ヒュンダイ

カーライフニュース - ヒュンダイ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

韓国ヒュンダイのコンパクト・ハッチバック、『ベロスター』に設定されるハードコアモデル『ベロスター RM19』プロトタイプを、フルヌード姿で初めて捉えた。

RMシリーズは「ベロスター」をベースに、同社のハイパフォーマンス部門が手掛けた高性能モデルで、車名のRM19は、「レーシング・ミッドシップ2019」を意味している。ベロスターがFFであるのに対し、エンジンをミッドシップにマウントした後輪駆動が特徴だ。

2016年にもフルカモフラージ・・・

ニュースを読む

韓国ジェネシス初のクロスオーバーSUV、『GV80』市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

ジェネシスは、元々ヒュンダイのモデルとして存在していたが、2015年、世界市場でレクサスと戦うべく高級車ブランドとして独立した。しかし新型を続々と投入するレクサスに比べ、思うように開発が進まず、販売不振が長期化している。

そこで起死回生の一手として期待されているのが、ブランド初のクロスオーバーSUVであり、ライバルをレクサス『RX』とする・・・

ニュースを読む

24日、来年のWRC日本戦開催を目指し活動中の「WRC世界ラリー選手権日本ラウンド招致準備委員会」は、今年11月に開催するテストイベント「セントラル・ラリー愛知/岐阜2019」にWRCトップカテゴリーを戦う2台のワークスマシンの参戦が決まったと発表した。

11月7〜10日(競技は9〜10日)に予定されている「セントラル・ラリー愛知/岐阜2019」は、「Rally Japan 2020」(WRC日本戦)の開催に向けて、運営に関わる組織や・・・

ニュースを読む

韓国ヒュンダイが誇るベストセラー・ハッチバック『i20』に設定されるハードコアモデル、『i20N』開発車両をカメラが初めて捉えた。

「N」は、2015年に同ブランドが立ち上げた高性能ブランドで、2017年に第一弾として『i30N』を発表しており、i20Nは第2弾となる。

i20は、2016年に世界累計販売100万台を達成し、2018年4月にフェイスリフトを受けている。捉えたプロトタイプはこの改良新型をベースとしたテストミュールだが、・・・

ニュースを読む

世界ラリー選手権(WRC)第5戦アルゼンチンが現地28日に競技日程を終了、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが優勝を飾った。2位にアンドレアス・ミケルセンが続き、ヒュンダイは全陣営を通じて今季初の1-2フィニッシュ。トヨタ勢ではクリス・ミークの4位が最高だった。

WRCは4月下旬〜5月前半にかけて南米2連戦だ。今回のアルゼンチン戦と、WRC初昇格になる次戦チリがカレンダー上で中1週という実質2連戦のスケジュールで開催される。まずはコルド・・・

ニュースを読む

世界ラリー選手権(WRC)第4戦ツール・ド・コルスが3月31日にフィニッシュし、フォード・フィエスタWRCを駆って首位を走っていたエルフィン・エバンスが最終ステージでパンクしてしまい後退、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)が逆転優勝した。トヨタ勢は6位が最高。

伝統のイベント名「ツール・ド・コルス」で知られるフランス戦は、コルシカ島を舞台にしたターマック(舗装路)ラリーだ。その最終ステージにドラマが待っていた。11.5秒リードの首位で・・・

ニュースを読む

ヒュンダイモーター(Hyundai Motor、現代自動車)は1月24日、2018年通期(1〜12月)の連結決算(傘下のキアモーターズを含む)を発表した。

同社の発表によると、売上高は97兆2520億ウォン(約9兆5310億円)。前年の96兆3760億ウォンに対して、0.9%増えた。

一方、2018年通期の営業利益は、2兆4220億ウォン(約2375億円)。前年の4兆5750億ウォンに対して47%減と、6年連続の減益となっている。
・・・

ニュースを読む

ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)グループは1月21日、「マルチコリジョンエアバッグシステム」を開発した、と発表した。世界初のエアバッグ、としている。

マルチコリジョンとは、多重衝突事故だ。米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)の調査によると、米国での10件の事故のうちの3件は、最初の衝突の後に車両が木や電柱、その他の車両に衝突する二次衝突を起こしていた。

ヒュンダイのマルチコリジョンエアバッグシステムは、多重衝突事・・・

ニュースを読む

ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は1月17日、ハイブリッドセダン、『アイオニック』(Hyundai Ioniq)の改良新型を発表した。

アイオニックは2016年1月に発表された。ヒュンダイが開発した新型ハイブリッドセダンで、プリウス同様の5ドアハッチバックのボディデザインなどから、“トヨタ『プリウス』ハンター”と称されてきたモデルだ。

今回、アイオニックがデビューから3年を経て、初の本格改良を受けた。内外装がアップ・・・

ニュースを読む

北米カーオブザイヤー主催団体は1月14日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2019において、「2019北米カーオブザイヤー」など3賞を発表した。

北米カーオブザイヤーとSUVオブザイヤーは、米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出するもの。

2019北米カーオブザイヤーのファイナリスト3車種は、以下の通り。

●ホンダ・インサイト
●ボルボS60・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たか

低燃費タイヤとの相性はかなり良いと思います。 大分以前ですが、E36の3...[ 続きを見る ]

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針