国土交通省

カーライフニュース - 国土交通省

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

国土交通省は、輸送事業者が非化石エネルギーに転換する際の目安となる判断基準を作成するため、11月30日にグリーン社会小委員会を開催する。

2050年カーボンニュートラルや2030年度の温室効果ガス削減目標を実現するため、「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」(省エネ法)が今年5月に改正された。これに伴って、輸送事業者に対して非化石エネルギーへの転換に向けた取り組みが新たに求められることとなった。

このため、国土交通省は、輸送事業・・・

ニュースを読む

国土交通省は、空飛ぶクルマと空港内での自動運転などをテーマとする「第23回空港技術報告会」を12月6日にオンラインで開催する。

国土交通省では、テーマに関連した報告、空港における技術開発、計画、工事、研究成果を発表する「空港技術報告会」を開催している。今回のテーマは「次世代モビリティやDXに関連する空港技術の進展」で、報告に先立ち、空飛ぶクルマ、自動運転技術について基調講演を実施する。

桜美林大学総合研究機構の大村裕康客員教授が「空・・・

ニュースを読む

首都高速料金改定で長距離利用が減少、交通量は増加

by レスポンス編集部 on 2022年11月21日(月) 13時00分

国土交通省は、今年4月の首都高速道路料金改定から半年後の交通状況を調査し、結果をまとめた。

料金改定から半年後の首都高速の交通量は、コロナ禍の外出規制に緩和などで全国的に交通量が増加していることもあって、前年同期比3%増の105万台/日と増加した。これに伴って首都高速の渋滞損失時間も同10%増と増加している。

2022年4月1日から首都高速の上限料金を、1320円(35.7km以上)から1950円(55km以上)に見直した結果、前年・・・

ニュースを読む

「地域交通のリ・デザイン」論点整理と方向性を議論へ 国交省

by レスポンス編集部 on 2022年11月17日(木) 06時15分

国土交通省は、地域交通の「リ・デザイン」(再構築)を具体化するため、11月18日に交通政策審議会地域公共交通部会を開催する。

国交省では、「鉄道事業者と地域の協働による地域モビリティの刷新に関する検討会」と、「アフターコロナに向けた地域交通のリ・デザイン有識者検討会)の提言を受けて、地域交通に関する新たな制度の具体化について検討していく。

11月18日に部会を開催して、リ・デザインの論点整理と対応の方向性を議論する。・・・

ニュースを読む

国土交通省は、タクシーに備え付けを義務付けている地図について、カーナビゲーションシステムやスマートフォンの地図アプリなどの電子地図を認めるよう制度改正する。

タクシーには、紙に印刷され製本された地図を備え付けることが義務付けられており、この地図は定期的に更新することが求められている。一方で、すでに多くのタクシーにはカーナビが装備されているほか、スマートフォンのナビアプリなどの電子地図も広く普及している。紙に印刷され製本された地図でなく・・・

ニュースを読む

国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)は11月7日、2022年度自動車アセスメントによる評価結果第2弾を公表。電気自動車のトヨタ『bZ4X』とスバル『ソルテラ』が最高評価にあたる「ファイブスター賞」を受賞したと発表した。

bZ4X/ソルテラの得点率は衝突安全性能評価が87%、予防安全性能評価が99%でともに最高の「Aランク」。事故自動緊急通報装置も得点率100%で先進型の評価を獲得。総合得点率93%でファイブスター賞を獲得した。・・・

ニュースを読む

車検証の電子化に伴い、手数料を引き上げ 2023年1月から

by レスポンス編集部 on 2022年10月31日(月) 09時15分

国土交通省は、車検証の電子化への対応に伴って費用が必要なことから道路運送車両法関係の手数料を2023年1月1日に引き上げる。

自動車の検査・登録手続に関する道路運送車両法関係の手数料は、実費を勘案して設定することとされている。今回、「自動車検査証の電子化」への対応に伴う費用増加が発生することから、実費を勘案して、これらに関する手数料について見直す。

国または軽自動車検査協会に納める車検証の再交付手数料として1件につき350円を新たに・・・

ニュースを読む

トヨタ ヴォクシー&ノア が安全性能の評価で★★★★★ JNCAP

by レスポンス編集部 on 2022年10月29日(土) 08時45分

国土交通省は、トヨタ自動車のミニバン『ヴォクシー&ノア』が、自動車の安全性能を評価・公表する自動車アセスメント2022で、最高評価にあたる「ファイブスター賞」を受賞したと発表した。得点率は93%だった。

ヴォクシー&ノアは、予防安全性能評価、衝突安全性能評価ともに最高の「Aランク」を獲得した。得点率は衝突安全が87%、予防安全が100%だった。

また、事故発生時のエアバッグ展開と連動し専門のオペレータを通じて警察や救急へ自動通報する・・・

ニュースを読む

大阪・関西万博特別仕様ナンバープレートの交付開始

by レスポンス編集部 on 2022年10月25日(火) 09時05分

国土交通省は、大阪・関西万博特別仕様ナンバープレートを10月24日に交付開始した。

大阪・関西万博特別仕様ナンバープレートは、大阪・関西万博の開催機運の醸成を図ることを目的に、約3年間の期間限定で全国で交付するもの。2025年12月26日まで交付する。

寄付金無しの場合、モノトーン版の特別仕様ナンバープレートで、寄付金ありの場合、フルカラー版となる。寄付金(1000円以上)は、大阪・関西万博の開催に関連した交通サービスの充実に充てら・・・

ニュースを読む

国土交通省は、沿道民地に設置されている電柱を「届出」し、災害時に道路閉塞のおそれがある場合、必要に応じて設置場所の変更などを「勧告」できる制度で、対象区域を指定する手続きを、全国で初めて直轄国道8か所で開始する。

緊急輸送道路をはじめ、道路区域では、電線の地中化を進め、災害時に電柱が倒壊して道をふさぐことを防止するための取り組みを進めている。一方で、道路区域外の沿道の民地に設置された電柱が道路を閉塞する危険もある。

国交省は2021・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

リュウリュウ

10台目の新車

車種名:ホンダ ヴェゼル
投稿ユーザー:リュ***** さん
総合評価:

新車10台。中古車4台を乗ってきました。bBから5台目になりますが少しつ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針