アウディ Q3

カーライフニュース - アウディ Q3

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

アウディジャパンは10月8日、『Q3 35 TDIクワトロ』および『RS Q3』の燃料メーターが誤表示となるおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2020年10月13日〜2021年3月19日に輸入され1323台。

対象車両は第2燃料タンクに取り付けられている燃料ゲージセンサー付きサクションジェットポンプにおいて、燃料ラインと燃料ゲージセンサーの間隔が不適切なため、燃料ゲージセンサーが燃料ラ・・・

ニュースを読む

◆大人4人乗車するも窮屈さ感じず

かつての欧州ブランドは、高重心のSUVに消極的だったが、2000年以降は走りの技術も向上して選択肢を充実させている。

アウディの場合、以前の『Q3』はファミリーで使うには小さく(後席の広さは『Q2』と同程度だった)、『Q5』では大柄に感じた。少々選びにくいラインナップだったが、Q3が現行型にフルモデルチェンジされ、ボディを少し拡大したからファミリーユーザーにも使いやすくなった。


現行Q3はSUV・・・

ニュースを読む

◆アウディに無くてはならない5気筒エンジン

昨年後半から今年にかけてアウディのモデル投入攻勢が凄い。ざっと数えてみただけでも昨年9月から今までに10車種以上のニューモデルもしくは追加モデルが発売されている。

そんな中、昨年12月に発売となった『RS Q3スポーツバック』に試乗した。この試乗会は主としてRSモデルを中心に集めた試乗会で、数あるモデル(昨年から今年にかけて発売されたもの)の中から乗りたいものをチョイスして2台選べるという・・・

ニュースを読む

アウディは12月17日、『Q3スポーツバック』(Audi Q3 Sportback)のプラグインハイブリッド車(PHV)、「45 TFSI e」の予約受注を2021年1月、欧州で開始すると発表した。ドイツ本国でのベース価格は、4万7400ユーロ(約598万円)だ。

アウディは、電動化戦略を加速中だ。すでに欧州では、『A6』、『A7スポーツバック』、『A8』、『Q5』、『Q7』などにPHVをラインナップした。コンパクトカークラスでは、新・・・

ニュースを読む

アウディは12月17日、新型『Q3』(Audi Q3)のプラグインハイブリッド車(PHV)、「45 TFSI e」の予約受注を2021年1月、欧州で開始すると発表した。ドイツ本国でのベース価格は、4万6000ユーロ(約580万円)だ。

アウディは、電動化戦略を加速している。すでに欧州では、『A6』、『A7スポーツバック』、『A8』、『Q5』、『Q7』などにPHVをラインナップした。新型『A3スポーツバック』に続いて新型Q3にも、最新の・・・

ニュースを読む

アウディ ジャパンは、今年7月にフルモデルチェンジしたコンパクトSUV『Q3』シリーズの高性能モデル『RS Q3』『RS Q3スポーツバック』を12月8日より発売する。

RS Q3/RS Q3スポーツバックは、Q3シリーズの頂点に位置する高性能モデル。オールアルミ製の2.5リットル直列5気筒直噴ターボエンジンは最高出力400ps、最大トルク480Nmを発揮する。7速Sトロニックとともに組み合わされるクワトロ四輪駆動システムは、コンパク・・・

ニュースを読む

◆日本の道路事情にはちょうど良いサイズ

このクルマの試乗は箱根で開催された試乗会の時のもの。同時に新しいスポーツバックにも試乗した。スポーツバックの方はクワトロで、しかも搭載エンジンはTDIだった。だから、通常の『Q3』は、ガソリンエンジンとFWDという組み合わせで乗った。

このQ3というクルマ、全長4490×全幅1840全高1610mmというサイズを持つ。結構大きいのではという印象も持つが、今となってはこれはコンパクトな部類。だか・・・

ニュースを読む

アウディの新型プレミアムコンパクトSUV『Q3』が8年ぶりにフルモデルチェンジ。内外装デザインの刷新だけでなく、クリーンディーゼル搭載モデルも合わせて追加が行われた。

◆ホイールベース拡大の恩恵


アウディのSUVラインナップ「Qファミリー」専用のオクタゴンシングルフレームグリルをQ3にも採用し、大きな開口部を持つエアインレットや、シャープなデザインが特徴的なデイタイムランニングライト付きLEDヘッドライトを装備している。ボディサイ・・・

ニュースを読む

8年ぶりのフルモデルチェンジを受けたアウディ『Q3』の登場に合わせ、新たに『Q3スポーツバック』が登場した。ボディサイズは、全長4500(Sラインは4520)×全高1565×全幅1840mm でホイールベースが2680mm。Q3と比較すると全長+10mm(Sラインは+25mm)、全高-45mmというクーペスタイルが特徴だ。

アウディのSUVラインである「Qファミリー」やQ3同様に、オクタゴンシングルフレームグリルを装備。スリークなデザ・・・

ニュースを読む

◆「ベンテイガ風」のドッシリ感?

意外なことだが、新旧『Q3』のボディサイズは大差なく、新型は全長+50mm、全幅+10mm、全高+15mmといった程度。ホイールベースは+75mmでそのせいかドッシリとして見える。

ごく個人的な感想として「ベントレー・ベイテンガ風」と口走って、試乗会場で関係者からは失笑をかった。

前後のフェンダーを囲うようにキックアップしたプレスラインが『ベイテンガ』を連想させたのだが、もちろんアウディ的には上級・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

小春日和

11年前の新車を購入

車種名:トヨタ プリウス
投稿ユーザー:小春***** さん
総合評価:

まだまだ現役です。 子供が巣立ってミニバンを卒業。 アクアラインを良く使...[ 続きを見る ]

ヒロ

燃費良い

車種名:ダイハツ タント
投稿ユーザー:ヒロ***** さん
総合評価:

夏場で23キロ、冬場で19キロ前後走ります。 ミライースだったら軽いので...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針