メルセデスベンツ GLE(Mercedes-Benz GLE)

カーライフニュース - メルセデスベンツ GLE(Mercedes-Benz GLE)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ブラバス(BRABUS)は、新型メルセデスベンツ『GLE』向けのカスタマイズプログラムを欧州で発表した。

ブラバスは、メルセデスベンツのトップチューナーとして知られる存在だ。そのブラバスが、メルセデスベンツの主力SUVのひとつ、GLEの新型をカスタマイズしている。

◆2種類のディーゼルエンジンをチューニング

ブラバスは、新型GLEのターボディーゼルエンジン搭載モデル、「GLE 300 d 4MATIC」グレードと「GLE 400 ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは、新型メルセデスAMG『GLE63 4MATIC+クーペ』(Mercedes-AMG GLE 63 4MATIC+Coupe)の受注を欧州で開始した。ドイツ本国でのベース価格は、12万9234ユーロ(約1535万円)と発表されている。

◆AMG専用のパナメリカーナグリル

同車は、新型『GLEクーペ』の頂点に立つ高性能グレードだ。エクステリアはスポーティさをさらに追求し、メルセデスAMGの専用グリル、「パナメリカーナ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは3月12日、新型メルセデスAMG『GLE63 4MATIC+』(Mercedes-AMG GLE 63 4MATIC+)の受注を欧州で開始した。ドイツ本国でのベース価格は、12万4355ユーロ(約1457万円)と発表されている。

メルセデスベンツは2018年秋、フランスで開催されたパリモーターショー2018において、新型『GLE』を発表した。新型メルセデスAMG GLE63 4MATIC+は、新型GLEの頂点に立つ高・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは2月19日、GLEクーペの頂点に立つ高性能グレードとなる新型メルセデスAMG『GLE63 4MATIC+クーペ』(Mercedes-AMG GLE 63 4MATIC+Coupe)を欧州で発表した。

◆AMG専用のパナメリカーナグリル

エクステリアのスポーティさをさらに追求し、メルセデスAMGの専用グリル、「パナメリカーナ」の最新デザインを装着する。

このグリルは、1952年に行われた伝説的レース、「カレラ・パナ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ『GLE』は元々は『Mクラス』と呼ばれるフレーム式プラットフォームを採用するSUVであった。現行モデルはモノコックとなった。それでもGLEはほかのメルセデスベンツとは異なる味わいを持つ。

◆アメリカ産ベンツであるということ

それは、GLEのメインマーケットがアメリカであり、工場もアメリカであることが大きく影響しているのだろう。ヨーロッパ、とくにドイツのクルマはたとえSUVであっても、アウトバーンでの安定性を無視するこ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツのミドルサイズ・クロスオーバーSUV『GLEクーペ』に設定される最強モデル、AMG『GLE63クーペ』市販型プロトタイプが、ほぼフルヌードで現れた。

AMG「GLE 63 4MATIC+」の新型が2019年11月のLAオートショーですでに発表されているため、エクステリアを隠すことはなさそうだ。捉えたプロトタイプは、GLE63同様に最強の証「パナメリカーナグリル」を装備し、大型のコーナーエアインテーク、リアディフューザー・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは、新型『GLE』(Mercedes-Benz GLE)のプラグインハイブリッド車(PHV)、「GLE 350 de 4MATIC」を欧州で発売した。

新型GLEのPHVは、メルセデスベンツブランドの新世代PHVシリーズとして、新たに立ち上げられた「EQ Power」(EQパワー)車として展開される。メルセデスベンツは2020年までに、20車種以上にEQ Powerを拡大することを目指している。

◆燃費90.9km/・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは、2月にインドで開催されるデリーモーターショー2020(オートエキスポ2020)に、新型『GLE』(Mercedes-Benz GLE)を出展すると発表した。

◆48Vのマイルドハイブリッド

新型GLEの特長が、48Vシステムの広範囲に渡る導入にある。たとえば、ガソリンエンジン搭載のトップグレードの「GLE450 4MATIC」には、パワートレインに48Vのマイルドハイブリッドシステムを採用する。

3.0リットル・・・

ニュースを読む

目下メルセデス・ベンツのSUVは『Gクラス』を筆頭に“GL系”はS、E、C、Aの4モデルが揃う。このうちアッパーミドルの『GLE』は『Mクラス』を前身にもち、2019年に『GLE』名義で初のフルモデルチェンジを受け、通算4世代目に進化したのが現在のモデルだ。

ここだけの話だが、唯一無二の四角い『Gクラス』とコンパクトな『GLA』を別にすると、“S”と“E”と“C”を(とくに前から見た状態で)瞬時に識別し車名で答えよと言われたら、レポー・・・

ニュースを読む

◆同じSUVでも「GLC」とは大きく違う

今、メルセデスのパッセンジャーカー用プラットフォームは基本的にたった3つしかない。FWD用のMFA。そしてFRベースのMRA。それに『Gクラス』専用のボディオンフレームである。だから、FRのモデルは『Cクラス』から『Sクラス』に至るまで構造的には全部一緒、ということになる。これはSUVにも当てはまるのだが、今度の『GLE』は少しだけ違うようだ。

それがMHAと名付けられた車高の高いクルマ用の・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

アポロ1

CX-3

車種名:マツダ CX-3(ディーゼル)
投稿ユーザー:アポ***** さん
総合評価:

試乗車を購入しましたが、アテンザワゴン の2200や アクセラスポーツ ...[ 続きを見る ]

はたけ

MTミッション

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:はた***** さん
総合評価:

最初の冬に書き込みましたが、MTミッションの渋い事やギア鳴りの件です。 ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針