国土交通省

カーライフニュース - 国土交通省 (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

四輪車の交換用マフラーの騒音規制を見直し

by レスポンス編集部 on 2018年12月03日(月) 10時00分

国土交通省は11月30日、四輪車の交換用マフラーの騒音規制を見直したと発表した。

「自動車騒音の大きさの許容限度」が改正され、交換用マフラーを備えた車両のうち、四輪車などの近接排気騒音について車種ごとに上限値を定めた絶対値規制に代えて、使用過程時、新車時の騒音から悪化しないことを確認する近接排気騒音の相対値規制を導入することとなった。

これに対応するため、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示を改正する。新車時の近接排気騒音が、車・・・

ニュースを読む

高速道路の渋滞ワーストは東名上り御殿場-大井松田 2017年度年末年始

by レスポンス編集部 on 2018年11月28日(水) 13時15分

国土交通省は、ETC2.0などの各種交通データを活用して2017年年末年始の渋滞ランキングをまとめた。

それによると高速道路で最も渋滞がひどいのはE1東名高速道路(上り)御殿場〜大井松田で、渋滞損失時間が6.0時間、延長25.2km。2位が東名高速(上り)秦野中井〜厚木、3位が新名神高速(上り)甲賀土山〜亀山JCT。NEXCO3社と本四高速における2017年年末年始期間の渋滞損失時間の合計は515万人・時間で、高速道路を利用した1台あ・・・

ニュースを読む

障害者用駐車場の適正利用を促進へ 国交省

by レスポンス編集部 on 2018年11月28日(水) 09時22分

国土交通省は、障害者用駐車区画の適正利用を促進するための対策を検討する。

障害者などの駐車区画については、バリアフリー法によって整備が進んでいる一方で、障害のない人が駐車するなどによって、障害のある人が駐車できない問題が発生しており、適正な利用が求められている。

こうした課題に対応するための取り組みとして、利用できる対象者の範囲を設定し、条件に該当する希望者に、地域の協力施設を共通利用できる利用証を交付する「パーキングパーミット制度・・・

ニュースを読む

乗合バス、燃料費や人件費上昇で経常収支率が0.9ポイントダウン 2017年度

by レスポンス編集部 on 2018年11月26日(月) 13時15分

国土交通省は、2017年度の乗合バス事業収支状況を発表した。

国土交通省では、バス事業者や地方公共団体などが、経営・政策判断を行う上での指標の一つとして活用するため、乗合バス事業の収支状況について、調査・公表している。対象事業者は保有車両数30両以上の事業者245者。

2017年度の輸送人員は前年度比0.5%増の39億9500万人となったこともあって収入が同1.0%増と前年を上回った。支出は燃料費や人件費が上昇したため、同2.1%増・・・

ニュースを読む

国土交通省は、民間が保有するデータと統合利用することで交通の利便性や円滑化、安全性を向上させるサービスなどを民間企業からETC2.0データを利用するサービスとして19のサービスを選定した。

国土交通省では、生産性革命プロジェクトとしてETC2.0データを官民連携で活用することで、民間での新たなサービス創出を促し、地域のモビリティサービスを強化する。ETC2.0データを活用した新たなサービスに向けて第1次募集として8月14日〜9月25日・・・

ニュースを読む

同業他社連携による共同モーダルシフト…促進へ研究会を新設 国交省

by レスポンス編集部 on 2018年11月21日(水) 10時45分

国土交通省は、物流を効率化するための共同物流促進に向けて、現状の課題や今後官民が進める施策の方向性について検討するため、有識者などによる「共同物流等の促進に向けた研究会」を新設する。

同業他社連携による中距離の共同モーダルシフトなどの取り組みを促す改正物流総合効率化法が施行されてから2年が経過し、共同モーダルシフトの優れた取り組みも進められてきた。一方で、物流分野での労働者不足という課題が顕在化、共同物流をこれまで以上に推進して物流の・・・

ニュースを読む

国土交通省は、多客繁忙期である年末年始に、陸・海・空の輸送機関が安全対策の実施状況を自主点検することで、公共交通の安全を図るため「年末年始の輸送等に関する安全総点検」を展開する。

鉄道、自動車交通、海上交通、航空交通、利用運送業、気象業務が安全管理・安全対策の実施状況、関係法令の遵守状況、施設の点検整備状況、テロ対策、インフルエンザ対策の実施状況を自主点検する。期間は2018年12月10日から2019年1月10日まで。

今年度の総点・・・

ニュースを読む

「こそモビ協議会」---子ども連れが移動しやすい環境を整備へ 国交省

by レスポンス編集部 on 2018年11月21日(水) 09時19分

国土交通省は、子ども連れの人が移動しやすい環境を実現するため「子育てにやさしい移動に関する協議会(こそモビ協議会)」を立ち上げる。

国土交通省では、2013年に「公共交通機関等におけるベビーカーに関する協議会」を設置し、ベビーカーの安全な使用やベビーカー利用の理解・配慮を求めるポスター、チラシを活用した普及啓発活動を展開。ベビーカーマークの作成とJIS登録を行い、マークの認知度の向上も図ってきた。

国土交通省では今後、子ども連れの人・・・

ニュースを読む

地域公共交通会議での議決方法の考え方を改正へ 国交省

by レスポンス編集部 on 2018年11月20日(火) 10時39分

国土交通省は、地域公共交通会議などの議決方法についての考え方を一部改正すると発表した。

2017年の地方分権改革に関する提案募集で、地域公共交通会議や運営協議会を主催する自治体から、合意の方法について「地域住民を含む一定数の賛成で会議の合意が成立したとみなす」との提案があった。

これに対して政府は「地域公共交通会議などの合意では、必ずしも全会一致を意味するものでない」とし、地域公共交通会議などの設置要項に定められた議決方法によって決・・・

ニュースを読む

国土交通省は、データ駆動型の行政推進など、今後進める技術政策の方向性を検討する「国土交通技術行政の基本政策懇談会」が中間とりまとめを公表、新たなモビリティサービスの方向性を示した。

新しい技術政策を組織横断的に推進していくため、重要なテーマ毎に議論を深化させ、技術政策の取り組みを加速するため、国土交通技術行政の基本政策懇談会が議論、技術政策の進め方と主要技術政策の方向性について、中間的にとりまとめた。

重要テーマの一つである新たなモ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiwai

今まで車を20台ほど乗り継いできました。主にマニュアルのスポーツタイプの...[ 続きを見る ]

JN1

クラウンハイブリッド

車種名:トヨタ クラウン (ハイブリッド)
投稿ユーザー:JN1***** さん
総合評価:

130000km ハイブリッド警告ランプがついた ハイブリッドバッテリー...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針