フィアット

カーライフニュース - フィアット

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フィアットのニュース

フィアット(Fiat)ブランドは6月4日、6月5日の「世界環境デー」に合わせて、2030年までに全ラインナップを電動車のみにすると発表した。

フィアットは2020年3月、新型『500』を欧州で発表した。パワートレインはEVのみとし、持続可能なモビリティの実現に向けた取り組みを加速している(内燃エンジン搭載の現行500も併売)。

フィアットは、この新型500を皮切りに、2030年までに全ラインナップを電動車のみにする。内燃機関を搭載し・・・

ニュースを読む

フィアットは6月2日、現在開発を進めている新型SUVの車名を、フィアット『パルス』(Fiat Pulse)に決定した、と発表した。

フィアットは新型SUVの車名について、3つの候補のフィアット『トゥオ』、フィアット『ドーモ』、フィアットパルスの中から、一般ユーザーのオンライン投票で決めるとしていた。

オンライン投票の結果、パルスが65%の得票を得て、新型SUVの車名に選出された。ドーモは25%、トゥオは10%だった。また、フィアット・・・

ニュースを読む

阿部商会は、チタン製ホイールボルト「Superb TITAN(シュパーブ・チタン)」にフィアット/アバルト対応のM12×1.25サイズを追加する。

「最高」を意味する「SUPERB=シュパーブ」の名称を冠したチタンボルトは、ステンレス鋼より40%軽く、卓越した引っ張り強度と比類ない硬度を実現する。座面形状を変更可能な2ピース構造を採用。表面はチタン酸化物の皮膜で覆われているため錆を寄せつけず、チタン特有のディープな光沢を放つ。

今回・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは、フィアット『500(チンクエチェント)』『500C(チンクエチェントC)』(Fiat 500/500C)に新グレード「Cult(カルト)」と「Dolcevita(ドルチェヴィータ)」を設定し、6月5日より発売する。

500/500C 1.2 カルトはクルーズコントロールやパドルスイッチ、スピードリミッターを標準装備し、高速道路での快適性や、操る楽しさを向上。また、シートカラーおよびドアトリムカラーはブルーに変更し、モ・・・

ニュースを読む

ステランティス(Stellantis)は5月21日、旧車向けの純正スペアパーツのラインアップを欧州で拡大すると発表した。

◆オリジナルの金型と素材を使う純正スペアパーツ

ステランティス(当時はFCA:フィアット・クライスラー・オートモビルズ)は2019年後半、欧州で「ヘリテージパーツ」カタログを発行した。アルファロメオ、フィアット、ランチア、アバルトの各ブランドの歴史的なクラシックカーの保護を専門とするステランティスのヘリテージ部門・・・

ニュースを読む

フィアット(Fiat)ブランドは5月5日、現在開発を進めている新型SUVの写真を公開した。正式な車名は、一般ユーザーによるオンライン投票で決定する予定だ。

この新型SUVは、これまで「フィアット363」と名付けられたプロジェクトとして、開発が進められてきた。フィアットによると、2021年のフィアットの最も重要な新型車のひとつになるという。また、この新型SUVは、ブラジル・ベチンのフィアットオートモーティブの南米デザインセンターにおいて・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは、フィアット『パンダ』に専用の内外装デザインや高い走破性を特徴とする限定車「パンダクロス4×4」を設定し、4月24日より215台限定で発売する。価格は263万円。

コンパクトな車体でありながら、5名乗車が可能な優れた居住性や積載性を備えた「パンダ」。その使い勝手の良さに、SUVらしい高い走破性とデザインを付加し、より多目的なコンパクトクロスオーバーとして生まれたのがパンダクロス4×4だ。

エクステリアは、タフな走りを・・・

ニュースを読む

言っておくが4WDである。そして150台限定で既に完売しているのだが、次が間もなくやってくるそうで、このクルマが欲しい人は次を狙って欲しい。

国民食を食べようと思ったら、例えばイタリアでスパゲッティなら「アリオ・エ・オリオ」つまりニンニクとオリーブオイルだけのシンプルなやつを食べればその店の実力がわかると言われる。日本で言えば蕎麦かうどん。純粋に蕎麦の味を吟味するには素のそばを食べるのがイチバン。タイトルにはわかり易くかけ蕎麦と書いた・・・

ニュースを読む

フィアット(Fiat)は3月31日、欧州向けの『500』と『500X』に、グーグル(Google)と共同開発した「ハイ、グーグル」仕様車を設定すると発表した。

「ハイ、グーグル」仕様車では、ステアリングホイールを握っていない時でも、車とやり取りすることができる。たとえば、自宅のソファから、「ハイ、グーグル。私のフィアットに聞いて…」と言うだけで、車が駐車されている場所、燃料の残量、最寄りのディーラー場所などを確認できる。また、1日の走・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは、フィアット『500(チンクエチェント)』に、特別カラー採用など上質感を高めた限定車「Eleganza(エレガンツァ)」を設定し、4月10日より200台限定で発売する。価格は220万円。

“エレガント"を表すイタリア語を車名に冠する「エレガンツァ」は、“上質"をキーワードとした限定車。ボディカラーに通常は設定のないエピック ブルー(限定100台)またはボルドー(同100台)を採用し、街中で存在感を放つモデルに仕立ててい・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

NISMO:NE

e-powerからの乗り換えです。まだ500kmほどしか走行していないの...[ 続きを見る ]

A男

エンジン絶好調!

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:A男***** さん
総合評価:

購入から1年半が経過、走行距離も23000キロとなりエンジンは絶好調とい...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針