ヒョンデ

カーライフニュース - ヒョンデ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ヒョンデのニュース

ヒョンデは、インドネシアモーターショー2024において、小型電動SUVでEVの『コナ・エレクトリック』をインドネシア市場に導入すると発表した。

コナは、ヒョンデのグローバル小型SUVだ。2世代目には、内燃エンジン車だけでなく、EV版のコナ・エレクトリックが用意されている。

新型の前面空気抵抗係数は0.27とした。空力特性に優れたノーズとテールゲートの間には、ホイールアーチアーマーとパラメトリックサーフェスが彫り込まれている。リアはク・・・

ニュースを読む

のっけからこんな話で恐縮だが、ヒョンデという韓国のブランドが抱える問題点はただ一つ。「カントリーリスク」ではないだろうか。

最近はK-Popファンや韓流ドラマファンが多いから、そうしたリスクは薄れつつあるのかもしれないが、どこにでもステレオタイプの人間はいるので油断はできない。そうしたリスクを見越してか、ヒョンデは販売方法をネット一択としているが、どうやらそれも見直されて対面も視野に入れているようである。

さて、『コナ』というクルマ・・・

ニュースを読む

ヒョンデ(現代自動車)は1月23日、高速走行時に発生する空気抵抗を最小限に抑え、EVの航続と走行安定性を向上させる「アクティブ・エア・スカート」(AAS)技術を傘下のキアと共同開発した、と発表した。

AASは、バンパー下部から流入する空気の流れを制御し、高速走行時の車速に応じて可変的に作動することで、車輪周辺で発生する乱流を効果的に抑制する技術だ。

EV時代には、1回の充電での航続の確保競争が激しくなり、クルマと空力性能の関係はます・・・

ニュースを読む

ヒョンデモビリティジャパンは、1月12日から14日まで幕張メッセで開催される東京オートサロン2024に初出展。ヒョンデの高性能ブランド「N」を紹介した。

Nブランドは、モータースポーツを技術開発の根源に持ち、「ドライビングの楽しさ」を追求し、ユニークな発想とチャレンジ精神を持ち進化し続けている。ブースでは、Nブランド初のEVモデル『IONIQ 5 N』が展示された。このモデルは2023年7月にグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピー・・・

ニュースを読む

今回が東京オートサロン初出展となるヒョンデは、同社の高性能版を示すNが付くモデルを登場させた。

このNは元々ヒョンデが高性能モデルにつけていた名称で、それが意味するところは「Born in Namyang , Honed at Nürburgring」即ち、Namyang(韓国の地域名)に生まれ、ニュルブルクリンクで磨かれたという意味を持つそうで、この二つのNが合わさったブランド名である。

Nを名乗る上での3本の柱がコーナー・ラスカ・・・

ニュースを読む

くるくる、見たことない動き! ヒョンデモービス『モビオン』…CES 2024

by レスポンス編集部 on 2024年01月10日(水) 18時45分

自動車部品サプライヤーのヒョンデモービスは、CES 2024で新型電気自動車(EV)の『モビオン』を初公開した。モビオンは「e-Corner System」を搭載し、これまでにないような横移動や斜め移動、静止状態でのピボットターンなど、新たな動きを実現した。

「モビオンは、ヒョンデモービスの主要技術を体現したもので、すぐに大量生産に移行できる」と、ヒョンデモービスの先進技術部門を率いるイ・スンファン副社長は述べている。

モビオンの4・・・

ニュースを読む

ヒョンデが水素エネルギーとソフトウェアのビジョンを発表…CES 2024

by レスポンス編集部 on 2024年01月09日(火) 16時40分

ヒョンデモーターは1月8日、CES 2024にて、水素エネルギーとソフトウェアを活用した未来のビジョンを発表した。テーマは「Ease every way」。人間中心の生活革新を水素エネルギー、ソフトウェア、AIを通じてリードするというヒョンデのコミットメントを強調している。

ヒョンデは、水素の生産、貯蔵、輸送、利用をカバーするHTWOの水素バリューチェーンソリューションを紹介した。また、ソフトウェアとAIによって車両、フリート、交通シ・・・

ニュースを読む

ヒョンデグループ傘下の自動車部品メーカー、現代モービス(Hyundai Mobis)は、1月9日に米国ラスベガスで開幕するCES 2024において、次世代の車載透明ディスプレイを初公開する。

透明ディスプレイは、ホログラフィック光学素子技術を採用した次世代ディスプレイになる。透明なパネルに鮮明な映像を映し出しながら、通常のディスプレイよりも広い空間と開放感をドライバーに提供することができる、と自負する。

透明ディスプレイは、フロント・・・

ニュースを読む

ヒョンデグループ傘下の自動車部品メーカー、現代モービス(Hyundai Mobis)は2024年1月、米国ラスベガスで開催されるCES 2024において、カニのように真横に進むことができる「e-Corner」システム搭載のコンセプトカーを初公開する。

e-Cornerシステムは、4輪を車両の進行方向に対して、90度操舵することができる。これにより、コンセプトカーでは、カニのように真横に進むことを可能にしている。

現代モービスはこれま・・・

ニュースを読む

ヒョンデ(現代自動車)は2024年1月、米国ラスベガスで開催されるCES 2024において、傘下のエアモビリティ企業「Supernal」が「eVTOL」(電動垂直離着陸機)の最新コンセプトを初公開すると発表した。

SupernalはCES 2020において、eVTOLのコンセプトを発表した。それから4年を経て、CES 2024ではeVTOLの最新コンセプトを初公開する予定だ。Supernalは、ラスベガス・コンベンション・センターの西・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

バッテリー交換前と交換後の燃費につ...

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

普段は燃費が24キロ/Lほど出ている車ですが 昨年12月ごろから20~2...[ 続きを見る ]

E燃費

都会はつらい

車種名:トヨタ パッソ
投稿ユーザー:E燃***** さん
総合評価:

大阪府内の慢性渋滞状況下では、正直リッター10KMいけば上出来ですわ。1...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針