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

キャデラックのニュース

キャデラックは11月17日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2022に、ブランド初のEVとなる電動SUV『リリック』(Cadillac Lyriq)を出展した。

◆1回の充電での航続は502km
リリックには、GMの新世代の電動車向けアーキテクチャ「アルティウム」プラットフォームを採用する。モーターは、最大出力340hp、最大トルク44.9kgmを引き出し、2WDモデルの場合、後輪を駆動する。12個のモジュールで構成される蓄電・・・

ニュースを読む

北米カーオブザイヤー主催団体は11月17日、「2023北米SUVオブザイヤー」(2023 North American Utility of the Year)の最終選考3車種を、ロサンゼルスモーターショー2022で発表した。

北米SUVオブザイヤーは、米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型SUVの中からベストな1台を選出するもの。

2023北米SUVオブザイヤーの最終選考3車・・・

ニュースを読む

ゼネラルモーターズジャパン(GMジャパン)は、キャデラックの7人乗りフルサイズSUV『エスカレード』に特別仕様車「ホワイトスポーツエディション」を30台限定で設定し、11月17日より販売を開始した。価格は1800万円。

エスカレードは、最高出力416psを発生する新型6.2リットルV8エンジンと10速ATを搭載するキャデラックの最上級SUV。湾曲型OLEDディスプレイ」や「AKG製オーディオシステム」など、最先端テクノロジーを数多く搭・・・

ニュースを読む

GMは11月11日、北米の高速道路でハンズフリー走行を可能にする先進運転支援システム(ADAS)、「スーパークルーズ」の最新版を11月中旬から、米国向けの複数のブランド車に搭載すると発表した。

◆米国とカナダの64万4000kmを超える高速道路で利用可能
GMは2022年8月、スーパークルーズの対応道路を2倍に増やし、米国とカナダの64万4000kmを超える高速道路で、スーパークルーズを利用できるようにする計画を発表した。

11月中・・・

ニュースを読む

キャデラックは10月17日、新世代のフラッグシップEVセダン『セレスティック』(Cadillac Celestiq)の市販モデルを米国で発表した。

◆600hpのツインモーターで0〜96km/h加速3.8秒
セレスティックは、キャデラックブランドの新たなフラッグシップセダンに位置付けられる。セレスティックのベースは、GMが開発した第3世代のEVプラットフォーム「アルティウム」だ。GMの新世代EVプラットフォームは、柔軟性があると同時に・・・

ニュースを読む

キャデラックのSUV 3モデルに限定車、新色ラテメタリックを採用

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年10月21日(金) 13時00分

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、キャデラックのSUV『XT4』『XT5』『XT6』に新色ラテメタリックを採用した特別限定車「ラテエディション」を設定し、10月20日から販売を開始した。

エクステリアは、ナチュラルでエレガントな限定色ラテメタリックを採用。キャデラックSUVの洗練されたボディラインとスタイリングを際立たせている。XT4とXT5はブラックアクセントのスポーツトリムと組み合わせ、シャープな印象に。XT6はクロ・・・

ニュースを読む

キャデラックは10月17日、新世代のフラッグシップEVセダン『セレスティック』(Cadillac Celestiq)の市販モデルを米国で発表した。

セレスティックは、キャデラックブランドの新たなフラッグシップセダンに位置付けられる。セレスティックのベースは、GMが開発した第3世代のEVプラットフォーム「アルティウム」だ。

EVパワートレインのモーターは前後に搭載され、システム全体で600hpのパワーと88.5kgmのトルクを引き出す・・・

ニュースを読む

キャデラックは、米国で8月19日に開催される「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」に、『CT5-Vブラックウィング』(Cadillac CT5-V Blackwing)の「120thアニバーサリーエディション」を出展する。ブランド誕生120周年記念モデルだ。

◆限定120台の各車に1902〜2022までのシリアルナンバープレート
ヘンリー・リーランドは1902年、キャデラックを設立した。機械加工の高度なテクノロジーが自動車業・・・

ニュースを読む

キャデラックは、米国で8月19日に開催される「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」に、新型『エスカレード』の高性能モデル、「エスカレードV」(Cadillac Escalade-V)を出展する。

◆0〜96km/h加速は4.4秒以下
「Vシリーズ」は、「キャデラックレーシング」の血統を受け継ぐ高性能モデルだ。現在、米国市場では、小型セダンの『CT4』をベースにした『CT4-V』、中型セダンの『CT5』 をベースにした『CT5・・・

ニュースを読む

ホンダと協業するGMの電動プラットフォーム「アルティウム」
庶民のアシたるコンパクトカーから本国での稼ぎ頭となる大型トラックやSUVも含め、販売する全ての乗用車を35年までにゼロ・エミッション化する。カバーするモデル群が広い総合メーカーがゆえに、GMの掲げた目標はことさら壮大なものにみえてくる。

ゆえに同じようなビジョンを持つホンダとの協業もより具体的な方向へと進んでいるわけだが、両社のポートフォリオにも大きく影響してくるのがGMが長・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ほだ

結構良い

車種名:三菱自動車 eKクロス (マイルドハイブリッド)
投稿ユーザー:ほだ***** さん
総合評価:

なかなかのびる、4WDターボなのでどうかなぁと思っていたが、夏タイヤで2...[ 続きを見る ]

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針