スマート

カーライフニュース - スマート

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スマートのニュース

AIで危険を知らせるドラレコアプリ「スマートくん」、iOS版リリース

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年12月06日(金) 19時00分

ニューラルポケットは12月5日、世界初となるAI搭載のiOS向けドライブレコーダーアプリ「スマートくん」をリリースした。

スマートくんの利用方法は、手持ちのスマートフォンにアプリをダウンロートし、スマホ用スタンドに取り付けるだけ。アプリを開いてワンタップで録画がスタート。再生も履歴をリストで確認して簡単にできる。これらのドライブレコーダー機能を完全無料で提供する。

さらにAIにより、急発進・急停止などの動作感知や車間距離計測ができる・・・

ニュースを読む

山陽新幹線相生駅から北へクルマで30分。標高300mを超える山間にある大型放射光施設 SPring-8(兵庫県佐用町)のまわりを、オレンジ色の日野『リエッセII』ベース自動運転バスが行く。これ、12月5〜9日に実施する自動運転公道実証運行の初日の光景。

プロジェクト名は、自動運転公道実証運行「スマートシティ・ラボ@播磨科学公園都市」。この日野『リエッセII』ベースの自動運転バス、どこかで見た記憶がある。埼玉工業大学が開発する自動運転A・・・

ニュースを読む

電動モビリティ開発・製造・販売のキントーンは、12月5日から9日に兵庫県・播磨科学公園都市で開催される「スマートシティ・ラボ」にて、電動キックボードなどを体験できる次世代モビリティ試乗会を実施する。

播磨科学公園都市は、大型放射光施設Spring-8や、X線自由電子レーザー施設SACLA、兵庫県立大学理学部など、最先端の科学技術や人材が集積する「科学のまち」。この都市内における自動運転技術を活用した新たなモビリティサービスの実用化と地・・・

ニュースを読む

NEXCO西日本は、山陽自動車道 瀬戸パーキングエリア(PA)上り線の女性用シャワーステーションで、12月中旬よりスマートキー(電子鍵)による解錠・施錠システムを試行導入する。今回の取り組みは高速道路初の試みとなる。

高速道路のサービスエリア(SA)・PAに設置されたシャワーステーションは多くのドライバーに利用され、夜間の運用拡大への要望も高まっている。これに対応すべく今回、NEXCO西日本はKDDI総合研究所との共同研究により、スマ・・・

ニュースを読む

スマートバリューは、AIG損害保険の顧客向けに提供している「スーパードライブガード(SDG)」のオプションとして、2019年12月1日より、スマートフォンと連動したドライブレコーダー『スーパードライブガードアイ』(SDG Eye)を提供する。11月29日、発表した。

事故の映像データをAIG損保のクラウド型データストレージへ直接送信するため、保険金支払いまでの時間を短縮することが可能となる。

2018年4月より提供しているIoTサー・・・

ニュースを読む

ダイハツ『ロッキー』新型に採用する予防安全機能が「次世代スマートアシスト」と呼ばれる小型ステレオカメラを使うタイプだ。兄弟車のトヨタ『ライズ』にも採用されている。その進化のポイントを開発担当者に取材した。

◆新型タントの“スマアシ”から大きな進化

「次世代スマートアシスト」は、すでに新型『タント』にも搭載されている予防安全機能だ。衝突回避支援ブレーキ機能はクルマだけでなく歩行者に対しても機能し、オートハイビームは先行車や対向車だけを・・・

ニュースを読む

国際興業と西鉄エム・テック、YE DIGITALの3社は、首都圏初となる「スマートバス停」の実証実験を2019年12月2日から2020年11月30日まで、「埼玉大学」バス停で実施すると発表した。

IoT技術を搭載したスマートバス停は、デジタルサイネージに時刻表に加え、特別ダイヤのお知らせなど、時期に応じた情報・広告を配信できるほか、特定の曜日・時間帯の時刻表を大きくわかりやすく表示可能。またユーザーの利便性向上だけでなく、遠隔で操作で・・・

ニュースを読む

レクサス RC、スマートデバイスリンクに対応

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年10月31日(木) 19時00分

レクサスは、2ドアクーペ『RC』を一部改良し、10月31日より販売を開始した。

RCは、2014年の発売以来、クーペならではの人を魅了するデザインと、走りへの情熱を駆り立てる走行性能を兼ね備えたモデルとして、レクサスの「エモーショナルな走り」のイメージをけん引してきた。

今回の一部改良では、マルチメディアシステムがスマートデバイスリンク(SDL)に対応した。SDLは、スマートフォンのアプリをカーナビなどの車載機ディスプレイに表示、操・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は現在開催中の東京モーターショー2019にアジア初公開のスマートのEVモデル、スマート『EQフォーツー』を参考出品している。

メルセデスベンツのサブブランド、“EQ”の中で最も小さいモデルがこのスマートEQだ。ダイムラー社メルセデスベンツ乗用車海外セールス/マーケティング部門最高責任者マティアス・ルアーズ氏は、「スマートEQは都会での足となるダイムラーのコンパクトカー、スマートの電気自動車で、URBAN MOBI・・・

ニュースを読む

スマートフォンを自動車の鍵に 基準改正

by レスポンス編集部 on 2019年10月17日(木) 10時28分

国土交通省は、スマートフォンを自動車の鍵として利用できる機能を認めるように基準を改正すると発表した。

自動車は現在、専用の鍵でのみ施錠・解錠が認められている。今回、一定のセキュリティ対策が実施されていることを確認した上で、スマートフォンなどを自動車の鍵として利用して運転することができる機能を認めるよう道路運送車両の保安基準と保安基準の細目を定める告示を一部改正する。

15日に公布、同日施行。・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

かねちゃん35

記録更新

車種名:トヨタ ハイエース/レジアスエース (ディーゼル)
投稿ユーザー:かね***** さん
総合評価:

大阪泉大津周辺から静岡市迄の350キロくらいを高速90キロくらいで走行。...[ 続きを見る ]

まっつん

納車後の給油

車種名:トヨタ RAV4(ハイブリッド)
投稿ユーザー:まっ***** さん
総合評価:

11/10にオーリスから車両変更。 RAV4 X ハイブリットFFを新古...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針