東京オートサロン 総合

カーライフニュース - 東京オートサロン 総合

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スバルのモータースポーツ活動を統括する立場にあるSTI(スバルテクニカインターナショナル)は、昨年、創設から丸30年を迎えた。これを機にSTIは、スバルとともにクルマを愛する人たちのために特別な価値を提供するブランドになることを表明している。ニュルブルクリンク24時間レースやスーパーGT300などに果敢に挑み、過酷なレースフィールドで技術やノウハウを蓄積してきた。これを財産に、さらに研鑽を積んで技術レベルを高みへと導いている。

STI・・・

ニュースを読む

東京オートサロン2019のダイハツブースは、“遊びゴコロをみんなのものに”というテーマのもと、日々の生活のテンションを上げるようなカスタマイズしたコンセプトモデルたちを提案している。

◆日々のテンションを上げていこう

今回のブース全体、そして過半数のコンセプトモデルをデザインしたダイハツ工業デザイン室第一デザイン室ECDスタジオ主任の米山知良さんは、「ブース全体はこれまでのテーマごとのゾーニングから、車種ごとに変更し、よりそれぞれの・・・

ニュースを読む

今年も大盛況だった「東京オートサロン2019」。クラリオンブースではスバル『レヴォーグ』や三菱『デリカD:5』に純正採用された「Quad View」ナビに注目が集まったが、車内エンタテイメントとして盛り上がりそうと感じたのが、参考出品された「振動シート」だ。

音域の低域をカバーするには、サブウーファーを組み合わせることが多い。しかし、小音量時や高速走行時はどうしても低域が表に出にくくなる。そこで身体に直接、振動で低域を感じさせることで・・・

ニュースを読む

2018年度の「グローバルMX-5カップ ジャパン」シリーズ表彰式が1月11日、東京オートサロン 2019のマツダブースで開催された。シリーズチャンピオンとなった堤優威選手には、優勝杯のMAZDAカップがマツダの梅下隆一執行役員から授与された。

表彰式にはランキング5位までと、特別賞に輝いたドライバーが登壇(3位の梅田剛選手と5位の村上博幸選手は代理出席)。 副賞としてBFグッドリッチ賞の賞金が各選手に渡されたほか、45歳以上のドライ・・・

ニュースを読む

整備不良率は6割に改善、駐車場で検査…東京オートサロン2019

by レスポンス編集部 on 2019年01月15日(火) 16時15分

国土交通省関東運輸局千葉運輸支局は、「東京オートサロン2019」が開催されたことから、1月12日22時から1月13日6時まで、幕張メッセ駐車場立体入口で、駐車場に入場する車両を対象に特別街頭検査を実施した。

東京オートサロンには毎年、違法改造車が集まる。特別街頭検査は不正改造車の排除が目的で、自動車技術総合機構関東検査部、軽自動車検査協会、千葉県警察と連携して実施した。

四輪車97台の車両を検査し、違法な灯火器の取付け、騒音基準を満・・・

ニュースを読む

2019年も大盛況で幕を閉じた第37回東京オートサロン。ケンウッドはここ数年、この開催に合わせて彩速ナビの新型を登場させてきたが、今年は従来のTYPE ZとTYPE Mを統合させた新たなフラッグシップモデル「MDV-M906HDL」を発表。さっそく会場でフィーリングを確かめてきた。

MDV-M906HDLのポイントは大きく3つある。一つは9型HD(1280×720ピクセル)液晶パネルを搭載したこと。二つ目は9型大画面に合わせた新たなU・・・

ニュースを読む

第37回東京オートサロンが大盛況のうちに幕を閉じた。今回も会場ではメーカーから複数の新型車がお披露目された。と言っても公式な発表ではなく、あくまでもお披露目。

例えばトヨタ『スープラ』の正式発表は、現地時間1月14日のデトロイトモーターショー2019で。そして『マツダ3』は既にロサンゼルスでワールドプレミア済みということで、いずれの場合も日本での正式な発表ではない。それゆえ、例えば価格とか、日本仕様は公表されていない。

このうちマツ・・・

ニュースを読む

EMGルブリカンツは東京オートサロン2019において、スポンサーシップを結ぶチームインパルと共にスペシャルトークショーを実施。そこで新製品である『Mobil 1 SN Plusシリーズ』を発表した。

トークショーはホシノインパルブースにて行われ、スピーカーはチームインパル監督の星野一義氏、司会進行はSUPER GTオフィシャルアナウンサーのピエール北川氏、そしてEMGルブリカンツから潤滑油企画統括部副統括部長の山内保宏氏が出席し、昨年・・・

ニュースを読む

これぞ“ベイビーG”だよね。といっても、女性の腕にフィットするように本家よりもひとまわりコンパクトに作られた、人気のカジュアル腕時計ではない。

東京オートサロン2019の会場でみかけたあるクルマがあまりにも“小さくしたG”すぎて、“ベイビーG”と呼びたくなる風体なのだ。大きさは本物の2/3程度。Gとはもちろん、あえて名前は書かないが、ドイツの名門ブランドが手掛ける人気のクロスカントリーカーである。

車体は、昨年の夏にデビューして新型・・・

ニュースを読む

カスタムカーと関連製品の展示会として世界最大級の「東京オートサロン2019」が11〜13日、幕張メッセ(千葉市)で開催され、3日間の来場者数は33万0666人(前回比103.6%)となり、過去最多となった。東京オートサロン実行委員会が13日に発表した。

来場者数
1月11日(金)晴れ…8万0310人
1月12日(土)曇りのち雨…12万3179人
1月13日(日)晴れ…12万7177人
累計…33万0666人(前回比:103.6%)
前・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

イノッチ

始動時の燃費と暖気後の燃費

車種名:マツダ CX-8
投稿ユーザー:イノ***** さん
総合評価:

ガソリンNAの25Sを2018/12に購入しました。冬の始動時は走り始め...[ 続きを見る ]

みーの

タント4WD VSシリーズを購入い...

車種名:ダイハツ タント
投稿ユーザー:みー***** さん
総合評価:

タントVSシリーズはとてもお得だと思いました。 様々なオプションがコミコ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針