瀬在仁志

カーライフニュース - 瀬在仁志

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダのカタログモデルとしてラインナップされている「モデューロX」は、ホンダアクセスが開発するコンプリートモデルだ。ホンダアクセスでは1999年にホンダ純正カスタマイズブランドとしてエアロパーツ「モデューロ」を開発し、その後2001年に『S2000』用サスペンションキットを設定するなど、アルミホイールから始まったブランドは着々と純正パーツメーカーとしての守備範囲を拡大。2012年にはいよいよ、その技術を余すことなく投入しフルパッケージン・・・

ニュースを読む

氷上の特設コースでプレス向けに開催された「アウディ・ウインターエクスペリエンス@女神湖」。アウディ クワトロ最新モデルの数々を試乗する機会に恵まれた。

前日にカスタマー向けに行われた内容と同様に、厚く凍った湖上には雪を寄せて作られた直線路、旋回路、周回路の3つのコースが用意され、我々プレス向けには、ハンドリング、ブレーキング、ドリフト、スラロームなどの45分プログラムを午前と午後に各3回設定。丸一日たっぷりとクワトロのパフォーマンスと・・・

ニュースを読む

ホンダアクセスは、量産モデルと同じ生産ライン上で、カスタマイズパーツを装着するコンプリートモデル『モデューロX』の第4弾として、『フリード モデューロX』をラインナップした。

純正用品メーカーのホンダアクセスが開発したカスタマイズパーツは、モータースポーツなどで培ってきたノウハウが活かされ、優れた質感と高い信頼性が持ち味。高速安定性にこだわるエアロパーツや、ハンドリング性能にも寄与する剛性バランスに優れたアルミホイール、乗り心地と走り・・・

ニュースを読む

WTCC(世界ツーリングカー選手権)にホンダのワークスドライバーとして参戦している道上龍選手を追って訪れたマカオ、2日目。

夜が明けると、マカオの街は低い雲に覆われ、視界は雨でかすんでみえる。遠くを眺めてみると、路面は黒く塗れている。バスが行きかうたびに水煙が左右に跳ね上がり、車線は縦に伸びるわだちが4本の川のようだ。南国ならではのスコールのように晴れ間を期待するが、しとしと降る雨は雲の流れも遅く、なかなか止む気配がない。今日一日は寒・・・

ニュースを読む

WTCC(世界ツーリングカー選手権)にホンダのワークスドライバーとして『シビック タイプR』(シビックWTCC)とともに世界転戦している道上龍選手を追ってマカオに飛んだ。

◆伝統レースに盛り上がる市内

初めてのマカオは日本から香港へ約5時間。さらにジェットフォイルで1時間ほどの道のりで、夕方東京を経てばその日のうちに到着できる。フェリーターミナルを出ると、深夜にも関わらずタクシー乗り場は列を成し、我先に乗り込もうとする乗客で溢れ返っ・・・

ニュースを読む

世界ツーリングカー選手権(WTCC)が10月29・30日にツインリンクもてぎで開催された。WTCCはF1やWECなどと同様に世界を転戦する選手権レースで、アフリカ大陸のモロッコで開幕戦が行われた後、ヨーロッパ、アジア、南米、中東をめぐり、全10カ国で開催される。日本はその中でポイント争いが熾烈になる後半の第8戦に組み込まれ、今年のシリーズ結果を左右する重要な一戦となっている。

F1と並ぶ世界選手権に参加するのはトップクラスのドライバー・・・

ニュースを読む

BMWの『2シリーズ』がマイナーチェンジを受け、本国試乗の機会に恵まれた。

ドイツには毎年のように来ているもの、BMW本社のあるミュンヘン周辺を訪れるのは記憶の中ではあまりない。空港からの景色を見る限りはいつもの田園風景と大きな違いはないが、アウトバーンは少し混雑しているように見えた。地域性や時期的なものなのか、昨年よりもちょっと走りずらそうな気がした。

それでもミュンヘン近郊のプレスカーセンターをベースにした試乗会は、日本の環境よ・・・

ニュースを読む

『ランドクルーザー』の70シリーズは、今年の6月生産分までの期間限定モデルとしてリバイバルデビューした。

久しぶりに見る70はパネルを張り合わせただけのような角ばったボディと大きなロードクリアランスを持ち、働くクルマのお手本のような無骨さが懐かしい。実際デビュー当時に相当大きな障害物を遠慮なく走破した記憶もあるが、空力やスタイリングを考慮した今のクルマでは到底無理なレベル。オフの走破力を望むならやっぱりこの無骨さが安心だ。

もっとも・・・

ニュースを読む

今度の『マスタング』はいろんな味が楽しめる。新設計されて初めて採用された独立懸架式のリアサスペンションはロードホールディング性が高く、コーナリング性能が明らかにアップした。

特に高速域に入るほどジワッと路面を包み込む懐の深さを見せ、パワーをかけていった分だけ確実に速度を伸ばす正確性を身に着けた。それでいながらタイトターンなどで大胆に攻めていくと、リアがズルズルと出ていくような気配を見せて、安定した走りから従来通りちょっぴりユルーイ走り・・・

ニュースを読む

走りが好きでこの世界で生きている。走りの良さがいつも評価の最優先課題。その中でコストパフォーマンスと開発コンセプトを考慮して、完成度や達成度の高さを見て一番を決めている。

日本車で腕を磨き、日本車でレースをし、多くの日本車を評価することで飯を食ってきている。日本には世界でも例を見ないほど多くのメーカーもあり、毎年多くのクルマがデビューする。ホントは日本車にいつも10点を入れたい気持ちでいっぱいだ。しかしながら走りの性能から見ていくと最・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

きこり太郎

機能的で気に入りました。

車種名:ホンダ N-VAN
投稿ユーザー:きこ***** さん
総合評価:

センシング機能付きで多用途に使える車は、これしかない。センシング機能は、...[ 続きを見る ]

かずぅ!

俺のクルマの乗り方おかしいかな

車種名:日産 ノート(e-POWER)
投稿ユーザー:かず***** さん
総合評価:

投稿している人の燃費をみると平均して20〜25km/Lなんですが、俺のク...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針