VW フォルクスワーゲン(Volkswagen)

カーライフニュース - VW フォルクスワーゲン(Volkswagen)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フォルクスワーゲン(VW)ジャパンは、VWブランドが取り組んでいる脱炭素化戦略「Way to ZERO」とその活動について、楽しみながら体感できるポップアップスペース「ID.SQUARE」を12月12日から25日まで東京ミッドタウン アトリウムに開設する。

ID.SQUAREでは、新型フル電動SUV『ID.4』の体感型展示および体験試乗に加え、長年VWブランドのアイコンとして親しまれてきた『タイプ2(ワーゲンバス)』がEVとして復活し・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは12月2日、小型EVの『ID.3』(Volkswagen ID.3)の改良新型のスケッチを公開した。2023年春に欧州で発表される予定だ。

ID.3はフォルクスワーゲンの新世代EV「ID.」ファミリーの最初のモデルとして、2020年7月に欧州市場で発売された。欧州デビューから約3年となる2023年春、初の本格改良を受けて、改良新型が登場する。

改良新型ID.3には、最新世代のソフトウェアを搭載する。これにより、シ・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンジャパンは、ブランド初のフル電動SUV『ID.4』が体験できるポップアップスペース「ID.SQUARE」を12月12日から25日までの期間限定で、東京・六本木「東京ミッドタウン アトリウム」にオープンする。

ID.SQUAREではフォルクスワーゲン(VW)の歴史や取り組みを展開し、ID.4を見て触るだけでなく、設置したQRコードより性能や最新技術が瞬時にわかり、さらに実際に試乗も可能。これからのモビリティを楽しく学べ・・・

ニュースを読む

試乗車に乗り込み、ふと足元を見てニヤッとさせられた。A/Bペダルに、昔、家にあったカセットデッキで見慣れた“PLAY”と“PAUSE”のシンボルマークがあしらわれていたからだ。VW流の一種のジョーク? それとも本気? とにかく、そう来たかぁ……である。

◆ゴルフ以上にスリークで上質
VW初の世界市場向け電気自動車、かつVW初のフル電動SUVの位置づけになる『ID.4』だが、実車からはいかにもEVでござい!といった気負いは感じない。スタ・・・

ニュースを読む

VWの人気SUV『ティグアン』が、2023年にもフルモデルチェンジを迎える。開発中の次期型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」が捉えた。

ティグアンは『トゥアレグ』の弟分にあたるコンパクトSUVで、2007年に登場。2011年に初のフェイスリフトを受けた。第2世代となる現行型は、「MQB」プラットフォームを採用し2015年に登場。2020年にプラグインハイブリッド(PHEV)「eハイブリッド」の追加を伴う大幅改良がなされて・・・

ニュースを読む

日産『アリア』、テスラ『モデルY』が鎬を削るEV SUV市場に、ある意味「真打ち」の参入と言えるかもしれない。22日、フォルクスワーゲン ジャパンは満を持して『ID.4』の日本市場での展開を開始した。

■ひしめく競合車種との差別化は?
発表会の内容と短時間の試乗のみでの評価となる。フィールドでの充電性能などはまだ未知数なので正確な評価はできないが、価格帯はアリアやモデルY、ヒョンデ『アイオニック5』と競合する。普及モデルの「Lite」・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンジャパンは11月22日、日本国内で急速充電器のネットワーク拡充を促進する「プレミアム チャージング アライアンス(PCA)」へ加盟し、サービスを開始すると発表した。

PCAは電気自動車(EV)のオーナーに向けて、各ブランドの販売店または都市部に展開する90-150kW級出力、CHAdeMO規格の急速充電ネットワークを統合する日本国内の充電サービス事業。これまでのPCA加盟ブランドのアウディとポルシェに、第3ブランドと・・・

ニュースを読む

【VW ID.4 発表】走行モードは好みで使い分けて

by 中尾真二 on 2022年11月23日(水) 16時30分

フォルクスワーゲンジャパンは、電気自動車(EV)専用設計ではブランド初のモデルとなる、フル電動SUV『ID.4』を日本市場に導入、11月22日より販売を開始する。同日に東京で開催された発表会では、短い距離だが実車に試乗することもできた。

■シンプルなインパネ周りは使いやすい
メータークラスタはセンターコンソールと正面インパネは分離している。正面ディスプレイはステアリングコラムに固定され、チルトステアリングの位置にかかわらず、コラムとス・・・

ニュースを読む

【VW ID.4 発表】日本市場で本格的にEVを展開

by 中尾真二 on 2022年11月23日(水) 09時00分

フォルクスワーゲンジャパンは11月22日、5ドアハッチバックボディを持つ電動SUVの『ID.4』を日本市場で発表した。同社は『eゴルフ』を日本市場でも限定的に販売していたが、販売体制だけでなく充電設備やサポート体制を含めた本格的なEV投入はID.4からといえるだろう。

■普及モデルは500万円
ID.4はフォルクスワーゲンの100%バッテリー駆動の電気自動車(BEV)だ。すでに欧州・北米・中国で販売されており、世界で12万台が登録され・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は11月17日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2022に、電動SUV『ID.4』の2023年モデルを出展した。

◆2023年型に航続335kmのエントリー仕様が登場
ID.4は、スポーティかつオールラウンドな性能を追求した電動SUVだ。2023年モデルは、米国テネシー州チャタヌーガ工場において、2022年夏から現地生産を開始した。フォルクスワーゲンが、EVを米国で現地生産するのは初め・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ほだ

結構良い

車種名:三菱自動車 eKクロス (マイルドハイブリッド)
投稿ユーザー:ほだ***** さん
総合評価:

なかなかのびる、4WDターボなのでどうかなぁと思っていたが、夏タイヤで2...[ 続きを見る ]

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針