経済産業省

カーライフニュース - 経済産業省

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

経済産業省は、規制のサンドボックス制度に新たに4件の実証計画を認定したと発表した。

規制のサンドボックス制度は、参加者や期間を限定することで、既存の規制の適用を受けることなく、新しい技術を実証できる環境を整えることで、迅速な実証を可能とするとともに、実証で得られた情報・資料を活用できるようにして、規制改革を推進するもの。

今回、経済産業省案件として電動キックボードのシェアリング実証2件、ハイブリッドバイクの公道走行実証、キャンピング・・・

ニュースを読む

中型自動運転バスの実証実験を実施するバス業者5社を決定

by レスポンス編集部 on 2019年10月17日(木) 15時15分

経済産業省と国土交通省は、交通事故削減や高齢者の移動手段の確保に活用できる中型自動運転バスの実証実験を実施するバス運行事業者を選定した(16日発表)。

自動運転は、交通事故削減や高齢者の移動手段の確保につながることから早期の実用化が期待されており、政府は2020年までの限定地域での無人自動運転移動サービスの実現を目標に掲げている。

経済産業省と国土交通省は、産業技術総合研究所(産総研)に「高度な自動走行システムの社会実装に向けた研究・・・

ニュースを読む

営業停止のSS拠点688カ所 台風19号

by レスポンス編集部 on 2019年10月15日(火) 10時04分

経済産業省が発表した10月14日15時時点での台風19号による被害状況によると、北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力の各管内で約7万7630戸で停電している。

サービスステーション(SS)は、情報収集中だが1都14県に所在する元売系列のSS約9600カ所のうち、現時点で確認できた冠水や停電などで営業停止しているSS数は688カ所に及んでいる。内訳は、岩手県10カ所、宮城県34カ所、福島県37カ所、茨城県63カ所、栃木県41カ所、群・・・

ニュースを読む

日米貿易協定が最終合意、自動車・自動車部品は継続協議

by レスポンス編集部 on 2019年09月26日(木) 20時45分

経済産業省は9月26日、日米貿易協定が合意したと発表した。

米国が日本の自動車・自動車部品に課している関税については「更なる交渉による関税撤廃」として、具体的な関税撤廃期間や原産地規則は協定に規定せず、継続協議することとなった。

また、交渉中は、米通商拡大法232条に基づく日本からの輸入車への追加関税を課さないことを確認した。輸入車の数量制限や、輸出自主規制などの措置を課すことはないことも閣僚間で確認した。・・・

ニュースを読む

燃料電池の技術開発を促進する「開発戦略」を策定 経産省

by レスポンス編集部 on 2019年09月23日(月) 09時30分

経済産業省は「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を改訂し、分野ごとに掲げる目標の達成に向けて具体的な技術開発事項を定める「水素・燃料電池戦略技術開発戦略」を策定した(18日発表)。

経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2019年6月に「水素・燃料電池プロジェクト評価・課題共有ウィーク」を開催し、NEDOが実施する研究開発事業の評価、ユーザー側のニーズ提示、新たなシーズを発掘するなど、産学官全体に渡る技術開発の活・・・

ニュースを読む

新しいモビリティサービス創出に向けてアイデアソン 10月19-20日

by レスポンス編集部 on 2019年09月17日(火) 14時30分

経済産業省は、京都市と連携し、10月19、20日に、新たなモビリティ関連サービスに関する「アイデアソン」を京都市内で開催する。

アイデアソンはさまざまな人が集まってテーマに関してアイデアを出し合い議論するイベント。

経済産業省は4月に、新しいモビリティサービスの社会実装を通じた移動課題の解決や地域活性化に挑戦する地域や企業を応援する新プロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」を開始している。

今回、プロジェクトの一貫としてさまざ・・・

ニュースを読む

MaaSの地域実装を促進、全国各地でスマートモビリティシンポジウムを開催

by レスポンス編集部 on 2019年09月17日(火) 13時30分

経済産業省と国土交通省は、MaaS(モビリティアズアサービス)の地域実装を加速するため、スマートモビリティチャレンジの地域シンポジウムを全国各地で開催する。

経済産業省と国土交通省は、4月から新しいモビリティサービスの社会実装を通じた移動課題の解決や、地域活性化に取り組む地域や企業を応援する新プロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」を開始した。この一環として先駆的に新しいモビリティサービスの社会実装に取り組む地域・事業の提案を5月・・・

ニュースを読む

千葉県内のガソリンスタンド、約120カ所が営業停止 台風15号

by レスポンス編集部 on 2019年09月12日(木) 17時15分

経済産業省は、台風15号の影響で停電が続く千葉県で、石油元売会社系列の県内のガソリンスタンド約900カ所のうち、12日10時時点で営業しているのは約780カ所にとどまると発表した。

電力の復旧状況により、ガソリンスタンドの営業状況は市町村ごとに差があり、横芝光町、君津市、八街市、富里市、佐倉市、富津市、鴨川市などの市町村は、多くのガソリンスタンドが営業を停止している。

経済産業省は、停電時にも、非常用電源が稼働し、燃料を供給できる「・・・

ニュースを読む

スマートシティの取り組みを官民連携で加速するための「スマートシティ官民連携プラットフォーム」が始動した。

政府が6月に閣議決定した「統合イノベーション戦略2019」に基づいて内閣府、総務省、経済産業省、国土交通省は、スマートシティの取り組みを官民連携で加速するため「スマートシティ官民連携プラットフォーム」を設立した。今後、企業、大学・研究機関、地方公共団体、関係府省など、合計473団体で構成するプラットフォームを軸に、官民が一体となっ・・・

ニュースを読む

経済産業省は、自動車運転中、スマートフォンに専用マイクを接続し、IP無線を利用して通話する場合、道路交通法違反に当たらないと、「グレーゾーン解消制度」を通じて警察庁が回答したと発表した(7月31日)。

自動車運転中の携帯電話の使用は道路交通法で禁止されているが、スマートフォンに専用のマイクを接続することで、IP無線を利用して通話するサービスの提供が計画されている。

携帯電話を受信する際には、接続されたマイクから音声が流れ、接続された・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たか

低燃費タイヤとの相性はかなり良いと思います。 大分以前ですが、E36の3...[ 続きを見る ]

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針