ベントレー コンチネンタル

カーライフニュース - ベントレー コンチネンタル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ベントレーは10月15日、英国で10月16〜18日に開催される「グッドウッドスピードウィーク」において、新型『フライングスパーV8』(Bentley Flying Spur V8)の実車をワールドプレミアすると発表した。

◆全世界にデジタル配信される「グッドウッドスピードウィーク」

毎年恒例の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」は、2020年は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響により中止された。その代わりに・・・

ニュースを読む

ベントレーは10月14日、新型『フライングスパーV8』(Bentley Flying Spur V8)を欧州で発表した。W12エンジンに続いて、新型にV8エンジン搭載車が設定される。

◆0〜100km/h加速4.1秒で最高速318km/h

パワートレインとして、まず発表されていたのが、6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボだ。このエンジンは、最大出力635ps、最大トルク91.8kgmを引き出す。トランスミッションは、ZF製の・・・

ニュースを読む

ベントレーは8月31日、『フライングスパー』(Bentley Flying Spur)の生産台数が4万台に到達した、と発表した。世界で最も成功を収めたラグジュアリースポーツセダンになるという。

初代フライングスパーは、『コンチネンタル・フライングスパー』を名乗り、2005年に発表された。2013年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2013では、2世代目となるフライングスパーが初公開された。2019年6月には、現行の3世代目・・・

ニュースを読む

ベントレーは8月26日、新型『フライングスパー』(Bentley Flying Spur)に、「スタイリング・スペシフィケーション」を欧州で設定すると発表した。

スタイリング・スペシフィケーションは、ベントレーの英国本社のスタイリングチームによってデザインされたエアロパーツを中心にしたボディキットだ。各パーツは、カーボンパターンが特長になる。新車購入時だけでなく、後付けでも装着することができる。

◆同じ方向に織られたカーボンファイバ・・・

ニュースを読む

ベントレーの高級4ドアサルーン『フライングスパー』に初のPHEVモデルが設定されることが濃厚となった。

フライングスパーは、2012年まで『コンチネンタル・フライングスパー』として発売されていたが、2013年のフルモデルチェンジで『フライングスパー』と改められ、2019年からは第2世代へバトンタッチされている。

捉えたプロトタイプは、左側リアフェンダー上部に充電ポートが見てとれる。給油口は右側Cピラーの付近にあるため、PHEVモデル・・・

ニュースを読む

ベントレー(Bentley)は6月17日、新型『フライングスパー』に採用された「ローテーションディスプレイ」の技術的ハイライトを発表した。

◆センターコンソールが回転し12.3インチのデジタルパネルが出現

ローテーションディスプレイは、ダッシュボードのセンターコンソールが回転し、12.3インチのデジタルタッチスクリーンとアナログメーターが付いたウッドパネルの面を切り替えできるシステムだ。

エンジンスタートボタンを押すと、ダッシュボ・・・

ニュースを読む

ベントレーは4月21日、新型『フライングスパー』(Bentley Flying Spur)に、新開発の車載コネクティビティを採用した、と発表した。

◆0〜100km/h加速3.8秒で最高速333km/h

パワートレインには、直噴6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボを搭載する。このエンジンは最大出力635ps、最大トルク91.8kgmを引き出す。トランスミッションは、ZF製の8速デュアルクラッチ、駆動方式は4WDを組み合わせる・・・

ニュースを読む

ベントレーは4月9日、新型『フライングスパー』(Bentley Flying Spur)に、新開発の「タッチスクリーンリモート」を採用した、と発表した。

2世代目となる新型フライングスパーのパワートレインには、直噴6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボを搭載する。このエンジンは、最大出力635ps、最大トルク91.8kgmを引き出す。トランスミッションは、ZF製の8速デュアルクラッチ、駆動方式は4WDを組み合わせる。

従来型フ・・・

ニュースを読む

ベントレー フライングスパー 新型、納車を欧州で開始

by 森脇稔 on 2020年02月05日(水) 14時45分

ベントレーは2月4日、新型『フライングスパー』(Bentley Flying Spur)の納車を欧州で開始した、と発表した。

従来型フライングスパーは2013年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2013において初公開された。このフライングスパーは、さらに先代の『コンチネンタル・フライングスパー』の後継モデルにあたる。およそ6年ぶりのモデルチェンジだ。

◆W12ツインターボは最大出力635ps

新型のパワートレインには、・・・

ニュースを読む

ベントレーモーターズジャパンは12月4日、全面改良したスポーツセダン『フライングスパー』を都内で、日本初公開した。価格は2667万4000円で、日本での納車開始は2020年4〜6月期を予定しているという。

ベントレーモーターズジャパンのティム・マッキンレイ代表は「自らスタアリングを握るも、後席に座るも良しというリムジンのような贅沢さとスポーツセダンの性能を兼ね備えたクルマ」とした上で、「その姿はこれまでにない威厳を放ち、インテリアは世・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

CVTフルードを交換しました・・・

車種名:スズキ ランディ
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

CVTフルードの交換が過去されていないことがわかり、 9年目の車検と合わ...[ 続きを見る ]

love-ski-hokkaido

燃費いいですよ

車種名:マツダ CX-5 (ディーゼル)
投稿ユーザー:lov***** さん
総合評価:

CX5の2.2Lディーゼル4WDです。 根室から札幌まで片道500kmを...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針