ハーレーダビッドソン

カーライフニュース - ハーレーダビッドソン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日本自動車輸入組合(JAIA)は1月9日、2019年(1〜12月)の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年比2.1%増の2万0820台、3年ぶりに前年実績を上回った。

シェアトップのハーレーダビッドソンは同1.6%減の8790台で、6年連続のマイナス。シェアも同1.6ポイントダウンの42.2%。10年連続の減少となった。

2位のBMWは同0.6%増の5007台で2年ぶりのプラスとなったが、シェアは同0.4ポイントダウンの24.0%。・・・

ニュースを読む

国内最大級のカスタムの祭典「ホットロッドカスタムショー2019」(28th Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2019)が12月1日、今年もパシフィコ横浜にて開催され、わずか1日で1万9000人ものファンを集めた。

バイク650台、クルマ300台、ベンダーブース330枠、そして118ものアワードが用意され、今年も大盛況。世界からの注目度が高いことでも知られるこのイベント。日本のカスタムシーンを見よ・・・

ニュースを読む

ハーレーダビッドソン ジャパンは12月6日、『トライグライドウルトラ』などトライクモデル3車種について、ABSモジュールに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『トライグライドウルトラ』、『フリーウィーラー』、『CVOトライグライド』の3車種で、2018年7月11日から2019年10月28日に製造された498台。

対象車両は、トラクションコントロールシステムにて、ABSモジュールのプ・・・

ニュースを読む

ハーレーダビッドソンジャパンは、12月1日にパシフィコ横浜で開催する「第28回ヨコハマ・ホット・ロッド・カスタムショー2019」に歴代『ローライダー』シリーズ3モデルを展示すると発表した。

ブースでは、2020年モデルの最新「ローライダーS」、Low & Longをコンセプトに純正パーツとアクセサリーを装着して特別カスタムを施した2020年モデル「ローライダー」、伝説のデザイナーウィリー G.デビッドソンが生み出した1977年モデルの・・・

ニュースを読む

ハーレーダビッドソンは、11月5日にイタリアで開幕した「ミラノモーターサイクルショー2019」(EICMA 2019)にて、初のアドベンチャーツーリングモデル『PAN AMERICA』とストリートファイターモデル『BRONX』のプロトタイプを初公開した。

PAN AMERICAは過酷な環境をものともしない耐久性を持つ「冒険家」のための二輪マルチツール。BRONXはミドル級のストリートファイターモデルでありながら妥協のない卓越したパフォ・・・

ニュースを読む

日本自動車輸入組合(JAIA)は10月4日、2019年度上半期(4〜9月)の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年同期比2.1%増の1万1560台で、2年ぶりに前年を上回った。

ブランド別ではハーレーが同1.0%減の4748台で2年連続のマイナス。シェアは41.4%で前年から1.3ポイントダウン、2010年の統計開始以来過去最低となった。2位のBMWは同1.1%減の2634台で、3年連続のマイナス。シェアは0.7ポイントダウンの22.・・・

ニュースを読む

ハーレーダビッドソンは、世界No.1カスタムビルダーを決めるコンテスト「バトル・オブ・ザ・キングス(BOTK)」の一般WEB投票を9月2日より開始した。

BOTKは、世界中で開催されるハーレーダビッドソンのカスタムの腕を競うディーラーコンテスト。純正パーツを50%以上使用し、実際に購入・公道走行可能なカスタムであることを条件に、世界各国のハーレーダビッドソン正規ディーラーメカニックたちが、技術力、想像力を駆使し、他に類を見ないハーレー・・・

ニュースを読む

ハーレーダビッドソンジャパンは、8月21日に米国で初公開した「ソフテイル」ファミリーの新モデル『ローライダーS』をはじめとする、2020年モデルのモーターサイクルとトライク全32モデルについて、8月22日から予約受注を開始すると発表した。

新型ローライダーSは、国内では11モデル目となるソフテイルファミリー。ソフテイルのシャーシに、「Milwaukee-Eight 114」エンジンを搭載する。プレミアムサスペンションコンポーネントはア・・・

ニュースを読む

ハーレー初の電動バイク『LliveWire(ライブワイヤー)』は、おそらくは電動スポーツバイクとしては世界初の量産市販車である。ついにそういう時代に突入したのだ。

◆ガソリンバイクと変わらない感覚で乗りこなせる

一番の特徴はパワーユニットだろう。車体のど真ん中、まさにコア部分にアルミフレームでサンドイッチされる形で15.5kWhの高電圧バッテリー(リチウムイオン電池)を搭載。これを保護するアルミ製ハウジングは車体を支える強度メンバー・・・

ニュースを読む

【鈴鹿8耐】休憩スポットにも利用できるハーレーブース

by 先川知香 on 2019年07月28日(日) 14時07分

「“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会」に、ハーレーダビッドソンがブースを出展した。750ccから1800cc越えまで幅広い排気量の大型バイクを取りそろえるハーレーファミリーの中でも、人気を誇るソフテイルファミリーを展示。

特別コンテンツとして、実際にエンジンをかけることができる「ジャンプスタート」も用意されており、ギアを入れるなどの操作をしながらバイクに乗っている臨場感を味わうことができる。

また、ブース内に設置・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiloichi

まさに人馬一体!

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:hil***** さん
総合評価:

2シーターのスポーツカーという性質上、どうしても載せられる荷物の量は限ら...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算41回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算41回目)を1/18に行いました。前回の給油から576.0km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針