BOSE ボーズ

カーライフニュース - BOSE ボーズ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ボーズ・オートモーティブ(Bose)は、2020年1月初旬に「CES 2020」開催に合わせ、米ラスベガス市内で『サウンド・ウィズ・ビジョン』と銘打ったカンファレンスを開催。一部の報道関係者にもその内容を体験する機会が提供された。

◆4台のクルマで最新のサウンドテクノロジーを体験

その内容は大きく二つの体験に分けて披露された。一つはボーズならではのサウンド体験で、もう一つは自動車を日常で使うためのコンセプトテクノロジーの体験だ。この・・・

ニュースを読む

マツダ3 新型のボーズサウンドを聴いた!…CES 2019

by 会田肇 on 2019年01月29日(火) 11時15分

ボーズはCES 2019で、同社が新型『マツダ3』向けに開発したサウンドシステムを公開した。システム構成が解説されるでなく、音を鳴らして試聴することもできた。その試聴インプレッションレポートをお届けする。

マツダ3に搭載されるオーディオシステムは、従来と同様、マツダコネクトとして組み込まれているが、モデルチェンジを機にシステムを一新。モニターは新開発の8.8型ワイドで、Apple 「CarPlay」とグーグル「Android Auto・・・

ニュースを読む

【音】車内に響く、さまざまな音。自動運転技術がこれからもどんどこ装着されて、アラームやコーションだらけになったら、いったいどうなるのだろう。考え始めると私は心配で夜も眠れない…わけではないが、でも、こうしたHMI(Human Machine Interface)は、早いうちに調整して基準なりなんなり、人にやさしく役立つ車内音にしていってもらいたいと願っている。

さて、音といえばBOSEである。BOSEの誇るノイズ・キャンセリング機能は・・・

ニュースを読む

ボーズは9月14日、マツダの新型クロスオーバーSUV『CX-8』に、ボーズ・サウンドシステムがオプション装備として採用されたことを発表した。

ボーズは、CX-8の3列すべてのシートで上質なサウンドが楽しめることを目指し、マツダと車両の設計段階からサウンドシステムを共同開発。「クラリティ」(明瞭で、澄んだ、歪みのない音)、「イメージング」(楽曲のもつすべての音の要素や、高音から低音までを正確に再生)、「パワー」(重低音のエネルギーを感じ・・・

ニュースを読む

ルノー・ジャポンは、2018年日本導入予定の新型SUV『カジャー』の発売に先立ち、専用設計のBOSEサウンドシステムと大型パノラミックルーフを装備した限定車「カジャー Bose」を8月31日から100台限定で発売する。

ルノー カジャーは、ダイナミックさと力強さ、情熱と洗練を感じさせるフレンチスタイルのデザインが特徴のCセグメントSUV。全長4455mm、全幅1835mmに対し、全高が1610mmと低くスポーティーなプロポーションなが・・・

ニュースを読む

自動運転技術など先進技術へ挑む日産の今を見られるのが日産グローバル本社ギャラリー内「ニッサン インテリジェント モビリティ」展示ゾーンだ。そこでは9月3日までボーズのヘッドレスト・スピーカー技術「Bose Awareシグナルステアリング・テクノロジー」を活かした先進技術「VPA」が体験できる。

「Bose Awareシグナルステアリング・テクノロジー」は、スピーカーをヘッドレストに組み込みんだもので、元々は音楽のパーソナライズ化を目指・・・

ニュースを読む

初のモデルチェンジとなったマツダ『CX-5』。新世代のSUVデザインに心ときめかせた人も多いと思うが、ナビを含めたAVシステムは国産車では数少ない専用システム「マツダコネクト」を採用する。その中で注目なのが「Boseサウンドシステム」だ。

◆車格を考えたら「Boseサウンドシステム」は欠かせない

CX-5はデザインの美しさもさることながら、その堂々たるプロポーションは、その存在感で間違いなく国産SUVのトップクラスに位置づけられる。・・・

ニュースを読む

ボーズは昨年11月に登場した最新の日産『スカイライン』に「ボーズ・パフォーマンス・シリーズ」を搭載した。これはスカイラインが2017年4月に誕生以来60周年を迎えることに合わせたもので、その記念イベント「スカイライン60th Limited×Bose」が2月18日まで、日産グローバル本社ギャラリー(横浜市)で開催中だ。

◆日本初の「ボーズ・パフォーマンス・シリーズ」搭載車はスカイライン

「ボーズ・パフォーマンス・シリーズ」は、海外で・・・

ニュースを読む

日産は、『スカイライン』2017年モデルに、ボーズの車載向けサウンドシステムの新ライン、『ボーズ・パフォーマンス・シリーズ』を搭載。それを記念して、ボーズと日産は共同で2月18日まで、横浜市の日産グローバール本社ギャラリーでサウンド体験デモを開催している。

パフォーマンス・シリーズとは、「新規カテゴリー。スカイラインのようなプレミアムラグジュアリーセグメントで、高いパフォーマンスを持っているクルマ向けに設計している」とは、ボーズ・オー・・・

ニュースを読む

ボーズと日産は、「スカイライン60th Limited × Bose イベント」を1月25日から2月18日まで日産グローバル本社ギャラリー(横浜市)で開催する。

共同イベントは、今年4月に生誕60周年を迎える『スカイライン』2017年モデルに車載向けサウンドシステム「ボーズ パフォーマンスシリーズ」が搭載されたことを記念して行うもの。

パフォーマンスシリーズは、走行性能と居住性の両面で優れた価値を備えるプレミアムパフォーマンスカーの・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

はたけ

MTミッション

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:はた***** さん
総合評価:

最初の冬に書き込みましたが、MTミッションの渋い事やギア鳴りの件です。 ...[ 続きを見る ]

れおぽんママ

デイズルークス

車種名:日産 デイズルークス
投稿ユーザー:れお***** さん
総合評価:

ラフェスタからデイズルークスへ乗り換え! 子供達もそこそこ大きくなり部活...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針