NISMO ニスモ

カーライフニュース - NISMO ニスモ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産とNISMOは5月25日、中国上海で開催されるフォーミュラE世界選手権シーズン10の第11戦において、新開発の香水を発表する。日産とNISMOが5月21日にティザー映像を公開した。

この香水は、日産のフォーミュラEマシンに描かれている桜の花の香りと、日産『e-4ORCE 04』のタイヤの残り香を調合しているのが特長だ。

また、桜の枝とローズマリーに、焦がした砂糖とウッディなトーンも組み合わせた。その結果、桜の美しさとレーシングチ・・・

ニュースを読む

「ワークス」とは自動車メーカー系のレーシングチームなどを指す言葉。カスタム&チューニングに世界で「ワークス」というと自動車メーカー系のパーツメーカーを指し、今回紹介するTRDやSTI、NISMOというわけである。

◆あえての先代86に最新パーツを開発して楽しさを広げていく
TRDはモータースポーツファンを増やすべく、競技パーツを中心にリリースしている。そこで今回は『ヤリス』と先代『86』のチューニングカーを持ち込む。86は後期型のGT・・・

ニュースを読む

日産 アリアNISMO、6月の発売が決定! 新グレードも登場

by 纐纈敏也@DAYS on 2024年03月11日(月) 08時30分

日産自動車は3月8日、今年1月に東京オートサロンで披露した『アリアNISMO』を6月に発売すると発表した。また、アリアの新グレード「B6 e-4ORCE」、「B9 2WD」、「B9 e-4ORCE」、「B9 e-4ORCE プレミア」を3月下旬から販売開始することも明らかにした。

アリアNISMOは、EV NISMOのフラグシップとして、日産アリアの動力性能をさらに高めたモデルだ。NISMO専用の加速チューニングにより、最高出力320・・・

ニュースを読む

8日から日産『アリア』の全モデルの販売が開始された。その中に日産のチューニングブランドが手掛けた『アリアNISMO』がラインナップされた。アリアなのにNISMO? という気がしないでもないが、試乗してみると、ちゃんとアリアであり、かつしっかりNISMOでもあった。

◆アリア販売再開と同時にNISMOバージョン発表
アリアは2021年6月に国内販売が開始された。日本仕様は「Limited」というサフィックスがつくモデル名となり、バッテリ・・・

ニュースを読む

日産自動車と、日産モータースポーツ&カスタマイズは、東京オートサロン2024に『GT-R NISMO』を出展した。空力性能を追及したボディパーツ、フロントメカニカルLSDをはじめ、レーシングテクノロジーが最大限注ぎ込こまれたマシンがこのGT-R NISMOである。

「GT-R NISMO」の足回りには専用にチューニングされたサスペンション、カーボンセラミックブレーキが搭載されている。これらはボディパーツが生む空力やメカニカルLSDによ・・・

ニュースを読む

日産自動車と、日産モータースポーツ&カスタマイズはパフォーマンス・セダン『スカイラインNISMO』を東京オートサロン2024に出展した。展示車両は内外装にNISMO専用パーツを装着し、エンジンや足回りにも専用のチューンが施されたものとなっている。

◆ワイド&ローのスタイルとパフォーマンス向上を追求
エクステリアは、NISMO製のフロント・リアバンパー、サイドシル、19インチアルミホイールなどを装備。パフォーマンス・セダンらしい「ワイド・・・

ニュースを読む

日産自動車と、日産モータースポーツ&カスタマイズは、1月12日から14日まで幕張メッセで開催された「東京オートサロン2024」に出展。『フェアレディZ NISMO』を展示した。

フェアレディZ NISMOは、日産が誇るスポーツカー「フェアレディZ」をベースに、NISMOが手掛けた専用エアロパーツを装着し、さらに専用チューニングを施したモデル。出力309kW(420PS)、最大トルク520N・m(53.0kgf・m)を誇り、パワフルな加・・・

ニュースを読む

日産自動車の米国部門は2月5日、ピックアップトラック『フロンティア』(Nissan Frontier)に、オフロード仕様「フォルスバーグ・エディション」を設定すると発表した。実車は2月8日、シカゴモーターショー2023で初公開される予定だ。

◆NISMOオフロードのリフトアップキットなどで足回りを強化
同車は、フォーミュラ・ドリフトでチャンピオンに輝いたクリス・フォルスバーグ選手と、同選手が率いるフォルスバーグ・レーシングと協力して開・・・

ニュースを読む

日産自動車は東京オートサロン2024で、『アリアNISMO』(アリアニスモ)を公開した。今春の発売を予定している、日産の最新技術が結集したクロスオーバーEVのフラグシップモデルだ。

アリアNISMOは、アリアの持つe-4ORCEをベースにニスモ独自のデザインとチューニングを施し、高い空力性能と風格を兼ね備えている。このチューニングにより、ベースモデルに比べて最高出力を約10%向上させた320kWを誇り、より強力な加速を実現している。ま・・・

ニュースを読む

日産自動車は1月12日、東京オートサロン2024で、今春に発売を予定している『アリアNISMO』を先行公開した。日産のスポーツパフォーマンスブランドであるNISMO(ニスモ)専用チュニングを施し、最高出力をベース車に比べ10%向上させた。

NISMOブランドを手掛ける日産モータースポーツ&カスタマイズの片桐隆夫社長は同日のプラスカンファレンスで「アリアNISMOはEVフラッグシップたるアリアの風格に、日産の長年培ったEVそしてモーター・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

たか

我慢してたけれど、我慢できずに乗り換えちゃいました笑 ekクロススペース...[ 続きを見る ]

運転志

2回目の給油

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

燃料警告灯とブザーが鳴るのは、推定走行可能距離が50km代まで減ってから...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針