内田俊一

カーライフニュース - 内田俊一

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産の軽スーパーハイトワゴン、『デイズルークス』は、フルモデルチェンジに伴い、“デイズ”の名称を外し、新たに『ルークス』としてデビューした。そのネーミングの変更などについてマーケティングマネージャーに話を聞いた。

◆日産のプレゼンスを強調する

このネーミングの変更について日産日本マーケティング本部マーケティングマネージャーの島村良子さんは、「旧型のデイズルークスの時と市場環境が大きく変わったことと、このモデルをお客様にしっかり認知し・・・

ニュースを読む

日産自動車から発売された軽スーパーハイトワゴンの『ルークス』。そのインテリアは品と凛というキーワードとともに、“楽”も取り入れてデザインされたという。

◆洗練、品質、使い勝手

その“楽”とは何か。デザインマネージャー・インテリア担当の松尾才也さんによると、「楽に直感的に使えること」だという。

具体的には、「洗練された空間性、ディテールにまでこだわったミニバンを思わせるようなクラスを超えた品質感。そして綺麗に仕舞えて楽に使える収納や・・・

ニュースを読む

日産から発売された軽スーパーハイトワゴンの『ルークス』。そのデザインは“品があり凛としたクルマ”を目指したという。

◆洗練され存在感のあるクルマ

そう口火を切るのは日産デザインマネージャー・エクステリア担当の渡邉和彦さん。現実化するにあたっては3つのデザインコンセプトキーワードが設定された。それは、“洗練された”、“存在感のある”、“直感的な”である。特にエクステリアにおいては、洗練と存在感に注力して進められた。

なぜそういったデ・・・

ニュースを読む

ダイハツ『ロッキー』のインテリアは、コンセプトカー『DN TREC』をベースとしながらも、センターコンソールを高く配するなど様々なデザイン上の工夫が凝らされている。そこで、デザインを取りまとめたダイハツDNGAユニット開発コネクト本部デザイン部第1デザイン室国内スタジオ主担当員の奥野純久さんに話を伺ってみた。

◆赤い差し色は鞄からヒント


「DN TRECのインテリアはエクステリアと同様に、出来るだけシンプルで軽く見せるイメージでデ・・・

ニュースを読む

コンパクトSUVのダイハツ『ロッキー』とトヨタ『ライズ』は兄弟車であるが、開発に関しては主にダイハツで行われた。そこでデザイン上ではどのようなやり取りがトヨタと行われたのか。担当デザイナーに話を聞いてみた。

◆トヨタと意見交換をしながら


「ある程度ダイハツ側のボディデザインができてからトヨタの開発に入った」とは、ダイハツDNGAユニット開発コネクト本部デザイン部第1デザイン室国内スタジオ主担当員の奥野純久さんの弁。「トヨタの考え方・・・

ニュースを読む

FCAジャパンはアルファ ロメオ 110 周年を記念したヘリテージコンテンツ、“E-Book”を発表した。5月18日に英語版、6月24日に日本語版が公開される予定だ。

◆280台の全てが見学可能な歴史博物館

アルファロメオは2020年6月24日に110周年を迎える。それを祝してイタリアはミラノで大々的にイベントを開催する予定であった。しかし、COVID-19の感染拡大により、その予算と企画の全てをE-Bookに振り向けられることにな・・・

ニュースを読む

2019年末、ダイハツからコンパクトSUVの『ロッキー』が発売され、月3000台以上と販売は好調に推移している。その大きな理由として、5ナンバーサイズ、167万5000円からという価格、DNGAプラットフォームによる軽快な走りなどが挙げられるが、やはりデザインの魅力なくしては語れないだろう。

そこで改めてダイハツ ロッキーのデザインについて詳しく話を聞いた。

◆DN TRECをベースに


話を伺ったのは、ダイハツDNGAユニット開・・・

ニュースを読む

新型スズキ『ハスラー』のインテリアは、責任者たちが“ビビビ”ときたキースケッチから生まれた。そこで、そのキースケッチを描き、インテリアデザインを担当したスズキ四輪商品・原価企画本部四輪デザイン部四輪インテリア課係長の粒来広さんに話を聞いた。

◆アウトドアグッズのプロテクトのイメージ

ハスラーのインテリアで最もインパクトがあるのは、3連のフレームを持つインパネだろう。まずはこのアイディアがどのように生まれたのか。粒来さんは、「このクル・・・

ニュースを読む

フルモデルチェンジし2代目となったスズキ『ハスラー』。初代の購入理由の9割がデザインだったということで、当然新型もデザインに注力されたが、その開発中に一度やり直しが入ったという。そこで商品企画担当にその理由やハスラーに対するこだわりなどについて話を聞いた。

◆キャラクター維持とワクワク感が足りない

まず気になるのはデザインのやり直しとキープコンセプトだ。スズキ四輪商品・原価企画部製品・用品企画課の高橋修司さんは、「特にハスラーのフロ・・・

ニュースを読む

1月にマイナーチェンジしたホンダ『シビック』。そして夏ごろには「タイプR」が投入される予定だという。そこで今回、商品企画サイドからタイプRを開発するに際し何をどう考えたのかについて担当者に話を聞いた。

◆育てていこう

まずは商品企画としてどのような考えのもとに、シビックタイプRの開発はスタートしたのだろうか。本田技研工業商品ブランド部商品企画課の齋藤文昭さんは、「2017年に発売したモデルが世の中にしっかり受け入れられたという確信の・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

DY

エアコン使用内規循環燃費

車種名:日産 ノート(e-POWER)
投稿ユーザー:DY***** さん
総合評価:

6月に入り流石に暑くなりだしたのでエアコンを使用してます 流石にガンガン...[ 続きを見る ]

久保田

高速道路 燃費テスト

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:久保***** さん
総合評価:

【高速道路燃費テスト(熱田神宮へ参拝)】 行きは、圏央道⇒新東名高速廻り...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針