キャデラック

カーライフニュース - キャデラック

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

キャデラックのニュース

キャデラックのフラッグシップセダン『CT6』は、デザインおよび走りに関して大幅に改良された。その価格は1026万円だ。

新型となるCT6は、2016年にペブルビーチでお披露目されたキャデラックのコンセプトモデル『エスカーラ』のデザインを踏襲した最初のモデルだ。フロントとリア、インテリアのデザインを刷新するとともに、細部にわたりチューニングを施すことで高次元での走りを最適化された。


3.6リットルV6エンジンに、10速オートマチック・・・

ニュースを読む

◆キャデラックは再び大きく変わり始めている

その昔から、高級車でありながらヨーロッパ製の他車と比べた時、コストパフォーマンスの光っていたキャデラック。

それは今も昔も変わりはないようだ。ただ一つ異なっているのは、かつて、と呼んで差し支えない1990年代以前は、独特なアメリカンスタイルや、賛否両論のウルトラソフトな乗り心地など、良くも悪くも個性のあるクルマ作りがなされていた。

翻って今、キャデラックをヨーロッパ競合車と比較した時、正・・・

ニュースを読む

ゼネラルモーターズ・ジャパンはキャデラック『エスカレード』と『XT5』の中間に位置するSUV、『XT6』の導入を開始した。

XT6は先行してアメリカで販売しており、昨年7月時点でのデモグラフィックは、「新規のお客様が約6割。年齢層は大型SUVとしては随分と若返りが図られており、最も多いのは35歳から50歳」と説明するのは代表取締役社長の若松格氏だ。

その理由は、「ファミリー層がターゲットだがそれだけではなく、ゴルフバッグや釣り道具、・・・

ニュースを読む

キャデラック、ブランド初のEVは『Lyriq』 4月発表へ

by 森脇稔 on 2020年03月09日(月) 10時14分

キャデラックは、4月2日にブランド初のEV、『Lyriq』(Cadillac Lyriq)を初公開すると発表した。

◆GMの新EVプラットフォームを初採用

キャデラックLyriqは、GMの新しいEVプラットフォームを使用したブランド初のEVになる。GMは、完全に電動化されたモビリティ未来の創造に向けて、キャデラックが他ブランドに先行することを明らかにしている。

キャデラックは2021年までに、半年に1車種のペースで新型車を発表する・・・

ニュースを読む

GMは2月16日、アジア・オセアニア地域の事業を大幅に縮小すると発表した。

今回の発表では、オーストラリアとニュージーランドにおける販売、開発、エンジニアリング事業を縮小する、とし、2021年までに現地のホールデンブランドを廃止することも発表された。

また、タイのラヨーン工場を、中国の自動車メーカーの長城汽車に売却する。さらに2020年末までに、タイの国内市場からシボレーブランドを撤退させる。

その一方、日本などの規模が大きくない・・・

ニュースを読む

キャデラックは5日、『エスカレード』(Cadillac Escalade)新型のコンフィギュレーター、「キャデラックエスカレード3Dビジュアライザー」を立ち上げた、と発表した。新型は2020年後半に発売される予定だ。

新型エスカレードでは、8種類以上のインテリアカラーとトリムオプション、複数の22インチホイールオプション、38インチの湾曲OLEDディスプレイなど、豊富なカスタマイズが可能だ。顧客は、新開発の3Dビジュアライザーを利用し・・・

ニュースを読む

キャデラックは、新型『エスカレード』(Cadillac Escalade)に「スポーツ」を初設定し、2020年後半に米国市場で発売すると発表した。

◆スポーツはブラック仕上げのグリルやトリムが特長

スポーツには、エクステリアにブラック仕上げのメッシュグリルとブラックトリムが装備される。キャデラックは、エスカレード新型に、スポーツ、「ラグジュアリー」、「プレミアムラグジュアリー」、「プラチナ」を用意した。ラグジュアリーとプレミアムラグ・・・

ニュースを読む

GM(General Motors)は2月5日、2019年の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は771万7930台。前年比は8%減と、3年連続で前年実績を下回った。

市場別の2019年の販売実績では、地元の北米が中国を上回り、最量販市場に。ただし、2019年の北米販売は、336万7374台にとどまった。前年比は3.5%減と、3年連続のマイナスだ。

中国の2019年実績は、309万3604台にとどまった。前年比は15.1%減と、・・・

ニュースを読む

キャデラックは2月4日、新型『エスカレード』(Cadillac Escalade)を米国ロサンゼルスでワールドプレミアした。

エスカレードは、キャデラックの最上級SUVだ。日本市場にも導入されており、2019年1〜9月、全世界で3万台以上を販売した。米国では、フルサイズの高級SUVセグメントにおいて、およそ25%の市場シェアを獲得し、セグメントをリードしているという。

◆ロングボディは全長5766mm

新型エスカレードのエクステリ・・・

ニュースを読む

キャデラックは、2月4日(日本時間2月5日未明)に米国ロサンゼルスでワールドプレミアする予定の新型『エスカレード』(Cadillac Escalade)のティザーイメージを公開した。

エスカレードは、キャデラックの最上級SUV。日本市場にも導入されており、2019年1〜9月、全世界で3万台以上を販売した。米国では、フルサイズの高級SUVセグメントにおいて、およそ25%の市場シェアを獲得し、セグメントをリードしているという。

新型エス・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

YAMANOJIJI

冬の燃費は厳しい

車種名:トヨタ プリウス
投稿ユーザー:YAM***** さん
総合評価:

プリウス50後期Aタイプ2駆、2月26日納車、オ-リス1500CC二駆 ...[ 続きを見る ]

ラッキー

燃費向上の為の車の走り方

車種名:日産 ノート(e-POWER)
投稿ユーザー:ラッ***** さん
総合評価:

車:ノートe-power 今は通勤に使用しています。約片道12kmで信号...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針