KTM

カーライフニュース - KTM

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

16歳の誕生日と共に原付免許を取り、でも、20代はクルマに夢中。アラサーでリターンライダーになるも、40代は仕事に忙殺される。そしてアラフィフで2輪に再々入門。そんな浦島ライダーが、最新のバイクをチェックしていきます!

◆プロジェクターライトに懐かしさも


デビューから5年余りが経ったKTM『RC390』。いまでも路上でいきなりその姿を目にすると、「ギョッ!」としますね。オーストリアはKISKAデザインの手になる斬新なスタイルは、ま・・・

ニュースを読む

高性能ハイパワーになった現代のバイクを、違反せず安全に走らせようと思えばサーキットへ行くのがいちばん。かつては“サーキット=レース”というイメージで、上級者だけの限られたスペースであったが、今は少し違う。

全国のサーキットで「体験試乗会」なるものが定期的に開催され、ビギナーやリターンライダー、老若男女を問わずテクニックを磨く絶好の機会となってスポーツライディングを満喫している。目的はレースではなく、走りを楽しむことや腕を磨いて安全運転・・・

ニュースを読む

KTMのフラッグシップ・ネイキッドスポーツである『スーパーデュークR』をベースに、ハーフカウルを備え、エンジン特性や足回りをリセッティングしてグランドツアラー的キャラクターを与えられたのがこの『スーパーデュークGT』だ。

この日の試乗会でいちばん最初に乗ったバイクだったのだけれど、じつは走り出してすぐ「これが今日イチだな」と確信してしまった。それほど素晴らしいバイクだったのだ。


まず、エンジンがいい。1290のビッグVツインだが、・・・

ニュースを読む

◆オフロードの雄が生んだ最新アドベンチャー

KTMはオーストリアのモーターサイクルブランドとして主にオフロード界で存在感を示してきたメーカーだ。世界で最も過酷なオフロードレースと言われるダカールラリーでは、今年1月に開催された2019年大会を含め18連覇中という圧倒的な強さを誇っている。そのKTMが新たに開発した中排気量クラスのアドベンチャーモデルと聞けば、いやが上にも期待は高まるというものだ。

『790アドベンチャー』は『790D・・・

ニュースを読む

◆ダカール連覇のノウハウを注ぎ込んだアドベンチャー

『790アドベンチャー』はダカールラリー18連覇を誇るKTMが、そのノウハウを注いで開発したミドルクラスのアドベンチャーモデルである。エンジンはKTM初となる水冷並列2気筒で、昨年登場した『790DUKE』用をベースに低中速寄りの出力特性に最適化されている。

790アドベンチャーには2つのタイプがあり、オンロード寄りの装備が与えられたSTD仕様とオフロード向けに足まわりが強化された・・・

ニュースを読む

KTMは2019年3月22日から24日の3日間、東京ビックサイトで開催されている「第46回東京モーターサイクルショー」(東京モーターサイクルショー2019)で、790アドベンチャー及び790アドベンチャーRを展示。

このモデルは、昨年のミラノモーターサイクルショー(EICMA 2018)で発表されたばかりの日本初公開モデルだ。

790アドベンチャーは、799ccのパラレルツインエンジンを搭載。低重心化を図るために、ガソリンタンクを下・・・

ニュースを読む

KTM フリーライド250F の2019年モデルを発売 96万円

by 丹羽圭@DAYS on 2018年12月12日(水) 19時00分

KTMジャパンは、『フリーライド250F』の2019年モデルを12月に発売すると発表した。フリーライド250Fは、トライアルでもなければ、モトクロスでもない、山野を自由に走るフリーライディング用のモデル。

専用設計の超軽量シャシーに、競技用エンデューロマシン『250EXC-F』用をベースに開発された超小型4ストローク単気筒エンジンを搭載。トルクフルで扱いやすいエンジン、WP製サスペンション、車両重量98.5kg(燃料を含まず)の軽量設・・・

ニュースを読む

KTMは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、KTM『SX-E 5』(KTM SX-E 5)をワールドプレミアした。

KTM SX-E 5は、KTMの50ccクラスのモトクロス競技車両、KTM『50SX』の電動バージョンだ。モトクロス競技の初心者でも扱いやすく、かつ競争力のある電動レーサーを開発することを目指した。

バッテリーは、「KTMパワーパック」と呼ばれる。ジュニアクラスのレーサーがモトク・・・

ニュースを読む

KTMは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、KTM『690エンデューロR』(KTM 690 Eeduro R)の2019年モデルをワールドプレミアした。

690エンデューロRは、競技向けエンデューロモデルに匹敵するオフロード性能と、ストリート走行性能を併せ持ったモデルだ。

690エンデューロRの2019年モデルには、同じくEICMA 2018で初公開された690SMC Rの2019年モデル同様・・・

ニュースを読む

KTMは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、KTM『690SMC R』(KTM 690 SMC R)の2019年モデルをワールドプレミアした。

690SMC Rは、舗装路とダートを組み合わせた二輪レース、「スーパーモト」参戦マシンの公道走行可能バージョンといえる存在だ。2019年モデルの690SMC Rには、最新世代の「LC4」エンジンを積む。このエンジンは、最大出力74hp、最大トルク7.5k・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たか

低燃費タイヤとの相性はかなり良いと思います。 大分以前ですが、E36の3...[ 続きを見る ]

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針