ボルボ S80

カーライフニュース - ボルボ S80

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ボルボ、V60など7車種5万7000台をリコール シートベルトに不具合

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年03月12日(金) 16時30分

ボルボ・カー・ジャパンは3月11日、『V60』など7車種について、シートベルトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはV60のほか、『S80』、『S60』、『V70』、『XC70』、『XC60』、『V60クロスカントリー』の計7車種で、2006年9月27日から2018年10月26日に輸入された5万7545台。

対象車両は、前席のシートベルトにおいて、使用状態を想定した設計が不十分なため・・・

ニュースを読む

ボルボ・カー・ジャパンは12月22日、『S60』および『S80』のエアバッグに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2000年7月3日から2003年4月30日に輸入された2707台。

対象車両は、運転席エアバッグのインフレーター(膨張装置)について、長期間にわたり高温多湿な環境下にさらされると、インフレーターに湿気が蓄積することがある。そのため、エアバッグ展開時にインフレーター内圧が異常上・・・

ニュースを読む

ボルボ・カー・ジャパンは7月18日、『S60』などのラジエーターおよびラジエーターブリーダーホースに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『S80』『V70』『V60』『S60』『V40』『V40クロスカントリー』の6車種で、2010年12月3日から2015年7月15日に輸入された3万6299台。

ラジエーターについては、冷却水の温度制御が不適切なため、特定の外気温でエンジンを始動後、・・・

ニュースを読む

ボルボ S80 後継モデル、進化したインパネ初公開!

by 子俣有司@アポロニュースサービス on 2015年10月24日(土) 19時00分

ボルボのフラッグシップサルーン『S80』後継モデルとなる『S90』のインパネの撮影に成功した。

まずはS80にはない、センターの垂直インフォテインメントタッチスクリーンが目に入る。その他、コンパクトになったギアノブ、コンソールには片手で便利に操作可能なコントローラーなどが装備されており、旗艦クロスオーバーSUV『XC90』の新型モデルが持つボルボ最新鋭のデザイントレンドを持たせたようだ。

S90は新世代「Drive-E」パワートレイ・・・

ニュースを読む

ボルボ S80 後継モデルに「雷神の斧」が見えた

by 子俣有司@アポロニュースサービス on 2015年09月10日(木) 19時00分

ボルボの次世代フラッグシップサルーン『S80』の実質的後継モデルとなる『S90』のプロトタイプをスペインで捉えた。

分厚い擬装の為、詳細は不明だが、ヘッドライトにボルボが「Thor’s Hammer」(雷神の斧)と呼ぶ横T字形状のデイタイムランニングライトを確認することが出来た。

その他、高めにデザインされたルーフ、さらに旗艦モデルらしロングボディも確認出来た。

シャシーには旗艦SUV『XC90』にも採用されている「SPA」を採用・・・

ニュースを読む

ボルボ S80 と XC90、アマン東京のホテルカーに採用

by 纐纈敏也@DAYS on 2015年03月17日(火) 20時15分

ボルボ・カー・ジャパンは、3月17日にグランドオープンした「アマン東京」のホテルカーに、ボルボ『S80』と『XC90』が採用されたと発表した。

日本初進出となるアマン東京は、世界的ホテルグループ「アマン」にとって初の都市型ホテル。大手町タワーの最上階6フロアを占め、大都市東京の中心である大手町の上空に、日本伝統の意匠で、静かで心地よい、広々とした贅沢な空間を提供している。

2台のボルボ車は、VIPの送迎や観光、ビジネスに利用され、ア・・・

ニュースを読む

ボルボ、V40/V70 など、インテリセーフ10を全車標準装備

by 纐纈敏也@DAYS on 2014年12月18日(木) 20時45分

ボルボ・カー・ジャパンは、ボルボ『V40』『V40クロスカントリー』『V70』『XC70』『S80』の一部仕様を変更し、12月18日より販売を開始した。

今回の仕様変更では、従来「セーフティ・パッケージ」としてオプション設定していた「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」や「全車速追従機能付ACC」をはじめとする安全装備・運転支援機能にリアビューカメラを加え、新たに「インテリセーフ10」として、全モ・・・

ニュースを読む

ボルボカーズは、米国道路安全保険協会(IIHS)が実施する衝突安全試験で、米国で販売する2014年モデルの『S60』『XC60』『S80』が、最高評価である「2014 トップセーフティピック+(プラス)」を獲得したと発表した。

IIHSは車両の安全性を審査する第三者機関。同機関が選ぶ「2014 トップセーフティピック+」を獲得するには、IIHSが実施する衝突テスト(通常の前面オフセットテスト、側面衝突テスト、横転を想定したルーフ強度テ・・・

ニュースを読む

ボルボ・カー・ジャパンが発表した2014年モデルのキャッチフレーズは“進化は顔に出る”だという。

2014年モデルのエクステリアとインテリアはボルボ始まって以来、最大規模のイヤーモデルの変更だと述べるのは、同社マーケティング部ディレクターの若林敬市氏。「通常イヤーモデルは、若干の手直しやファインチューニングにとどまりますが、今回の6車種(S60/V60/XC60/V70/XC70/S80)は4000か所以上に手が入り、大きく変更してい・・・

ニュースを読む

ボルボ、デザインを刷新した2014年モデルを発売…安全装備を進化

by 纐纈敏也@DAYS on 2013年08月27日(火) 13時45分

ボルボ・カー・ジャパンは8月27日、ボルボ『60シリーズ(S60、V60、XC60)』『V70』『XC70』『S80』の商品改良を実施し、さらに『XC90』の一部仕様を変更し、2014年モデルとして販売を開始した。

2014年モデルでは、60シリーズとV70、XC70、S80について、デビュー以来初となるエクステリアデザインを刷新。また、「ヒューマン・セーフティ(歩行者検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム)」に、新たに・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

たか

ekカスタムT FFからの乗り換えです。 ekカスタムは6年ほど使用、主...[ 続きを見る ]

たけ爺

丸4年 乗りました。

車種名:マツダ ロードスター
投稿ユーザー:たけ***** さん
総合評価:

車は、ロードスター S-Leather Package 6MTです。 納...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針