キア シード

カーライフニュース - キア シード

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

キアの欧州Cセグメントモデル『シード』をベースとする新型クロスオーバーSUVの開発車両を、カメラが初めて捉えた。キアは2018年に入り、シードの「ハッチバック」「ワゴン」「シューティングブレーク」を発表しており、SUVは同ファミリー第4弾となる。

捉えたプロトタイプは、ガッチリと前後をガードしデザインのディテールは不明だ。しかしリフトアップされたボディに、シード新型と同じヘッドライトユニットが見て取れる。フロントエンドは、同ファミリー・・・

ニュースを読む

キアの美しすぎるシューティングブレーク、市販モデルの実現度は?

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年05月23日(水) 15時00分

韓国キアが、2017年のフランクフルトモーターショーで初公開した『プロシードコンセプト』がいよいよ市販化されることが確実となった。流麗なボディシルエットがどこまで市販モデルに反映されるか注目される。

プロシードコンセプトは、ワゴンタイプながらクーペのようなスタイルを持ち、スピード感のあるボディラインを特徴とするシューティングブレークだ。公開当初は、市販化はないと見られていたが、遂に開発車両を捉えた。

フルカモフラージュのためデザイン・・・

ニュースを読む

韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018で初公開する新型『シード』に、キア初のレベル2の自動運転システムを設定すると発表した。

『シード』は、キアモーターズの欧州市場における主力コンパクトカー。2012年春、ジュネーブモーターショー2012で発表された現行型は、2世代目モデル。激戦区の欧州Cセグメントに投入された。親会社のヒュンダイ『i30』のプラットホームをベースに、開・・・

ニュースを読む

韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は2月15日、新型『シード』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー2018において、初公開される。

『シード』は、キアモーターズの欧州市場における主力コンパクトカー。2012年春、ジュネーブモーターショー2012で発表された現行型は、2世代目モデル。激戦区の欧州Cセグメントに投入され、販売面で成功を収めた。親会社のヒュンダイ『i30』のプラットホームをベ・・・

ニュースを読む

公開直前キアの主力モデル「シード」、初のクロスオーバーも投入か

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年02月10日(土) 17時00分

韓国キアのCセグメント・ハッチバック『シード』次期型プロトタイプをスカンジナビア、及びドイツ市街地でスクープに成功した。市街地で捉えたプロトタイプは、ほぼフルヌードだった。

既に公開されているティザースケッチの通り、フロントマスクはキアの象徴「タイガー・ノーズ」を持つが、ヘッドライトはスケッチほど鋭くなく、落ち着いたデザインに。フロントバンパーには大型化された台形エアダクトを装着、テールライトは薄型になり、全く新しいグラフィックを光ら・・・

ニュースを読む

韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は2月6日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、新型『シード』を初公開すると発表した。

『シード』は、キアモーターズの欧州向け主力コンパクトカー。2012年春、ジュネーブモーターショー2012で発表された現行型は、2世代目モデル。激戦区の欧州Cセグメントに投入された。親会社のヒュンダイ『i30』のプラットホームをベースに、開発されたのがシードとなる。

ジュネー・・・

ニュースを読む

キアの欧州ベストセラー「シード」、次期型スポーツワゴンを目撃

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年01月11日(木) 20時00分

キアのCセグメント・ハッチバック『シード』の派生モデルとなる『シード スポーツワゴン』次期型の姿を初めてキャッチした。撮影に気づいたドライバーが慌てて去ったためリアビューを撮影出来なかったが、次期型では馬力が大幅に向上するという情報を入手することができた。

シードは、2006年に初代が登場。2012年に2代目へ引き継がれ、次期型で3世代目となる。欧州ではベストセラーとなり確固たる地位を築いているが、次期型ではさらなる進化を見せる。

・・・

ニュースを読む

キアのCセグ、シード に改良新型…1.0リットル+7速DCT搭載

by 森脇稔 on 2015年07月23日(木) 11時00分

韓国のキアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は6月末、『シード』の改良新型モデルを発表した。

シードは、キアの主力Cセグメントコンパクトカー。韓国以外でも生産されており、2006年からはスロバキア工場において、シードの欧州における生産を開始している。

最新モデルのシードは2012年3月、ジュネーブモーターショー12で発表。ボディタイプは、5ドアハッチバックとステーションワゴンの2種類。2012年9月、パリモーターショー12では、3・・・

ニュースを読む

キア の主力Cセグ、シード …欧州累計生産100万台

by 森脇稔 on 2015年05月22日(金) 09時30分

韓国のキアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は5月21日、『シード』の欧州累計生産台数が100万台に到達した、と発表した。

シードは、キアの主力Cセグメントコンパクトカー。キアは2006年、スロバキア工場において、シードの欧州における生産を開始。欧州累計生産台数100万台は、生産開始から9年で達成した記録。

最新モデルのシードは2012年3月、ジュネーブモーターショー12で発表。ボディタイプは、5ドアハッチバックとステーションワゴ・・・

ニュースを読む

韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は3月3日(日本時間3月3日夕方)、スイスで開幕するジュネーブモーターショー15において、『シードGTライン』を初公開する。

『シード』は、キアモーターズの欧州向け主力コンパクトカー。2012年春、ジュネーブモーターショー12で発表された現行型は、2世代目。引き続き、激戦区の欧州Cセグメントに投入された。親会社のヒュンダイ『i30』のプラットホームをベースに、開発されたのがシード。

5ドア・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

seizku

問題の助手席ダッシュボードが割れた...

車種名:マツダ RX-8
投稿ユーザー:sei***** さん
総合評価:

2003年4月新車で購入。車庫保管で17年目で助手席ダッシュボードが5c...[ 続きを見る ]

としくん

納車1週間

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:とし***** さん
総合評価:

定年後日産フーガから乗り換えです。 ☆納車1週間のインプレ。 納車まで8...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針