詳細画像(写真蔵)

カーライフニュース - 詳細画像(写真蔵)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

モーガンモーターカンパニー(以下、モーガン)は11月21日、3輪オープン2シータースポーツカー『スーパー3』(Morgan Super 3)の1台限定のカスタマイズモデルを欧州で発表した。

デザイナー水着ブランドの 「Orlebar Brown」と協力し、ホリデーシーズンに最適なスーパー3を製作した。モデル名は、「OB x モーガン・スーパー3」だ。取り外し可能なサンシェードキャノピーをはじめ、内外装に特別なカスタマイズを施している。・・・

ニュースを読む

レクサスの欧州部門は11月23日、ミドルクラスSUV『RX』(Lexus RX)新型をベースにした1台限りのカスタマイズモデルを発表した。新型のスポーティハイブリッド仕様「RX500h F SPORTパフォーマンス」がベースだ。

このRX新型は、マーベル・スタジオ劇場最新作の『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』に着想を得て、アディダスS.E.E.Dの学生が、キャルティ・デザイン・リサーチの助言を受けながら、カスタマイズに取り組・・・

ニュースを読む

トヨタ プリウス 新型、加速性能は2割以上向上

by 森脇稔 on 2022年12月04日(日) 19時30分

トヨタ自動車の米国部門は11月17日、新型『プリウス』(Toyota Prius)の米国仕様車をロサンゼルスモーターショー2022で初公開した。

新型プリウスには、第5世代のハイブリッドシステムを搭載する。駆動方式FFの米国仕様車の場合、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンは最大出力194hpを発生する。0〜96km/h加速は7.2秒と、従来型の9.8秒に対して、26%速くなった。

また、駆動方式AWDの米国仕様車の場合、2.0・・・

ニュースを読む

レクサス LS、ハイブリッドに部分自動運転機能搭載

by 森脇稔 on 2022年12月03日(土) 19時30分

レクサスの米国部門は11月15日、最上位4ドアサルーンの『LS』(Lexus LS)の2023年モデルを発表した。2022年内に米国市場で発売される予定だ。

2023年モデルには、ワイヤレスのApple「CarPlay」とグーグル「Android Auto」を備えた12.3 インチタッチスクリーンディスプレイ「Lexus Interface」を標準装備した。また、2023年モデルには、「ハイ、レクサス」と呼びかけることで起動する音声ア・・・

ニュースを読む

多くの新車が発表された2022年だが、中でもトップクラスの注目を集めた日本車といえば、トヨタの新型『クラウン』だろう。徐々に街中を走る機会も増えてきた同車、その最上級グレード「RS」を撮り下ろし画像と共にご紹介する。

◆実は大きな外見的差異が存在しない?
さて、新型クラウンは「RS」を頂点として、「G」「X」と3つのグレードが存在する。外見だけ見れば、ホイールなど細かい部分で差異があるとはいえ、RSとその他グレードを見分けられないとい・・・

ニュースを読む

「未来的」と表現されるほど先進的なデザインを纏った日産自動車の新型『セレナ』。先代でも人気を博した「AUTECH(オーテック)」仕様が、新型にも設定されることになった。

◆専用装備でスポーティーさを強調
新型セレナは日産の先進技術が詰め込まれたミニバンだが、セレナオーテックはその特別感をさらに高めたモデルとなっている。アイコニックカラーである鮮やかなブルーは、ブランド発祥の地、茅ヶ崎の「海」と「空」をイメージしたものだ。

フロントグ・・・

ニュースを読む

日産自動車の米国部門は11月15日、エントリーレベルのコンパクト4ドアセダン『ヴァーサ』(Nissan Versa)の改良新型を12月、米国市場で発売すると発表した。現地ベース価格は、1万5730ドル(約215万円)だ。

初代『ヴァーサ・セダン』は、日本では『ティーダ・ラティオ』として販売されていた。現行ヴァーサは3世代目モデルで、2019年4月に米国で発表された。米国市場では、ヒョンデの入門コンパクトセダン『アクセント』などと競合す・・・

ニュースを読む

11月28日に6年ぶりのモデルチェンジが発表された、日産のミドルサイズミニバン『セレナ』。初代モデルから受け継がれる「BIG」「EASY」「FUN」のコンセプトはそのままに、先進技術と利便性そしてデザイン面でも大幅な進化を遂げた。

今回はその中から、標準グレードからデザイン面でも高級感を増した上位グレード『ハイウェイスターV』の内外装を、詳細写真40枚と共にお伝えする。

◆「ダイナミズム7割、モダニズム3割」のエクステリア
「ハイウ・・・

ニュースを読む

11月28日に6年ぶりのモデルチェンジが発表された、日産のミドルサイズミニバン『セレナ』。初代モデルから受け継がれる「BIG」「EASY」「FUN」のコンセプトはそのままに、先進技術と利便性そしてデザイン面でも大幅な進化を遂げた。

今回は本モデルで新たに設定された最上位グレード『e-POWER LUXION(ルキシオン)』の内外装を、詳細写真40枚と共にお伝えする。

◆上質感溢れる上級グレード専用エクステリア
プロパイロット2.0を・・・

ニュースを読む

「異彩解放」をコンセプトに開発されたホンダの新型SUV『ZR-V』。その純正アクセサリーは、自分らしさを解放して新たな行動を起こしてほしいという想いを込め、「人生謳歌」をテーマに開発されたという。

◆流れるようなプロポーションをブラック&ガンメタで引き締める
ZR-Vのエクステリアは、楕円体をモチーフとした流れるようなプロポーションが特徴だ。豊かでボリュームのあるボディラインによって力強さが表現され、後方へ向かって絞り込まれた・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ほだ

結構良い

車種名:三菱自動車 eKクロス (マイルドハイブリッド)
投稿ユーザー:ほだ***** さん
総合評価:

なかなかのびる、4WDターボなのでどうかなぁと思っていたが、夏タイヤで2...[ 続きを見る ]

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針