広州モーターショー

カーライフニュース - 広州モーターショー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BASF×GAC R&Dセンター、超小型EVモビリティ3台を共同開発

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年12月19日(水) 11時15分

独BASFは11月17日、中国・広州汽車の研究開発部門「GAC R&Dセンター」と共同開発した2人乗りの電気自動車(EV)コンセプトカー3台を「広州モーターショー2018」で発表した。

コンセプトカー3台は、BASFのさまざまな素材やソリューションを採用。高齢者、女性など幅広いドライバーのニーズに応えるとともに、世界中の都市部で急速に広がりを見せるカーシェアリングにも対応する。また、BASFとGAC R&Dセンターが共同開発した車体用・・・

ニュースを読む

ホンダ(Honda)と広州汽車の中国合弁、広汽ホンダは、広州モーターショー2018において、広州汽車の独自ブランド「GAC」によるプラグインハイブリッド車(PHEV)『世鋭』を発表した。

世鋭は、広州汽車の独自ブランド「GAC」の主力SUV、『GS4 PHEV』のOEMバージョンだ。GACの車両販売チャネル(広汽新能源)を通じて販売される。中国政府は外資規制の緩和の一方で、海外メーカーには2019年1月から、一定量の新エネルギー車(E・・・

ニュースを読む

三菱自動車(Mitsubishi Motors)と広州汽車の中国合弁、広汽三菱は広州モーターショー2018において、新型SUVの『祺智(チーツー)EV』を発表した。

広汽三菱は2018年3月、現地生産の新型EVで、プラグインハイブリッドEV(PHEV)の『祺智』の販売を開始した。広州モーターショー2018で発表された祺智EVは、PHEVの祺智のパワートレインをEV化したモデルとなる。ボディサイズは全長4337mm、全幅1825mm、全・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は広州モーターショー2018において、新型『アバロン』の中国仕様車を初公開し、同車を2019年3月、中国市場に投入すると発表した。

アバロンは、もともと米国におけるトヨタブランドの最上級セダンだ。初代は1994年に登場し、日本にも1995年に逆輸入車として導入された。2000年には、2代目にモデルチェンジし、日本市場では『プロナード』の車名で販売された。

トヨタは2018年1月、デトロイトモーターショー2018において、・・・

ニュースを読む

ホンダと東風汽車の中国合弁、東風ホンダは、広州モーターショー2018において、コンセプトカーの『ENVIX』(Honda Envix。中国名:享域)を初公開した。

ENVIXは2019年上半期(1〜6月)に、中国市場で発売される予定の新型セダンだ。広州モーターショー2018には、コンセプトカーとして初公開されたが、ほぼこのままの姿で市販される。

ENVIXは、東風ホンダの最上級セダンで、2018年10月に中国で発売された新型『インス・・・

ニュースを読む

三菱自動車と広州汽車の中国合弁、広汽三菱は広州モーターショー2018において、『エクリプスクロス』(中国名:奕歌)を中国市場で発売した。

中国向けのエクリプスクロスは、三菱自動車、広州汽車、三菱商事の3社による車両生産・販売合弁会社の広汽三菱が、10月から現地生産を開始している。

エクリプスクロスは、スタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合させた三菱自動車のクーペSUVだ。個性的なデザインや4WD技術による・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は、広州モーターショー2018において、電動化戦略を推進すると発表した。

フォルクスワーゲングループと中国の合弁パートナーは2019年、40億ユーロ以上を投資する計画だ。電動化、コネクティビティ、モビリティサービス、デジタル化、研究開発、効率的な生産工程、新製品の開発などの面で、変革のペースを維持することを目指す。

今後2年間で、フォルクスワーゲングループは中国で最大のN・・・

ニュースを読む

マツダの中国現地法人、マツダチャイナは広州モーターショー2018において、『CX-4』(Mazda CX-4)の新グレード、「ブルースカイスポーツ」を初公開した。

CX-4は2016年4月、中国で開催された北京モーターショー2016で発表された新型クロスオーバーSUVだ。SKYACTIV(スカイアクティブ)技術と、魂動(こどう)デザインを全面的に採用したマツダ新世代モデルとなる。販売は好調で、2016年夏に中国市場へ投入以来、累計15・・・

ニュースを読む

ホンダの中国部門は、広州モーターショー2018において、ホンダ『Eモビリティコンセプト』(Honda E-Mobility Concept)を初公開した。

Eモビリティコンセプトは、ホンダが中国市場向けの電動スクーターを提案したコンセプトモデルとなる。ホンダは、Eモビリティコンセプトをベースにした市販モデルを、2018年末に公式発表する予定だ。

Eモビリティコンセプトには、走行ルートを正確に把握するGPSシステムを搭載する。モーター・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車(Toyota)の中国部門は、広州モーターショー2018において、2018年の中国における新車販売台数が140万台を超えるとの見通しを発表した。

トヨタは2018年2月、2018年の中国販売目標を前年比9%増の140万台に設定していた。しかし、生産能力などの面から、この目標の達成は困難との見方もあった。

トヨタの中国における新車販売はここ数年、緩やかな成長を続けてきた。2015年は112万台、2016年は121万台、20・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

moo

なかなか走ります!

車種名:ダイハツ ハイゼットトラック
投稿ユーザー:moo***** さん
総合評価:

ハイゼットジャンボ、リクライニングが出来、腰がだいぶ楽です。エンジンはツ...[ 続きを見る ]

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針