モーターサイクル 総合

カーライフニュース - モーターサイクル 総合

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フロント2輪、リア1輪の車体をモーターサイクルのように傾けて曲がるヤマハの『NIKEN(ナイケン)』は、そのデザインもまた斬新だ。一体どのようにして生まれたのだろうか。

ナイケンのデザインを担当した、ヤマハ発動機デザイン本部プロダクトデザイン部・安田将哲氏、GKダイナミックス動態デザイン部・木下省吾氏に、その意図、こだわりを聞いた。

◆自由度は高いが、暗中模索でのスタートだった

----:これまでのバイクとは異なる「新種」をつくっ・・・

ニュースを読む

2017年秋の東京モーターショーにて初披露され、18年中にヨーロッパを皮切りに日本でも発売が予定されているヤマハ『NIKEN(ナイケン)』。

車体をリーンさせて(傾けて)旋回するヤマハ独自のフロント2輪機構「LMW(リーニング・マルチ・ホイール)」は、2014年にシティコミューターとして『トリシティ125』で初採用されたが、『NIKEN(ナイケン)』では排気量845ccの直列3気筒エンジンを搭載し、LMWを採用する初のビッグスポーツモ・・・

ニュースを読む

“コカ・コーラ”鈴鹿8耐で3連覇中のYAMAHA FACTORY RACING TEAM(ヤマハ)が、今年のチーム体制を発表した。ライダーは全日本JSB1000でチャンピオン奪回に向けて邁進している中須賀克行、スーパーバイク世界選手権(WSBK)を戦うアレックス・ローズとマイケル・ファン・デル・マークの3人だ。

ライダー布陣は昨年と変わらないが、中須賀はJSB1000で絶好調、ローズとファン・デル・マークはWSBKで優勝を遂げており、・・・

ニュースを読む

2017-2018 EWC第2戦ル・マン24時間で、拠点を日本に置くチームとして初めて勝利を挙げたF.C.C. TSR Honda France。これで同チームはポイントリーダーに立ったが、第3戦制スロバキア8時間でも3位表彰台を獲得して気勢が上がる。だが、開幕戦ボルドール24時間で優勝し、スロバキア8時間で2位に入ったGMT94 YAMAHA Official EWC TeamがチャンピオンシップポイントでF.C.C. TSR Hon・・・

ニュースを読む

世界同時に発表されたばかりのヤマハ「YZ85LW」が、6月10日世界初のレースデビューを果たした。

舞台は、日本最大級のクロスカントリーシリーズJNCCの第5戦。YZシリーズの開発に携わってきた日本を代表するエンデューロライダー鈴木健二が、サプライズでライド。レースの1時間前までその事実は公表されず、ゼッケンも直前に貼り替える周到さ。

YZ85、YZ85LWはジュニアやレディスをターゲットにしたモトクロッサーだが、小柄な車格であるこ・・・

ニュースを読む

国内最大級の公道パレード、6月9日より参加者募集開始…MotoGP 日本GP

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年06月04日(月) 13時03分

ツインリンクもてぎは、「2018 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第15戦 MOTUL 日本グランプリ」(10月19〜21日)の開催に合わせ、今年も安全運転啓発を目的とした「グランプリロードR123パレード」を10月20日に実施する。

グランプリロードR123パレードは、約1000台のオートバイが、道の駅もてぎ〜茂木町〜ツインリンクもてぎの約7km区間をパトカー、白バイの先導で、各メーカーからの来賓者やレジェンドライダー、ゲス・・・

ニュースを読む

ドゥカティ『パニガーレーV4』は、4気筒エンジンを搭載する史上初の量産型ドゥカティ。「デスモセディチ・ストラダーレ」と呼ばれる強力パワーユニットは、モトGPマシン用のエンジンから直接派生したもので、最高出力214馬力を発揮する。パワー/ウェイトレシオは、1.1ps/kgという驚異的な数値だ。

また、車体の動きを検知するIMU(イナーシャル・メジャーメント・ユニット)は6軸対応の最新式で、最新世代のエレクトロニクス・パッケージとなってい・・・

ニュースを読む

昨秋のミラノショーでアンベイルされ、いよいよ発売となったドゥカティ・スーパースポーツの最高峰モデル『パニガーレーV4』。ドゥカティジャパンは5月28日、日本での発売のタイミングに合わせて「Ducati Panigale V4 Media Workshop」を都内で開催した。

ドゥカティジャパンPR&マーケティング ダイレクター五条秀巳氏が、『パニガーレーV4』のデザインについて説明した。

◆デザイナーの狙い、想いは?

まず、デザイ・・・

ニュースを読む

今年の初めに新型となった『マジェスティS』は、昨年デビューした『NMAX155』と並び原二(125cc)以上、ビグスク(250cc)未満のクラスにおいてヤマハの双璧を成すモデルだ。最近とみに注目を集める150ccクラスだが、元々はグローバル基準で作られたモデルである。原付並みの軽量コンパクトな車体を生かしたフットワークの良さと、2人乗りができて高速道路も乗れる機動力の高さという両方のメリットを併せ持っているのが特徴だ。

その最新型であ・・・

ニュースを読む

スズキは、150ccロードスポーツバイク『ジクサー』のカラーリングを変更し、6月11日より発売する。

ジクサーは、スポーティーなデザインと力強い加速性能、優れた燃費性能を兼ね備えたロードスポーツバイク。ヘッドライトからタンクまでの一体感や、ボリュームのあるタンクとスリムなシートによる抑揚のあるデザインなど、スズキ大型スポーツバイクと共通のイメージとなるスタイリングとした。フリクション低減や燃焼効率向上を図った専用開発のコンパクトな15・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

あにぃず

フリード+4WD…2回目の給油

車種名:ホンダ フリード (ハイブリッド)
投稿ユーザー:あに***** さん
総合評価:

本日が2回目の給油。メーターでは18.3kmだが、実測では約16km。こ...[ 続きを見る ]

修三朗

思いのほか、良い感じですね

車種名:スズキ バレーノ
投稿ユーザー:修三***** さん
総合評価:

☆走行性能 パワーはNAの1.2Lなので、あまり期待していなかったのです...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針