ランボルギーニ

カーライフニュース - ランボルギーニ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ランボルギーニのニュース

ランボルギーニ(Lamborghini)は、2020年上半期(1〜6月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は3548台。前年同期比は22.1%減と、マイナスに転じた。

全販売台数3548台のうち、SUVの『ウルス』が2064台だった。前年同期比は23.4%減。ランボルギーニの上半期世界販売のおよそ6割を、ウルスが占めている。

『ウラカン』は上半期、1052台を販売した。前年同期比は13.2%のマイナスだった。『アヴェンタドー・・・

ニュースを読む

ランボルギーニは8月3日、『ウラカン・エボRWDスパイダー』 (Lamborghini Huracan EVO RWD Spyder)の実車を、イタリア・ポルトチェルボで初公開した。

◆空力性能を高める専用デザイン

同車は、ランボルギーニ『ウラカン・エボ・スパイダー』の駆動方式を、4WDから2WD(後輪駆動)に変更したモデルだ。ウラカン・エボRWDスパイダーでは、エクステリアが変更された。フロントの大型エアインテークには改善された空・・・

ニュースを読む

ランボルギーニは7月29日、サーキット専用の新型ハイパーカー、『エッセンサSCV12』(Lamborghini Essenza SCV12)をデジタルワールドプレミアした。

エッセンサSCV12は、ランボルギーニのモータースポーツ部門の「スクアドラ・コルセ」によって開発され、ランボルギーニのデザイン部門の「チェントロスティーレ」がデザインを手がけた。世界限定40台を生産する計画だ。ランボルギーニによると、エッセンサSCV12は、『ミウ・・・

ニュースを読む

ランボルギーニは7月21日、1万台目の『ウルス』(Lamborghini Urus)が、イタリア本社工場からラインオフした、と発表した。

ランボルギーニの高性能SUVがウルスだ。パワートレインは、4リットル(3996cc)のV型8気筒ガソリンエンジンを2個のターボで過給したユニット。ランボルギーニ初のターボエンジンは、最大出力650hp/6000rpm、最大トルク86.7kgm/2250〜4500rpmを獲得する。

トランスミッショ・・・

ニュースを読む

ランボルギーニは7月20日、『アヴェンタドールSVJロードスター ザゴ エディション』(Lamborghini Aventador SVJ Xago Edition)をデジタルワールドプレミアした。

◆パーソナライゼーションプログラムの「Ad Personam」

同車は、『アヴェンタドールSVJロードスター』をベースに、ランボルギーニのパーソナライゼーションプログラムの「Ad Personam」を利用してカスタマイズされた限定車だ。・・・

ニュースを読む

ランボルギーニは7月10〜12日、『シアン・ロードスター』(Lamborghini Sian Roadster)の実車を、イタリアのランボルギーニ博物館で初公開した。限定19台を生産する予定だが、すでに完売している。

同車は2019年秋、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2019で発表されたブランド初のハイブリッドスーパーカー、『シアンFKP 37』のオープンバージョンだ。車名の「シアン」とは、イタリアのボロネーゼ地方の方・・・

ニュースを読む

ランボルギーニは7月8日、『シアン ロードスター』(Lamborghini Sian Roadster)をデジタルワールドプレミアした。

同車は2019年秋、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2019で発表されたブランド初のハイブリッドスーパーカー、『シアンFKP 37』のオープンバージョンだ。車名の「シアン」とは、イタリアのボロネーゼ地方の方言で、閃光または稲妻を意味する。シアンは、ランボルギーニの市販車で、最初の電動モ・・・

ニュースを読む

ランボルギーニ(Lamborghini)は、7月8日に新型車のデジタルワールドプレミアを行うと発表した。

ランボルギーニは、この新型車のティザーイメージを1点配信した。ランボルギーニが2019年秋、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2019で初公開したブランド初のハイブリッドスーパーカー、『シアンFKP 37』とテールランプやマフラーの形状が同じように見える。

シアンFKP 37のミッドシップには、『アヴェンタドールSV・・・

ニュースを読む

アウトモビリ・ランボルギーニとイタリアンシーグループは6月30日、「テクノマール」ブランドのモーターヨット『テクノマールforランボルギーニ63』(Tecnomar for Lamborghini 63)を発表した。ランボルギーニの設立年1963年を記念した限定エディションだ。

パフォーマンス、操縦するよろこび、品質とディテールへのこだわり、情熱。これらエモーショナルな要素を、革新的なエンジニアリングと独特なデザインで具体化したのがテ・・・

ニュースを読む

ランボルギーニ(Lamborghini)は、今夏発表するサーキット専用の新型ハイパーカー、『SCV12』の開発テストの映像を公開した。

SCV12は、ランボルギーニのモータースポーツ部門のスクアドラ コルセによって開発され、ランボルギーニのデザイン部門の「セントロスタイル」がデザインを手がける。

そのハイライトは、ランボルギーニ史上最強のV12エンジンだ。自然吸気の6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンで、最大出力は830hpを・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

ハスラーにハイオクを入れてみました

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

使用グレード G・5MT(H27式) 今年春までレギュラーガソリンを使...[ 続きを見る ]

大車

カッコいいだけじゃなくて、静かな走り出しから加速、安定した走りもバランス...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針