ジープ グラディエーター(Gradiator)

カーライフニュース - ジープ グラディエーター(Gradiator)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ジープ『グラディエーター』にピンク色を初設定

by 森脇稔 on 2024年05月05日(日) 16時00分

ジープは5月2日、ピックアップトラックの『グラディエーター』の米国2024年モデルに、ピンク色のボディカラー「タスカデロ」を初設定すると発表した。

タスカデロは2021年、SUVの『ラングラー』に初めて用意された。約3万人の顧客から注文を受ける人気色に。熱狂的なジープファンから、グラディエーターにこのカラーを、との要望があったという。

2024年モデルのグラディエーターは、タスカデロと新色アンビルを含む8色のエクステリアカラーに加え・・・

ニュースを読む

ジープは4月8日、ピックアップトラックの『グラディエーター』に、米国で「ナイトホーク・パッケージ」(Jeep Gladiator Black NightHawk Package)を設定すると発表した。

ナイトホーク・パッケージは、米国で4月8日に見られた皆既日食に合わせて発表された。日食の影で映えるブラック仕様のグラディエーター、をテーマにしている。

足元には、20インチのグロスブラック塗装のアルミホイールにオールテレーンタイヤを組・・・

ニュースを読む

ジープは、3月23日に米国ユタ州モアブで開幕する第58回「イースター・ジープ・サファリ」で発表予定のコンセプトカーに関して、新たなティザースケッチを公開した。

このイベントは、約60年にわたり、数千人のロッククローリング愛好家とジープブランドのファンが集まり、世界最大級のオフロード集会の一つに成長している。

ジープブランドの新しいコンセプトカーは、純正オプションパーツブランドの「Mopar」の「ジープ・パフォーマンス・パーツ」が装着・・・

ニュースを読む

ジープは、ピックアップトラックの『グラディエーター』改良新型のオフロード仕様「ルビコンX」(Jeep Gladiator Rubicon)を米国市場で発売した。現地ベース価格は、6万2995ドル(約950万円)だ。

ルビコンXには、オフロード仕様ならではの専用装備を盛り込んだ。ロックトラック4x4システムには、4:1の「4LO」レシオを持つヘビーデューティな第3世代「Dana44」前後アクスルを装備した。フロントとリアのアクスル比は4・・・

ニュースを読む

ジープは2月20日、ピックアップトラックの『グラディエーター』(Jeep Gladiator)の改良新型を米国市場で発売した。現地ベース価格は、3万7895ドルと発表されている。

改良新型では、ジープを象徴する7スロットグリルを変更した。スリムになった新グリルは、ブラックのテクスチャーが施された縦スロットによって、冷却効果を引き上げているという。

インテリアには、新開発の12.3インチタッチスクリーンを採用した。インストルメントパネ・・・

ニュースを読む

ジープは2月6日、ピックアップトラックの『グラディエーター』(Jeep Gladiator)の改良新型の生産を、ステランティスの米国オハイオ州トレド工場で開始した、と発表した。グラディエーターは、日本市場にも導入されている。


◆ジープならではの7スロットグリルが新デザインに
改良新型では、ジープを象徴する7スロットグリルを変更した。スリムになった新グリルは、ブラックのテクスチャーが施された縦スロットによって、冷却効果を引き上げている・・・

ニュースを読む

ジープ(Jeep)は9月13日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2023において、ピックアップトラック『グラディエーター』の改良新型に、3種類のオフロードパッケージを設定すると発表した。


◆最大渡河水深は約915mmに
このオフロードパッケージは、アメリカン・エクスペディション・ビークルズ(AEV)が開発を手がけた。メーカーの工場からグラディエーター改良新型がAEVに送られ、架装が施される。

3種類のパッケージは、「アップカ・・・

ニュースを読む

ジープブランドは9月13日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2023において、ピックアップトラックの『グラディエーター』(Jeep Gladiator)改良新型の、オフロード向け「ルビコンX」仕様を初公開した。


◆専用レシオを持つヘビーデューティ仕様の前後アクスル
ルビコンXは、オフロード仕様だ。ロックトラック4x4システムには、4:1の「4LO」レシオを持つヘビーデューティな第3世代「Dana44」前後アクスルを装備した。フ・・・

ニュースを読む

ジープは9月13日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2023において、ピックアップトラックの『グラディエーター』(Jeep Gladiator)の改良新型を初公開した。


◆新しいフロントグリルは冷却効果を引き上げる効果も
改良新型では、ジープを象徴する7スロットグリルを変更した。スリムになった新グリルは、ブラックのテクスチャーが施された縦スロットによって、冷却効果を引き上げているという。フロントウィンドシールドに、新しいオフロ・・・

ニュースを読む

ジープ(Jeep)は9月13日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2023において、ピックアップトラック『グラディエーター』の改良新型に、3種類のオフロードパッケージを設定すると発表した。

このオフロードパッケージは、アメリカン・エクスペディション・ビークルズ(AEV)が開発を手がけた。メーカーの工場からグラディエーター改良新型がAEVに送られ、架装が施される。

3種類のパッケージは、「アップカントリー」、「アップカントリー+」・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

運転志

工具が無いとね…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

初回3ヶ月点検の一週間前なんで、一応エンジンオイル量を確認しておこうかと...[ 続きを見る ]

kasaiurado

良い車です

車種名:日産 ノート
投稿ユーザー:kas***** さん
総合評価:

アベレージが23キロに到達しました。 毎日100キロ通勤してたらいつの間...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針