佐川急便、SGホールディングスグループ

カーライフニュース - 佐川急便、SGホールディングスグループ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

佐川急便と創る物流の未来、スタートアップ企業を募集

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年09月13日(日) 21時00分

佐川急便は、オープンイノベーションにより物流の新規ビジネスを創出する『SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM「HIKYAKU LABO」』を9月7日より開始した。

同プログラムは、佐川急便の経営資源とスタートアップ企業の持つ全く新しいアイデアや斬新なノウハウの双方を活用して、新たなビジネスやサービスの共創を目指すもの。プログラムの開始に合わせて、国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームを運営するCrewwのホー・・・

ニュースを読む

九州新幹線による宅配便荷物の輸送を検討へ…佐川急便とJR九州が協業に合意

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2020年08月26日(水) 16時45分

佐川急便とJR九州は8月26日、宅配便荷物を九州新幹線で輸送する貨客混載事業の協業について基本的に合意したと発表した。

発表によると、九州新幹線の業務用室に宅配便荷物を収納した専用ボックスを積載することが検討されており、九州内での輸送効率アップを図りたい佐川急便と、九州新幹線の余剰スペースを活用して収入を上げたいJR九州の思惑が一致した。

対象区間は博多〜鹿児島中央間全線で、佐川急便福岡営業所〜鹿児島営業所間の輸送に利用。今後は、実・・・

ニュースを読む

電力データとAIで宅配便の再配達を削減 佐川急便など実証実験へ

by レスポンス編集部 on 2020年07月12日(日) 18時00分

佐川急便は7月9日、電力のデータとAI(人工知能)を活用して荷物の再配達を削減する実証実験を2020年秋ごろ、横須賀市で実施すると発表した。

佐川急便は、日本データサイエンス研究所(JDSC)、東京大学大学院・越塚登研究室・田中謙司研究室と「AIと電力データを用いた不在配送問題の解消」についての共同研究を進めてきた。今回、新たに横須賀市とグリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合(GDBL)が参画、5者で取り組むことに合意し、2020・・・

ニュースを読む

佐川急便、指定場所配送サービスを開始 再配達削減

by レスポンス編集部 on 2020年05月18日(月) 18時30分

佐川急便株式会社は5月18日から「指定場所配送サービス」を開始すると発表した。受け取る場所についてニーズに応じて柔軟に対応することで、荷物の再配達を削減する。

同社はこれまで、コンビエンスストアでの荷物の受け取りや、宅配ロッカーの活用、配達日時を指定するサービスなど、配達先の行動に合わせた受け取り方を提案してきた。今回、荷物を受け取る人が希望する場所に届ける「指定場所配送サービス」を新たな受け取り方法として開始する。

サービスでは、・・・

ニュースを読む

ヤマト×佐川が共同配送、上高地で開始へ CO2排出量を3割削減

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年04月12日(日) 18時00分

ヤマト運輸と佐川急便は、長野県松本市安曇上高地、安曇乗鞍、安曇白骨の各地域で共同配送を4月16日から開始する。同事業は長野県初の物流総合効率化法認定事業となる。

長野県松本市安曇上高地は、国立公園内でのマイカー規制を実施するなど、環境配慮の先進地域。トラック配送によるCO2の排出も環境負荷軽減の観点から大きな課題となっていたほか、労働人口減少による配送ネットワーク維持も課題となっている。こうした地域の課題解決にむけて両社で検討を重ねた・・・

ニュースを読む

佐川/JP/ヤマト、3社共同の村営バスによる貨客混載を開始…全国初

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年03月24日(火) 09時00分

佐川急便、日本郵便、ヤマト運輸と日本工営は、宮崎県西米良村の村営バスによる、貨客混載を経由した配送事業「カリコボーズのホイホイ便」の本格運行を3月23日よりスタートした。

ホイホイ便は、西米良村の中心部である村所地区から小川地区までの約21kmの区間で、旅客と宅配荷物を村営バスに載せた貨客混載として運行したのち、小川地区で村の委託配達員が村営バスから宅配荷物を受取り、各戸へ配達する。

西都市〜西米良村(村所驛)間では、宮崎交通とヤマ・・・

ニュースを読む

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大を受け、ヤマト運輸と佐川急便は、宅配便対面授受に関する感染防止策をスタートした。

ヤマト運輸は、在宅時にインターホン等でセールスドライバーに希望を伝えることで、自宅玄関前等の指定場所に荷物を置くサービスを一時的な対応として、3月31日まで実施する。受領印は不要で、セールスドライバーが顧客からの希望があった旨を配達票に記載することで受領印に代える。また無料会員サービス「クロネコメンバーズ・・・

ニュースを読む

SGホールディングスグループでIT統括事業を手がけるSGシステムは12月23日、複数メーカーのデジタコ(デジタル式運行記録計)に対応可能なクラウド型運行管理システム「Biz-Fleet」を佐川急便の営業所に導入し、1月から運用開始すると発表した。

トラック運送事業者は、貨物自動車運送事業法、道路交通法など、各種関係法令を遵守することによる輸送の安全確保を目的に、速度超過などドライバーの運転情報も記録され、個々のドライバーの運転特性や癖・・・

ニュースを読む

佐川急便は青森県と、「青森市内〜十和田湖間 手ぶら観光サービス」の実証実験を9月15日から10月31日までの金・土・日曜日と祝日に実施すると発表した。

実証実験は、青森市と奥入瀬渓流、十和田湖間を周遊観光する観光客の手荷物の当日配達を行うもの。青森市内または奥入瀬渓流・十和田湖の提携先ホテルで荷物を預けるだけで、当日に青森市内または奥入瀬渓流・十和田湖の提携先ホテルで荷物を受け取ることが可能。

青森県は広大で多様な自然のフィールドと・・・

ニュースを読む

佐川急便は、熊本市中央区桜町で9月14日に開業する「SAKURA MACHI Kumamoto」館内に「宅配カウンターサクラマチクマモト」を開設して手ぶら観光サービスを提供する。

「SAKURA MACHI Kumamoto」は、国内最大級のバスターミナルと全149店舗のテナント、公益施設(ホール)、ホテル、シネマコンプレックス、バンケットなどで構成する複合施設。

施設開業に合わせて佐川急便が開設する「宅配カウンターサクラマチクマモ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

seizku

問題の助手席ダッシュボードが割れた...

車種名:マツダ RX-8
投稿ユーザー:sei***** さん
総合評価:

2003年4月新車で購入。車庫保管で17年目で助手席ダッシュボードが5c...[ 続きを見る ]

としくん

納車1週間

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:とし***** さん
総合評価:

定年後日産フーガから乗り換えです。 ☆納車1週間のインプレ。 納車まで8...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針