吉利集団

カーライフニュース - 吉利集団

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は1月8日、中国の浙江吉利控股集団との間で、次期スマートのEVを共同開発するための折半出資の合弁会社、「スマート・オートモビル」を設立した、と発表した。

浙江吉利控股集団は、スウェーデンのボルボカーズの親会社として知られる。2017年には英国のスポーツカーメーカー、ロータスカーズも傘下に収めるなど、拡大路線を歩んでいる。

また、浙江吉利控股集団は2018年2月、ダイムラーの全株式の9.6・・・

ニュースを読む

ボルボカーズ(Volvo Cars)は10月7日、浙江吉利控股集団(Geely、吉利)と次世代のエンジンやハイブリッドパワートレインの共同開発を行うことを目的に、両社のエンジン事業を統合すると発表した。

今回のエンジン事業の統合により、ボルボカーズはEVなどの電動パワートレイン車の開発に集中する。ボルボカーズは現在、電動化戦略を進めており、 今後10年以内に世界新車販売の半分をEVとし、残りの半分をハイブリッド車とする目標を掲げている・・・

ニュースを読む

双日、中国ジーリーの輸入販売店をフィリピンに設立

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年07月09日(火) 08時30分

双日は7月8日、フィリピンにおける中国「吉利(ジーリー)」ブランド車の販売代理店権を取得し、輸入販売店「双日ジーオートフィリピン(SGAP)」を双日100%出資で設立したと発表した。

吉利汽車は中国最大の民間自動車メーカーで、親会社である吉利集団は近年、スウェーデン「ボルボ」、英国「ロンドンタクシー」「ロータス」を買収。さらにマレーシア最大の自動車メーカー「プロトン」の株式を取得、昨年には「メルセデス・ベンツ」を傘下に持つダイムラーの・・・

ニュースを読む

ニュアンス・コミュニケーションズは、中国・吉利汽車(ジーリー)の「GKUI」スマートエコシステムに、同社のAI音声オートモーティブプラットフォームを提供したと発表した。

GKUIは、インフォテインメント、コネクティビティ、および車両管理を1つのスマートな車載システムに統合したデジタルコックピットシステム。ニュアンスのオートモーティブ技術により、ドライバーは自然な発話で地点情報の検索やナビゲーション、温度調節など、主要機能を操作できる。・・・

ニュースを読む

約1年前、ロータスの元CEOであるJean-Marc Gales氏は、ボルボベースのクロスオーバーSUVを計画していると語っていたが、その基盤となるであろう吉利集団(ジーリー)傘下「Lynk & Co」の新型クロスオーバー・クーペSUVをスクープした。

ボルボとロータスを傘下に持つジーリーは、新ブランドとしてLynk & Coを立ち上げた。同ブランドでは、SUVの『01』、クロスオーバーの『02』、セダンの『03』を発表しており、ハッ・・・

ニュースを読む

ダイムラー(Daimler)は3月28日、中国の自動車大手、浙江吉利控股集団との間で折半出資による合弁会社を設立し、次期スマートのEVを共同開発すると発表した。

浙江吉利控股集団は、スウェーデンのボルボカーズの親会社として知られる。2017年には英国のスポーツカーメーカー、ロータスカーズも傘下に収めるなど、拡大路線を歩んでいる。

また、浙江吉利控股集団は2018年2月、ダイムラーの全株式の9.69%を取得し、筆頭株主になった。今回の・・・

ニュースを読む

Lynk & Co史上最大の7人乗りSUV...「01ロング」開発車両をスクープ

by Spyder7編集部 on 2019年03月27日(水) 07時00分

中国吉利ホールディンググループ(以下、ジーリー)の新ブランド、「Lynk & Co」の新たなるクロスオーバーSUVを初めてカメラが捉えた。

キャッチしたのは、同ブランドの第一号車でもあり、初のクロスオーバーSUV『01』に設定されるロングバージョンだ。01は、ボルボの「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)を採用し開発されたモデルで、ハイテク装備を満載することから、最も進んだコネクテッドカーとも言われている。

今回捉えた・・・

ニュースを読む

Lynk & Co初のハッチバック、市販型デザインが丸見え…PHEVも設定

by 子俣有司@Spyder7 on 2019年02月27日(水) 20時30分

中国吉利ホールディンググループ(以下、ジーリー)の新ブランド、「Lynk & Co」初のハッチバックモデル『04』市販型プロトタイプを、フィンランドで捉えた。これまでのマスキングされた開発車両から一転、市販型デザインが露出している。

同ブランドは、これまでSUVの『01』、クロスオーバーの『02』、セダンの『03』と発表しており、「04」は第4のモデルとなる。

開発車両のフロントエンドには、各モデル共通の丸型ヘッドライト、フォグラン・・・

ニュースを読む

現在ロータスは、初のクロスオーバーSUVを開発していると見られるが、その基盤となり得る開発車両をカメラが初めて捉えた。

捉えたプロトタイプは、ボルボやロータスを傘下に持つ中国・吉利集団(ジーリー)が展開する新ブランド「Lynk & Co」の新型クロスオーバーSUVだ。同ブランドは、SUVの『01』、クロスオーバーの『02』、セダンの『03』を発表しており、ハッチバック車の『04』を現在開発中だ。新型クロスオーバーSUVは、この04に続・・・

ニュースを読む

吉利汽車グループの新ブランド「Lynk & Co」は10月19日、『Lynk&Co 03シアン』を発表した。シアンレーシングと共同開発した500hpの高性能セダンコンセプトカーとなる。

Lynk&Coは、世界で最も進んだコネクテッドカーを目指す新ブランド。また、新たなシェア形態を基本にしたビジネスモデルとなり、オープンデジタルプラットフォームをベースに自動車を生産するなどの特色がある。

Lynk&Co 03シアンは、小型セダンの『0・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiloichi

まさに人馬一体!

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:hil***** さん
総合評価:

2シーターのスポーツカーという性質上、どうしても載せられる荷物の量は限ら...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算41回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算41回目)を1/18に行いました。前回の給油から576.0km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針