新日鉄住金

カーライフニュース - 新日鉄住金

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

新日鉄住金は1月10日、1310MPa級高張力冷延鋼板(1310MPaハイテン)を使った車体構造用冷間プレス部品をマツダと共同で開発し、マツダの新型『マツダ3』に世界で初めて採用されたと発表した。

1310MPaハイテンはこれまで、自動車用バンパーに採用されたケースはあるが、強度が高過ぎてプレス成形が困難なため、より複雑な形状を持つ車体構造部品への実用化は1180MPaハイテンが最高だった。

新日鉄住金は、プレス成形時に発生する割れ・・・

ニュースを読む

新日鐵住金(以下、新日鉄住金)は、1月16日から18日まで東京ビッグサイトで開催される「第11回オートモーティブワールド」に、同社として初めて出展する。

同社は「EV・HEV駆動システム技術展」にて、「使命。クルマの未来を、デザインする。」をメインコンセプトに、素材としての鉄の提供にとどまらない、次世代自動車の開発そのものへの提案を展示する。具体的には、鉄を主体としたマルチマテリアル化を追求し、設計・加工も進化させた、未来のクルマに求・・・

ニュースを読む

次世代自動車向け構造コンセプト---鋼板でも30%軽量化 新日鉄住金

by レスポンス編集部 on 2019年01月09日(水) 16時30分

新日鉄住金は1月9日、次世代自動車に求められる性能を想定し、先進的な素材開発に加え、最大限に素材性能を引き出すための部品構造、その構造を具現化する加工技術を組み合わせた次世代自動車構造コンセプト「NSafe-オートコンセプト」を構築したと発表した。

コンセプトでは、各部材の機能を高めることで、軽量化ソリューションを中心に、燃費や電費性能から衝突安全性能、走行性能、音振動・静粛性能まで、自動車全体の付加価値向上策を提案するもの。

NS・・・

ニュースを読む

大原学園の自動車工科専門学校大分校が竣工、大分県初の自動車整備学校

by レスポンス編集部 on 2018年09月06日(木) 10時00分

新日鉄住金エンジニアリングは、学校法人大原学園(大分県大分市)から受注した「大原学園大分校自動車整備実習棟」の建設工事を竣工し、引渡した。

施設は、2019年4月に大原自動車工科専門学校大分校として開校するため、認可を申請中で、大分県内初の自動車整備専門学校となる。

建物は、鉄骨造地上2階建てで、延床面積約1340平方メートル。1階に自動車整備実習室、2階に教室と更衣室を配置する。

施設の建築構造躯体には、新日鉄住金エンジニアリン・・・

ニュースを読む

ホンダのタイの二輪車製造拠点にコジェネによるエネルギー供給を開始

by レスポンス編集部 on 2018年09月05日(水) 09時00分

新日鉄住金エンジニアリングと大阪ガスが共同出資するタイ現地法人NS-OGエナジーソリューションズ・タイランド(NSET)は、ホンダのタイの二輪車製造拠点向けにエネルギー供給を開始したと発表した。

NSETは、ホンダグループのタイ・ホンダ・マニュファクチャリング向けオンサイトエネルギー供給プロジェクトを竣工した。プロジェクトは、ガスエンジンによる発電後の排熱から蒸気・温水の両方を回収し、電熱供給する高効率コージェネレーションシステムと、・・・

ニュースを読む

日産自動車は6月18日、新日鐵住金と共同開発した高成形性980MPa級超ハイテン材(冷間プレス用超高張力鋼板)を、米国で発売したインフィニティ『QX50』の車体骨格部材として世界初適用、今後、採用拡大すると発表した。

高成形性980MPa超ハイテン材は、自動車用鋼板として多く使用されている従来の590MPaハイテン材の強度や成形性を高めた、第2世代の高張力鋼板。これまでも980MPa級ハイテン板はあったが、成形性の制約から適用される部・・・

ニュースを読む

新日鉄住金が社名変更、戦前の「日本製鉄」が復活

by レスポンス編集部 on 2018年05月16日(水) 17時33分

新日鉄住金は、2019年4月1日付けで社名を「日本製鉄」に変更すると発表した。

同社は2012年10月に新日本製鉄と住友金属工業が経営統合し、社名を「新日鉄住金」とした。同社では米州、欧州、中国、東南アジア、インドなど、世界各地での事業展開を推進しているが、日本発祥の製鉄会社として未来に向けて世界で成長を続ける企業にふさわしい、包摂的で新たな社名として日本製鉄に変更する。

同社は経営統合した住友金属工業に配慮して社名に「住金」を残し・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2017年8月24日付

●AIで観光渋滞緩和、国交省、秋から社会実験(読売・1面)

●新エネ車生産中国がノルマ、18年にも新規制検討、日系メーカーに逆風(読売・9面)

●トヨタと鉄鋼各社鋼材値下げで合意、1年半ぶり(読売・9面)

●南ア・・・

ニュースを読む

ホンダ CBR1000RR SP、新日鉄住金のチタン薄板を燃料タンクに採用

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年04月19日(水) 17時00分

新日鉄住金は、同社のチタン薄板がホンダの大型スポーツバイク最新モデル『CBR1000RR SP』の燃料タンク素材として採用されたと発表した。

CBR1000RR SPは、ホンダのスポーツバイク「CBRシリーズ」の最上位モデルとして、徹底した軽量化を図られた最新機種。公道用量産車での燃料タンク本体へのチタン採用は、今回が世界初となる。

今回の燃料タンクにおけるチタン薄板の採用は、新日鉄住金製純チタン1種材(TP270C)の優れた性質が・・・

ニュースを読む

新日鉄住金は4月11日、中大型商用車向けの永久磁石式補助ブレーキ装置「リターダ」が、「2017年度 文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)」を受賞したと発表した。

同賞は科学技術に関する開発、理解増進等において顕著な成果を収めたものの功績を讃える賞で、新日鉄住金は2007年度から11年連続での受賞となる。

中大型商用車が満載状態で長い下り坂を走行する際には、フットブレーキを多用する場合があり、制動力低下が課題となっていた。同社は、・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hayabusa

スバル製造最終型を新車で購入してもうすぐ十年、見たくれ使い方と好みはある...[ 続きを見る ]

sinn

W247 AMGラインフル装備

車種名:メルセデスベンツ Bクラス
投稿ユーザー:sin***** さん
総合評価:

街乗りは、車重が1.5トン、排気量が1332のM282エンジン、10km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針