損保ジャパン

カーライフニュース - 損保ジャパン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

損保ジャパンは4月23日、シェアリングエコノミー業界初の被害者補償型保険となるスペースシェアリングプラットフォーマー専用保険をスペースマーケットと共同開発したと発表した。

ICTの進展や消費者意識の変化を背景に、さまざまなシェアリングサービスが浸透してきているが、利用にあたっては補償等による安心・安全の確保が求められている。しかし、保険会社は従来の枠組みの範囲で補償を提供していたため、シェアリングサービスにおける事業者や利用客のニーズ・・・

ニュースを読む

セガと損保ジャパン日本興亜が、シミュレーターで運転適性や運転能力を測定できるドライビングアナライザーを開発中だ。このほど体験できる機会を得た。ドライビングシミュレーターそのものは、いまや珍しくないが、やってみるとなかなか手強い存在だった。

アナライザーによる分析は、大きく2つのパートに分かれる。ひとつは運転脳年齢や認知機能を測定するパート。もうひとつは運転適性を測定するパートだ。

最初のパートは、音声と画面のルートガイドに従って街な・・・

ニュースを読む

ナビタイムジャパンと損保ジャパン日本興亜は10月9日、「子どもの見守りサービス」に関する実証実験を共同で実施すると発表した。

近年、子どもに対する誘拐や強制わいせつなどの犯罪増加が深刻な社会課題となっている。損保ジャパン日本興亜では、「子どもの見守り」に関する保険商品やサービスの研究を進めてきたが、今回、ナビタイムジャパンから「見守り協力者向けスマートフォンアプリ」の提供を受け、共同で「子どもの見守り」に関する実証実験を実施する。

・・・

ニュースを読む

マイボイスコムは、13回目となる「自動車保険」に関する調査を実施、その調査結果を発表した。

調査は8月1日〜5日にインターネットアンケートで実施し、1万224件の回答を得た。

調査結果によると、加入している自動車保険会社は「東京海上日動火災保険」(16.9%)がトップで、以下「損保ジャパン」「SBI損保」「あいおいニッセイ同和損保」「三井住友海上火災保険」が続く。過去調査と比べて、「SBI損保」は増加傾向、「三井ダイレクト損保」は減・・・

ニュースを読む

損害保険ジャパン日本興亜と損保ジャパン日本興亜リスクマネジメントは、企業向け安全運転支援サービス「スマイリングロード」を2014年度中に提供開始すると発表した。

新しいサービスは、ビッグデータ解析やテレマティクス技術などを活用した安心・安全を支援する先進的なサービス。損保ジャパン日本興亜の年間約140万件の自動車保険事故対応に関するノウハウとグループ会社である損保ジャパン日本興亜リスクが持つ企業向けの安全運転支援ノウハウに、先進技術を・・・

ニュースを読む

国内最大の損保会社「損保ジャパン日本興亜」が発足

by 編集部 on 2014年09月02日(火) 14時15分

損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が9月1日付けで合併し、損害保険会社単体としては収入保険料が国内最大となる「損保ジャパン日本興亜」が誕生した。

NKSJホールディングスは「損保ジャパン日本興亜ホールディングス」に、NKSJひまわり生命保険は「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社」にそれぞれ社名を変更した。

損保ジャパン日本興亜グループは、顧客の安心・安全・健康に資する高品質サービスを提供することで、「お客さま評価日本一」を・・・

ニュースを読む

損害保険ジャパンは、中国の大手自動車メーカーである上海汽車工業(集団)のグループ会社である上海汽車工業販売と提携し、中国全土で自動車整備事業に本格参入すると発表した。

損保ジャパンと上海汽車工業販売社は、中国上海市で、実験的に自動車整備工場を2年間運営するプロジェクトを実施し、その後、中国で自動車整備事業を本格展開するための合弁会社を設立する。

業務提携は、2016年7月末までの期間、試験プロジェクトに損保ジャパン、上海汽車工業販売・・・

ニュースを読む

損害保険ジャパンは、日本興亜損害保険と9月1日に合併し、「損害保険ジャパン日本興亜」となるのに伴って、9月以降、保険責任を開始する契約を対象に個人向け新商品を発売する。

新商品は、顧客ニーズに合わせた新たな補償やサービスを提供するとともに、商品ブランドの統一により、分かりやすい商品ラインアップの実現を目指すとしている。

損保ジャパン、日本興亜損保はこれまで自動車保険、火災保険などの保険商品ごとにブランド展開を行ってきた。顧客が分かり・・・

ニュースを読む

損害保険ジャパン、日本興亜損害保険は、顧客の保険に関する利便性の向上と顧客に安心を提供するため、スマートフォン用新アプリ「ほけんアプリ」を共同開発し、無料で提供を開始した。

「ほけんアプリ」は「安心とつながろう〜いつもともしもの家族の安心〜」をコンセプトに、代理店連絡や事故・トラブル連絡、契約一覧など、保険に関する情報をまとめて携帯できる。

契約情報をいつでも確認でき、どこでも代理店や保険会社に連絡できるようにすることで、顧客の利便・・・

ニュースを読む

【東京モーターショー13】オフィシャルスポンサー決定

by 纐纈敏也@DAYS on 2013年09月09日(月) 20時15分

日本自動車工業会は9月9日、第43回東京モーターショー2013に協賛するオフィシャルスポンサー5社(9月9日現在)を発表した。

オフィシャルスポンサーは、ブリヂストン、住友ゴム工業(ダンロップ)、損害保険ジャパン/日本興亜損害保険、タカラトミー、ルフトハンザグループの5社。

ブリヂストンはプレスセンターに協賛。住友ゴム工業は主催者テーマ事業「SMART MOBILITY CITY 2013」で「次世代自動車とそれを取り巻く社会システ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

いく

シートヒーター

車種名:ミニ 3DOOR
投稿ユーザー:いく***** さん
総合評価:

D営業担当さんがシートヒーター付きは温かくて、 他乗れないって言ってたの...[ 続きを見る ]

スズ(_ _)

AWDモデルについて

車種名:スズキ キザシ
投稿ユーザー:スズ***** さん
総合評価:

キザシの魅力、AWDモデルの機能についても掘り下げます。 燃費に付いて、...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針