ボルボ

カーライフニュース - ボルボ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ボルボ・カー・ジャパンは、最上級ワゴン『V90』と『V90クロスカントリー』(Volvo V90)の内外装デザインと装備レベルを一部変更するとともに、パワートレインに48Vハイブリッドを導入することで全車電動化を図り、10月21日より販売を開始した。価格はV90が714万円から1014万円、V90クロスカントリーが744万円から904万円。

V90シリーズは安全性を飛躍的に向上させ、電動化や高度な運転支援技術の搭載まで見据えた「スケー・・・

ニュースを読む

ボルボ V60、48Vハイブリッド導入で全車電動化…価格は499万円より

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年10月21日(水) 16時00分

ボルボ・カー・ジャパンは、ミドルサイズステーションワゴン『V60』(Volvo V60)の装備を一部変更するとともに、パワートレインに48Vハイブリッドを導入することで全車電動化を図り、10月21日より販売を開始する。価格は499万円から799万円。

パワートレインは従来の「T5」パワートレインに代わり、新たに48Vハイブリッドモデル「B5」を採用し、エントリーパワートレインとして「B4」を追加。また、プラグインハイブリッド(PHV)・・・

ニュースを読む

ボルボカーズ(Volvo Cars)は10月16日、次世代プラットフォームの「SPA2」搭載車に、ドライバーの注意力散漫を警告する新しいカメラシステムを導入すると発表した。

スマートフォンや車載タッチスクリーンが登場したことにより、運転中の注意散漫による危険性についての議論が活発化している。しかし、ボルボカーズの安全に関する専門家は、気が散ることは日常の実態であり、それだけにテクノロジーは人々の毎日の移動をサポートするために使用される・・・

ニュースを読む

今年4月、ボルボのプレミアムDセグメント相当ミッドサイズSUV『XC60』のガソリンパワートレインのうち、低出力版の「T5」が新鋭のマイルドハイブリッド「B5」に置き換えられた。ヨーロッパで急速に採用が拡大しているシステム電圧48ボルトの簡易型ハイブリッドである。

そのマイルドハイブリッドモデルを半日テストドライブする機会があったので、新パワートレインを中心にファーストインプレッションをリポートする。

◆ボルボのマイルドハイブリッド・・・

ニュースを読む

ボルボ・カーズは、交通安全について話し合うウェビナー「ボルボスタジオトーク」を10月15日22時(日本時間)よりライブ配信する。

ボルボスタジオトークは、ボルボ・カーズが今年10月より開始した、イベントやメディアを通じて、未来に向けた交通安全における人々の命の大切さに向き合うキャンペーン「Moment 3」の一環。スウェーデンのボルボ・スタジオストックホルムを拠点に、日本を含めた世界4か国との同時中継を交えて開催する。日本ではボルボ・・・・

ニュースを読む

◆マイルドハイブリッドの「B4 MOMENTUM」

2021年モデルから『XC40』のパワートレインが一新され、全車電動化を果たすこととなった。当面はPHEV(プラグインハイブリッド)と48VのMHEV(いわゆるマイルドハイブリッド)の構成で、追ってBEV(いわゆるピュアEV)も用意されるという。

今回の試乗車はモデル名に“B”がつくMHEVの「B4 MOMENTUM(モメンタム)」。2リットルガソリンターボに電気モーターを組み合わ・・・

ニュースを読む

ボルボカーズ世界販売、日本は5年ぶりに減少 2020年1-9月

by 森脇稔 on 2020年10月07日(水) 10時15分

ボルボカーズ(Volvo Cars)は10月2日、2020年1〜9月の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は45万1128台。前年同期比は11.1%減とマイナスに転じた。

市場別では、欧州が後退した。1〜9月は20万0061台にとどまり、前年同期比は19.2%減と減少に転じた。中国では1〜9月、11万3278台を販売し、前年同期比は3.4%増とプラスを保った。現地生産の『XC60』や『S90』が販売の中心だ。

米国では1〜9月、・・・

ニュースを読む

ボルボカーズは10月1日、『XC40』のEV、「XC40リチャージ」(Volvo XC40 Recharge)の生産をベルギー・ゲント工場で開始した、と発表した。ボルボカーズにとって、初のフルEVだ。

◆ボルボカーズの電動化戦略の重要モデル

XC40 リチャージは、ボルボカーズが市場に投入する数台のEVの最初のモデルだ。同車の生産開始は、2025年までにボルボ車1台あたりのCO2排出量を40%削減するという目標に向けて、大きな一歩に・・・

ニュースを読む

◆激戦区の中でも存在感を放つ『XC40』

自動車を選ぶ時の決め手になる要素として考えられるのは、性能、デザイン、価格、走り、それに経済性あたりだろうか。どこを重視するかは人によって異なる。

近年クルマの性能は均一化して、性能で選ぶというのはなかなか難しい。それだけ突出したクルマが無いともいえる。となると、デザイン、価格、走り、経済性は要素として大きい。価格というのは単に車両本体価格だけを見ると騙されるから、ちゃんと装備品をチェックし・・・

ニュースを読む

クルマのリアシートといえば、家族を乗せるためのもの、VIPのための空間、あるいは趣味の道具を満載に……など様々な用途がある。そして裏を返せば、リアシート=後席空間がどのように仕立てられているかによって、そのクルマの個性が見えてくる。今回は、最新のリアシート事情にフォーカスして、写真とともに紹介してみたい。

◆トヨタ センチュリー


言わずと知れた日本を代表するVIP御用達の「ショーファーカー」がトヨタ『センチュリー』だ。リアシートの・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

そっとじ

北海道5000㎞の旅

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:そっ***** さん
総合評価:

1か月休みを頂いて静岡~北海道ドライブしてきました 出発日 9月29日 ...[ 続きを見る ]

DY

全く関係ないけど

車種名:ダイハツ ムーヴ
投稿ユーザー:DY***** さん
総合評価:

前期モデルのJC08燃費が最高31あって 後期モデルのJC08燃費が26...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針