シボレー

カーライフニュース - シボレー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

シボレーのニュース

GMのシボレーブランドは10月10日、新型『コルベット・スティングレイ』(Chevrolet Corvette Stingray)のレーシングカー、『コルベットC8.R』(Corvette C8.R)のパワートレインを発表した。

現行レーシングカーの『コルベットC7.R』は2014年1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー2014で発表された。市販車の『コルベットZ06」と開発は並行して行われ、シャシー構造、エンジン技術、エアロ・・・

ニュースを読む

シボレーと自動車オークション大手のバレット・ジャクソンは、新型『コルベット・スティングレイ』(Chevrolet Corvette Stingray)の量産第一号車を2020年1月、チャリティオークションに出品すると発表した。

新型コルベット・スティングレイは、従来のフロントエンジンレイアウトをやめ、ミッドエンジンレイアウトを採用しているのが特長だ。8世代目、およそ65年の歴史を持つコルベットが、ミッドシップ化されるのは、歴代初となる・・・

ニュースを読む

GMのシボレーブランドは10月2日、新型『コルベット・スティングレイ』(Chevrolet Corvette Stingray)のレーシングカー、『コルベットC8.R』(Corvette C8.R)を米国で発表した。

◆過去20年のレースで得たノウハウを開発に反映

現行レーシングカーの『コルベットC7.R』は2014年1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー2014で発表された。市販車の『コルベットZ06」と開発は並行して行わ・・・

ニュースを読む

GMのシボレーブランドは10月2日、新型『コルベット・スティングレイ・コンバーチブル』(Chevrolet Corvette Stingray Convertible)を米国で発表した。

『コルベット』は、米国を代表するスポーツカーだ。新型は8世代目モデル。シボレーは、8世代目となる新型コルベットに、「スティングレイ」のサブネームを付した。7月に発表されたクーペに続いて、今度はオープンになる「コンバーチブル」にも、新型が登場している。・・・

ニュースを読む

GMのシボレーブランドは9月9日、ツイッターで新型『コルベット・スティングレイ・コンバーチブル』(Chevrolet Corvette Stingray Convertible)を、10月2日に初公開すると発表した。

過去のコルベットには、オープン版の「コンバーチブル」が用意されてきた。例えば、先代モデルのルーフシステムは、走行中でも50km以下なら、開閉することができる設計とした。

また、先代モデルには、厚い三重構造の布地を採用し・・・

ニュースを読む

かつて日本でも販売されていたシボレーのSUV『ブレイザー』が2018年に復活したばかりだが、今度は3列7人乗りとなるロングバージョンの発売が濃厚との情報をキャッチ。そのプロトタイプをSpyder7のカメラが初めて捉えた。

ブレイザーは、かつて90年代には日本にも導入されたクロスオーバーSUVだ。当時アウトドア人気に乗るも2002年には日本での販売が終了(後継はトレイルブレイザー)、2011年には米国でも販売終了となっていた。

そして・・・

ニュースを読む

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、シボレー『カマロ』の「SS」モデルに、シャドーグレーメタリックのスペシャルモデル「スタイリングスポーツエディション」を設定し、8月20日から20台限定で発売する。

SSモデル限定となるスタイリングスポーツエディションは、ボディカラーに新色のシャドーグレーメタリック、インテリアにジェットブラックを採用し、落ち着いた色合いがカマロの魅力をさらに引き立てている。

また、足元にはSSモデルのス・・・

ニュースを読む

GMのシボレーブランドは、新型『コルベット・スティングレイ』(Chevrolet Corvette Stingray)の「コンバーチブル」とレーシングカーの「コルベットC8.R」を、今秋初公開すると発表した。

過去のコルベットには、オープン版のコンバーチブルが用意されてきた。例えば、先代モデルのルーフシステムは、走行中でも50km以下なら、開閉することができる設計とした。

また、先代モデルには、厚い三重構造の布地を採用して、防音効果・・・

ニュースを読む

GMは7月23日、新型シボレー『コルベット・スティングレイ』(Chevrolet Corvette Stingray)に、新世代の6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載すると発表した。

新型コルベット・スティングレイは、従来のフロントエンジンレイアウトをやめ、ミッドエンジンレイアウトを採用しているのが特長だ。8世代目、およそ65年の歴史を誇るコルベットが、ミッドシップ化されるのは、歴代初となる。

この新型コルベット・スティン・・・

ニュースを読む

GMのシボレーブランドは、新型『コルベット・スティングレイ』(Chevrolet Corvette Stingray)の発表プレゼンテーションにおいて、レーシングカーの「コルベットC8.R」を開発していると発表した。

現行レーシングカーの「コルベットC7.R」は2014年1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー2014で発表された。市販車の「コルベットZ06」と開発は並行して行われ、シャシー構造、エンジン技術、エアロダイナミクス・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

moo

なかなか走ります!

車種名:ダイハツ ハイゼットトラック
投稿ユーザー:moo***** さん
総合評価:

ハイゼットジャンボ、リクライニングが出来、腰がだいぶ楽です。エンジンはツ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針