モーターサイクル 総合

カーライフニュース - モーターサイクル 総合

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2018年12月19日付

●「日米良好」日本急落39%、本社・ギャラップ共同世論調査(読売・1面)

●訪日客初の3000万人(読売・1面)

●出光・昭和シェル統合承認、臨時株主総会来年4月誕生(読売・8面)

●日産・ルノーなど3社会議、西・・・

ニュースを読む

オートバイ用品小売・開発のナップスは、20代男性ライダーの実態調査を実施。所有するバイクの排気量は250ccクラスが最多という結果となった。

調査は現在普通自動二輪免許を保有し、125cc以上のバイクを所有、かつ過去1年以内にバイクを運転したと回答した20代男性を対象に、11月30日から12月9日にインターネットリサーチで実施。300名から得た有効回答をまとめた。

調査結果によると、所有しているバイクの種類は「ネイキッド(33.0%・・・

ニュースを読む

ヤマハ発動機の日高祥博社長は12月17日、静岡・磐田市にある本社で報道各社のグループインタビューに応じ、先に公表した長期ビジョンの実現に向けた自動運転、シェアリングサービス、電動化への取り組みを語った。

◆ヤマハが描くシェアリングサービス


----:先日公表した長期ビジョンで成長戦略のひとつにシェアリングの推進を掲げ、その一環として東南アジア配車サービス最大手のグラブ社との提携も発表しました。ヤマハが描くシェアリングサービスの展望・・・

ニュースを読む

慶應義塾大学理工学部による科学技術展「KEIO TECHNO-MALL 2018」が12月14日、東京国際フォーラムで開催された。産官学、文理融合の重要性を問うべく、またそのハブとなるべき大学の機能、研究を広く理解してもらうのがねらい。

ラウンドテーブルセッションには、自身も慶應OBというスバル中村知美社長も登壇し、自社の「アイサイト」を例に、基礎研究の重要性、製品開発の先にある価値を創造するためには外部との連携が必要であることなどを・・・

ニュースを読む

◆ハーレー随一のスポーツ性能

2017年にリニューアルされた新型ソフテイルシリーズの最新版『FXDR114』はアグレッシブで現代的なスタイルを持ったスポーツクルーザーである。

エンジンは新型ツーリングファミリーにも搭載されているハーレーの最新パワーユニット「ミルウォーキーエイト114ci(1868cc)」を採用。伝統の空冷45度Vツインではあるが、その中身は4バルブ&ツインプラグ化、デュアルバランサーを装備するなど近代化されパワーも・・・

ニュースを読む

1963年のマン島TTレース(英国)で日本人初の優勝を飾った伊藤光夫氏が、第1回 MFJモーターサイクルスポーツ殿堂に選出された。

MFJモーターサイクルスポーツ殿堂は、日本のモータースポーツの歴史を後世に伝え、輝かしい実績のあった選手、関係者を顕彰することを目的に設立。第1回の顕彰者として、1907年から開催されている歴史あるマン島TTレースで、日本人初の優勝者である伊藤光夫氏が選考された。

伊藤光夫氏は1959年から1969年に・・・

ニュースを読む

ヤマハ発動機とグラブ、二輪配車事業で戦略的提携

by 森脇稔 on 2018年12月13日(木) 15時37分

東南アジア配車サービス最大手のグラブ(Grab)は12月13日、ヤマハ発動機との間で、インドネシアを中心とした東南アジア地域における二輪配車事業での戦略的業務提携に合意した、と発表した。

グラブは、東南アジアで最も多く利用されるモバイル配車サービスのひとつ。現在、グラブのアプリは1億2500万台以上の携帯端末にダウンロードされ、ユーザー数は800万人以上に上る。グラブのサービスは2012年の創業以来、25億回以上の利用があり、その地域・・・

ニュースを読む

トライアンフモーターサイクルズ ジャパンは、12月15日より『ストリートツイン』と『ストリートスクランブラー』の2019年モデルの販売を開始する。

それに先駆け、12月11日、メディア向けの発表会が開催された。会場となったのは、東京・南青山にあるイベントスペース。この日は、クリスマスのイルミネーションに彩られた大人の街、表参道を巡る試乗会も開催されるということで、ヘルメットを持参する来場者も多く見られた。

今回お披露目された2台は、・・・

ニュースを読む

カワサキモータースジャパンは、スーパーチャージドエンジンを搭載する『Ninja H2』シリーズの公道トップグレードモデル「Ninja H2カーボン」を日本市場に導入、12月10日より予約受注を開始した。

Ninja H2は、川崎重工の航空宇宙カンパニーやガスタービン・機械カンパニーなどの技術協力により開発された、998cc水冷4ストローク直列4気筒スーパーチャージドエンジンを搭載。2014年秋に正式発表され、その圧倒的な高出力と強烈な・・・

ニュースを読む

16歳の誕生日と共に原付免許を取り、でも、20代はクルマに夢中。アラサーでリターンライダーになるも、40代は仕事に忙殺される。そしてアラフィフで2輪に再々入門。そんな浦島ライダーが、最新のバイクをチェックしていきます!

◆「日常のアシ」以上の魅力を求める人に

手軽で便利なスクーター。でも、実用性だけではツマラナイ。せっかく乗るなら「あまり人と被らず、趣味性が高いモデルがいいなァ」と考えている貴方。イタリアンブランドの『ランブレッタ』・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiwai

今まで車を20台ほど乗り継いできました。主にマニュアルのスポーツタイプの...[ 続きを見る ]

JN1

クラウンハイブリッド

車種名:トヨタ クラウン (ハイブリッド)
投稿ユーザー:JN1***** さん
総合評価:

130000km ハイブリッド警告ランプがついた ハイブリッドバッテリー...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針