ロールスロイス スペクター

カーライフニュース - ロールスロイス スペクター

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ロールスロイス(ロールス・ロイス・モーター・カーズ)は10月18日、ブランド初のEVとなる大型2ドアクーペ『スペクター』を欧州で発表した。ロールスロイスならではの「マジック・カーペット・ライド」を進化させた新サスペンションを採用している。

◆新しい「プラナー・サスペンション」
スペクターのテストプログラムには、極端な条件での過酷な走行も含まれている。車両の開発は、北極圏から55kmしか離れていないスウェーデン・アリエプローグで、マイナ・・・

ニュースを読む

ロールスロイス(ロールス・ロイス・モーター・カーズ)は10月18日、ブランド初のEVとなる大型ボディの2ドアクーペ『スペクター』(Rolls-Royce Spectre)を欧州で発表した。

◆1回の充電での航続は最大で520km
ロールスロイスは2030年までに、すべての製品を電動化する目標を掲げている。スペクターは、この目標の実現に向けて、重要なモデルに位置付けられる。

スペクターの最終スペックは確定していないが、EVパワートレイ・・・

ニュースを読む

ロールスロイス(ロールス・ロイス・モーター・カーズ)は10月18日、ブランド初のEVとなる大型ボディの2ドアクーペ『スペクター』(Rolls-Royce Spectre)を欧州で発表した。

ロールスロイスは2030年までに、すべての製品を電動化する目標を掲げている。スペクターは、この目標の実現に向けて、重要なモデルに位置付けられる。

スペクターの最終スペックは確定していないが、EVパワートレインのモーターは、最大出力585hp、最大・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は10月17日、ワールドプレミアを10月18日13時(日本時間同日21時)に行うと発表した。

ロールスロイスブランドを擁するBMWグループは10月10日、ロールスロイス初のEV『スペクター』を、10月中に初公開すると発表した。10月18日のワールドプレミアは、このスペクターの可能性が高い。

スペクターは、ファストバックの大型2ドアクーペだ。ロールスロイス史上・・・

ニュースを読む

BMWグループは10月10日、傘下のロールスロイスブランド初のEVとなる新型2ドアクーペ『スペクター』を、10月中に初公開すると発表した。

◆ファストバックの大型クーペに
スペクターには、ロールスロイス独自のアルミ製アーキテクチャが採用される。このアーキテクチャは2017年、『ファントム』で最初に採用された。設計の拡張性と柔軟性を持つスペースフレーム構造で、それ以来すべてのロールスロイス車に採用されている。『カリナン』や『ゴースト』な・・・

ニュースを読む

ロールスロイスが、2023年にも発売を計画しているブランド初の量産EV『スペクター』。その最新プロトタイプのニュルブルクリンクでの走りとコックピットを鮮明にスクープすることに成功した。

スペクターのプロトタイプが最初に公開されてから約1年が経過した。これまでもスパイショットを多数捉えてきたが、ニュルブルクリンクでの撮影は初めてだ。

“緑の地獄”として知られる世界最難関コース、ニュルブルクリンク「ノルドシュライフェ」に出現したプロトタ・・・

ニュースを読む

ロールスロイス(ロールス・ロイス・モーター・カーズ)は7月28日、2023年に市販予定のブランド初のEV『スペクター』の最新プロトタイプの写真を公開した。スペクターは、大型ボディの2ドアクーペEVとなる。

スペクターは現在、南フランスのフレンチリビエラ地域において、走行テストに取り組んでいる。延べ250万kmにおよぶテストプログラムのうち、62万5000kmをフレンチリビエラ地域行う予定だ。すでに、市販に向けての開発テストの40%が終・・・

ニュースを読む

ロールスロイス(ロールス・ロイス・モーター・カーズ)は7月28日、2023年に市販予定のブランド初のEV『スペクター』の最新プロトタイプの写真を公開した。スペクターは、大型ボディの2ドアクーペEVとなる。

◆市販に向けての開発テストの40%が終了
ロールスロイスは2030年までに、すべての製品を電動化する目標を掲げている。スペクターは、この目標の実現に向けて、重要なモデルに位置付けられる。

スペクターは現在、南フランスのフレンチリビ・・・

ニュースを読む

ロールスロイスが2023年に市販予定の、ブランド初のEV『スペクター』。ド派手なカモフラージュが施されたプロトタイプの姿はオフィシャルからも披露されていたが、スクープサイト「Spyder7」は今回そのインテリアを激写することに成功した。

初めて捉えたコックピットには、フラットな3本スポークを備えるステアリングホイールを装備。円形レジスターなどはカリナンのレイアウトと一致していることがわかる。またBMWのカーブド(湾曲)ディスプレイに似・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

otou

3か月で5000km 初めてのオイル交換をしました 燃費は21km/L ...[ 続きを見る ]

たつろう

納車しました

車種名:トヨタ シエンタ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:たつ***** さん
総合評価:

2023年1月に納車しました。 発売前8月19日に契約してから5か月ちょ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2023 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針