マツダ3

カーライフニュース - マツダ3 (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

マツダの米国部門は7月8日、『マツダ3』(Mazda3)の2021年モデルに、2.5リットルターボエンジン搭載車「2.5ターボ」を設定すると発表した。ハッチバック(日本名:「ファストバック」に相当)とセダンに用意される。

この2.5リットルターボエンジン搭載車は、より力強いパワーを求める顧客の要望に、マツダの米国部門が応える形で実現したものだ。すでに北米向けの『CX-9』、『マツダ6』、『CX-5』に搭載されている直噴2.5リットル直・・・

ニュースを読む

マツダ3 に2.5ターボ、227馬力…メキシコで発表

by 森脇稔 on 2020年07月08日(水) 06時45分

マツダのメキシコ部門は7月4日、『マツダ3』(Mazda3)の2.5リットルターボエンジン搭載車を、「#FeelAliveAtHome」イベントでデジタル発表した。

すでに北米向けの『CX-9』、『マツダ6』、『CX-5』に搭載されている直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G2.5T」が、メキシコ向けのマツダ3にも拡大展開された。

このSKYACTIV-G2.5Tエンジンには、マツダの「ダイナミック・・・

ニュースを読む

国内での需要も高まり、近年様々な新型が登場しているCセグメントカテゴリー。中でも、実用的かつスポーティーな走りを提供するハッチバックタイプが人気を集めている。本稿では、国内外から人気7モデルをピックアップし、価格や試乗記などをまとめた。

価格メルセデスベンツAクラス:337万円から
ボルボV40:304万5370円から
ホンダ・シビック・ハッチバック:294万8000円から
マツダ3:222万1389円から
トヨタ『カローラスポーツ』・・・

ニュースを読む

マツダ(Mazda)の米国部門は6月26日、7月8日に新型車を初公開すると発表した。

マツダの米国部門は、この新型車のティザー映像を配信した。この新型車のエンジンサウンドを紹介している。

なお、この新型車については、『マツダ3』のターボエンジン搭載車との情報がある。すでに北米向けの『CX-9』、『マツダ6』、『CX-5』に搭載されている直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G2.5T」が、北米向けのマ・・・

ニュースを読む

創立100周年を迎えたマツダは、マツダ3の「100周年特別記念車」の予約受注を開始。記念車には『R360クーペ』をモチーフにした赤白のカラーコーディネートが採用され、100周年記念ロゴなど特別装備が追加された。

マツダ3のハッチバック、セダンともに100周年記念車が設定され、スノーフレイクホワイトパールのエクステリアカラーを身に纏い、フロントフェンダー部には創立100周年記念バッジをあしらった。センターホイールキャップには同社の旧社名・・・

ニュースを読む

マツダは、『マツダ3 セダン』にSKYACTIV-G 1.5ガソリンエンジンを設定し、5月21日より販売を開始した。

マツダ3 セダンは、「落ち着いた大人の品格と優雅さを表現した外観デザイン」や「上質感を高めたインテリアデザイン」「居心地の良さを感じられる静粛性とオーディオ性能」などが評価され、幅広い年齢層に選ばれている。昨年の発売以降、街中での運転を軽快に楽しめるSKYACTIV-G 1.5搭載モデルを選択したいとの声が多く、今回の・・・

ニュースを読む

◆エンジンを回す楽しさも味わえる


『マツダ3』のSKYACTIV-Xは、ガソリンエンジンでありながら、ディーゼルに似た火花点火制御圧縮着火方式を使う。さらに高燃圧噴射装置、エアーサプライシステムと呼ばれるスーパーチャージャー、マイルドハイブリッドシステムなども組み合わせた。排出ガスの浄化装置には、ディーゼルと同様のパティキュレートフィルター(粒子状物質の除去装置)も使用する。

直列4気筒2リットルで、動力性能は最高出力が180馬力・・・

ニュースを読む

マツダは2020年1月30日に創立100周年を迎えた。現在、同社の100周年スペシャルサイトでは、歴代モデルの人気投票が行われている。4月6日集計時のTOP3は『AZ-1』『ランティス』『マツダ787』。そこで、マツダの開発主査に、「私の選ぶ1台」とTOP3のモデルについて語ってもらった。

◆マツダ3 開発主査・谷本智弘氏

■私が選ぶ1台

「ユーノス・ロードスター」(初代マツダ『ロードスター』)です。理由は、若い頃にこのクルマを買・・・

ニュースを読む

マツダの米国部門は4月8日、新型『マツダ3』(Mazda3)が「2020ワールドカーデザインオブザイヤー」を受賞した、と発表した。

ワールドカーデザインオブザイヤーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の賞のひとつ。今回は、2018年秋から2019年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もデザイン性に優れた1台を選ぶ。

条件は2020年春まで、世界の少なくともひとつの市場で販売されていること。世界20か国以上、86名のジャーナ・・・

ニュースを読む

ワールドカーオブザイヤーを主催する「World Car Awards」は8日、「The Road to the 2020 World Car Awards」=2020ワールドカーオブザイヤーにキアのミッドサイズクロスオーバーSUV、『テルユライド』(テルライド)を選定したと発表した。2020ワールドカーデザインオブザイヤーには『マツダ3』が選ばれた。

2020年度のワールドカーオブザイヤー(大賞)と部門賞各賞は、エントリー29台の中か・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

のわー

平均的な車

車種名:トヨタ カローラフィールダー
投稿ユーザー:のわ***** さん
総合評価:

MTで走りを求めず、ある程度快適さを求める方におすすめです。 特に遮音性...[ 続きを見る ]

シロボル

一度ディーゼルモデルに乗ってみたいと思い、本当に思いきって、買ってしまっ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針