ITSジャパン

カーライフニュース - ITSジャパン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ジェイテクト、自動運転関連技術を紹介予定…ITS世界会議2018

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年09月12日(水) 07時30分

ジェイテクトは、9月17日から21日まで、デンマークで開催される「第25回ITS世界会議コペンハーゲン2018」に出展する。

ジェイテクトはITSジャパン常任理事を務め、自動運転を含む次世代交通に向けた産官学連携活動をリードしている。今回のITS世界会議では、ITSジャパンパビリオン内に出展し、自動運転に関する技術を中心に同社の取組みを紹介する。

具体的には、車両上のレイアウトを飛躍的に向上させる先進ステアリングシステム「ステアバイ・・・

ニュースを読む

5月8日〜10日に開催された「アジア太平洋ITSフォーラム2018福岡」において、群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センターは、地域社会への普及を目指した自動運転デモンストレーションを行い、10日は一般市民も対象に試乗会を実施した。

このデモに使われた車両は、群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センターが研究・開発した低速電動コミュニティビークル「e-COM10」で、最高速度19km/h、乗車定員16名、インホイールモーターで駆動す・・・

ニュースを読む

トヨタグループの素材メーカーである愛知製鋼は、5月8〜10日に福岡国際会議場(福岡市)で開催された「アジア太平洋ITSフォーラム2018福岡」に出展。「磁気マーカシステム」による自動運転技術実証実験などの成果を会場内ブースで紹介した。

紹介された磁気マーカーシステムは、MIセンサを応用して路上埋設用/貼り付け用として開発したもので、トンネル内や高架橋下などGPSの電波が取得できない場所や、夜間/悪天候などカメラが認識できない状況でも安・・・

ニュースを読む

「アジア太平洋ITSフォーラム2018福岡」のメインパートナーともなった西日本鉄道(西鉄)。テクニカル・ヴィジットと称したツアーを通して、西鉄天神高速バスターミナルの概要をはじめ、福岡周辺で西鉄バスが果たしている役割について説明を受けた。

◆乗車案内をデジタルサイネージ化によって他言語に対応

西鉄天神高速バスターミナルは、高速バスおよびそれに類する特急便・急行便などの中長距離路線のバスが発着するターミナルとして1997年2月、現在の・・・

ニュースを読む

ジェイテクトは、5月8〜10日に福岡国際会議場(福岡市)で開催された「アジア太平洋ITSフォーラム2018福岡」に出展。開発中のステアbyワイヤシステムの電動パワーステアリングとインホイルモーターによる協調技術や、高耐熱リチウムイオンキャパシタを紹介した。

紹介していたのは、「フューチャー・コンセプト・ヴィークル」として既に昨年の東京モーターショーにも出展されたもの。EPS(電動パワーステアリング)と駆動力との協調制御を手掛ける、総合・・・

ニュースを読む

VICSセンターは、5月10日まで福岡国際会議場(福岡市)で開催されていた「アジア太平洋地域ITSフォーラム2018福岡」に出展。同団体は今回のフォーラムへの出展に際し、2022年までの5カ年計画を策定。プローブの活用方法を大きく発展させた計画案を発表した。

新たに策定した5カ年計画のテーマは「いつもで、どこでも、最も新鮮な情報を」。リアルタイムの交通情報を提供してきたVICSが新たな取り組みに向けた意気込みを表したものだ。

VIC・・・

ニュースを読む

デンソーは、5月10日まで福岡国際会議場(福岡市)で開催された「アジア太平洋ITSフォーラム2018福岡」に出展。将来のモビリティ社会づくりに貢献する要素技術を「5 Key Functions」のデジタルサイネージ展示を使い紹介した。

その内容は「周りを見る」「先を読む」「人とつながる」「もしもに備える」「サイバー攻撃から守る」の5つのコア技術で構成される。

「周りを見る」ではミリ波レーダと画像センサなどを各種センサを組み合わせるこ・・・

ニュースを読む

高精度地図を手がける地図大手のゼンリンは、「アジア太平洋地域ITSフォーラム2018福岡」(5月10日まで開催)へ出展し、IoT連携によって様々な業界から収集したビッグデータを活用する「地図エコシステム」構想と、自動運転に向けた地図ソリューション「ZGM Auto」を紹介した。

ゼンリンが提案してきた「地図エコシステム」とは、自動車やモバイル端末などIoT機器から得られる位置情報ビッグデータを連携・活用する、新たな地図データの“情報プ・・・

ニュースを読む

福岡で開催されている「アジア太平洋地域ITSフォーラム2018」では自動運転によるデモが数多く行われている。トヨタ系列のステアリングサプライヤー「ジェイテクト」は、バスの停留所に用意された乗降場所にギリギリまで幅寄せできる新技術を披露した。

ジェイテクトがデモに使ったバスは、乗用車用に開発したステアバイワイヤ電動パワステを活用して自動運転走行を可能としたもの。あらかじめ教習施設の高精度マップを作成し、この情報に基づいて車両を走らせる。・・・

ニュースを読む

福岡市で10日まで開催されている「第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム2018福岡」では、多くの自動運転デモが行われた。その中でKDDIが実施したのは、将来の5G利用までも想定した遠隔操作による自動運転の実証実験デモだ。

このデモで使われたのは、アイサンテクノロジーなどと共同で開発した自動運転車両と、遠隔操作に利用するKDDIの4G・LTE通信網。通常時はあらかじめ生成した高精度地図に基づいて自動運転走行を行うが、そこに障害物によ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

DY

全く関係ないけど

車種名:ダイハツ ムーヴ
投稿ユーザー:DY***** さん
総合評価:

前期モデルのJC08燃費が最高31あって 後期モデルのJC08燃費が26...[ 続きを見る ]

DY

知り合いがカスタム購入、借りてわか...

車種名:ダイハツ タント
投稿ユーザー:DY***** さん
総合評価:

まずエンジンについてですが、ダイハツは新型エンジンと謳ってるみたいですが...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針