トヨタ ハイラックス

カーライフニュース - トヨタ ハイラックス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、2020年1月10日から12日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」に出展し、モデリスタ/TRD、両ブランドの持つエッセンスを融合させたオリジナルコンセプトカーを初披露する。

『アンビバレントRDプリウスPHVコンセプト』は、モデリスタのデザイン力とTRDの技術力を合わせて作り上げたコンセプトモデル。「プリウスPHV」という次世代のクルマを、両ブランドがさらに魅力的で先進的・・・

ニュースを読む

日本郵便は、日本各地の「絵はがき映えする」風景を巡る移動型郵便局「ポストカー」の運行を7月19日より開始した。

日本郵便では、手紙交流の価値を見直し、新たな可能性を探るプロジェクト「& Post(アンド・ポスト)」を展開しており、今回ののポストカー運行もその一環。ポストカーは、「心に残る風景に出会った瞬間に、絵はがきを書く・差し出すための環境を提供する」ことをコンセプトに実施する。

車両は郵便収集車として使われていた6代目『ハイラッ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、ピックアップトラック『ハイラックス』を一部改良し、6月24日より販売を開始する。

ハイラックスは1968年の発売開始以来、約180の国および地域で販売。累計世界販売台数は約1730万台に上る。日本国内では、1ナンバークラスで毎年車検が必要となるなど、実用面で不利な点もあり、2004年に国内販売を終了。しかし、ユーザーからの要望に応える形で、2017年に13年ぶりの復活を遂げた。

今回の一部改良では、安全装備を充実。プ・・・

ニュースを読む

「プロ仕様」がウケてるというトヨタの本格ピックアップトラック『ハイラックス』。そのハイラックスに、トヨタ公式カスタムとも言える特別仕様車「Z“Black Rally Edition”」(ブラックラリーエディション)が登場した。オフロード性能はそのままに、ストリートでも存在感を放つ「ブラック」な専用エクステリアを採用しているのが特徴だ。

ブラックラリーエディションのベースとなっているのはハイラックスの上級グレード「Z」。これに、様々なブ・・・

ニュースを読む

◆本格SUVの需要はまだまだある

トヨタのピックアップトラック『ハイラックス』は、世界約180か国・地域で販売され、累計販売台数は1870万台、年間販売台数は50万台にも及ぶグローバルカーだ。世界市場においてトヨタブランドを象徴するモデルの一つと言ってもいいだろう。

その一方で、国内販売は2004年にいったん終了。しかし約9000台の従来モデルオーナーからは復活を望む声が絶えず、トヨタ社内でも何度か復活の機運が盛り上がっていたという・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、ピックアップトラック『ハイラックス』の誕生50周年を記念した特別仕様車「ブラックラリーエディション」を設定し、12月17日より販売を開始する。

ブラックラリーエディションは上級グレードの「Z」をベースに、ブラック塗装で統一した専用デザインのアルミホイールやフロントグリル、バンパーのほか、オーバーフェンダーなどを装備。18インチにサイズアップしたタイヤは、文字を白色で記した「ホワイトレター」を採用。ブラック塗装のホイール・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は11月6日、ブラジルで開幕したサンパウロモーターショー2018において、『ハイラックス』の「GR SPORT」(Toyota Hilux GR Sport)を初公開した。

「GR」は、もっといいクルマづくりを目指すGAZOO Racingが、ニュルブルクリンク24時間耐久レースなどのモータースポーツ活動を通じて車と人を鍛え、そこで得た知見やノウハウを注ぎ開発した新しいスポーツカーシリーズだ。エンジン内部にもチューニングを・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は8月21日、『ハイラックス』の2019年モデルをブラジルで発表した。

新型ハイラックスは2017年9月、日本市場にも13年ぶりに導入された。1968年に初代デビューという伝統のモデル。ハイラックスは世界およそ180か国に投入されており、累計販売台数は1800万台以上というグローバルピックアップトラックだ。

2019年モデルでは、新デザインのフロントマスクを採用。グリルやバンパー、フォグランプ周辺のデザインが新しくなり、・・・

ニュースを読む

三井不動産リアルティは、同社が運営するカーシェアリングサービス「カレコ・カーシェアリングクラブ」にて、トヨタ『ハイラックス』を7月13日から導入すると発表した。

ハイラックスは1968年の販売開始から今年で50周年を迎え、これまで180以上の国や地域で約1772万台を販売。日本では2004年に販売を終了したが、根強いファンの声に応え昨年13年ぶりに販売されると、2か月で年間販売目標の1.5倍を達成し大きな話題となった。

ハイラックス・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは4月12日、新型『ハイラックス』の「インヴィンシブル50ブラックエディション」を発表した。

同車は、日本市場でも13年ぶりに導入された新型ハイラックスをベースに、1968年の初代デビューから、50周年にあたるのを記念したモデル。ハイラックスは世界およそ180か国に投入されており、累計販売台数は1900万台以上というグローバルピックアップトラック。

新型ハイラックスのインヴィンシブル5・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiloichi

まさに人馬一体!

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:hil***** さん
総合評価:

2シーターのスポーツカーという性質上、どうしても載せられる荷物の量は限ら...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算41回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算41回目)を1/18に行いました。前回の給油から576.0km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針