国土交通省

カーライフニュース - 国土交通省 (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

道路空間を活用したカーシェアリング実験、2カ所目…パーク24が参加へ

by レスポンス編集部 on 2017年12月26日(火) 11時15分

国土交通省は、道路空間を活用したカーシェアリング社会実験の参加者を決定したと発表した。

国土交通省では道路空間を活用した交通モード間の接続(モーダルコネクト)を強化する取り組みとして東京の地下鉄大手町駅に近接した国道1号(丸の内地区)の道路上にカーシェアリングステーションを設置し、有用性を検証する社会実験を2016年12月から実施している。

更なる検証を行うため、社会実験の実施期間の延長と実施箇所を増設することにした。今回、実験参加・・・

ニュースを読む

国土交通省は、高速道路の安全性、信頼性や使いやすさを向上する取り組みについての基本方針を策定した。

それによると暫定2車線区間の対策では速度低下区間での4車線化、付加車線の設置、最新データにより効果的な付加車線の設置や3車線運用などを工夫する。当面整備する暫定2車線区間はワイヤロープを基本的に設置する。

逆走対策では、2020年までに逆走事故ゼロを目標とした取り組みを加速する。運転支援に資する新技術の早期実用化、路車連携による車両の・・・

ニュースを読む

原発事故の避難者に高速道路が無料になるカード…無料措置も2年延長

by レスポンス編集部 on 2017年12月22日(金) 16時45分

国土交通省は、福島原発事故による警戒区域からの避難者に対する高速道路無料措置を延長するとともに、利便性向上を図るため、カードを発行すると発表した。

原発事故による警戒区域からの避難者に対する高速道路の無料措置は2012年4月1日から、政府として避難を指示または勧奨している区域に住む避難者の一時帰宅など、生活再建に向けた移動を支援する目的で実施している。

これまで福島県、関係市町村と協議してきた結果、避難者の出口料金所の通行を迅速化す・・・

ニュースを読む

燃費データ書き換え、国交省がスバルに事実関係の調査を指示

by レスポンス編集部 on 2017年12月22日(金) 16時23分

国土交通省は、スバルに対して、燃費データ書き換えていたとの社員の発言についての事実関係を調査して早期に報告するよう指示した。

スバルは12月19日に国土交通省に対して無資格者の完成検査問題に関する詳細な調査結果や再発防止策を提出した。

調査の過程で、社員の一部が燃費データを書き換えていたとの発言があったことから、国土交通省はスバルに対して事実関係の詳細を調査し、早期に報告することを命じた。

また、国土交通省は報告に記載された不正な・・・

ニュースを読む

優良貸切バス、★★★認定が増える---プラス63事業者の347事業者に

by レスポンス編集部 on 2017年12月22日(金) 09時06分

国土交通省は、日本バス協会が実施している貸切バス事業者安全性評価制度で、最高ランクの三ツ星認定事業者が63事業者増加して347事業者になったと発表した。

日本バス協会は安全確保への取り組み状況が優良な貸切バス事業者を認定する「貸切バス事業者安全性評価認定制度」を実施しており、貸切バス事業者安全性評価認定委員会が2017年度後期の認定を行った。

二ツ星の認定を2年間継続し、一定の基準を満たした事業者は今回の認定から三ツ星として認定され・・・

ニュースを読む

タクシー事前確認運賃の実証実験、メーターとの乖離率0.6%…本格導入へ

by レスポンス編集部 on 2017年12月20日(水) 09時47分

国土交通省は、タクシー事前確定運賃の実証実験の結果、利用者の約7割が「また利用したい」と回答するなど、好評だったと発表した。今年度中に詳細な分析を行い、それを踏まえて本格導入を目指して制度を設計する。

事前確定運賃は「渋滞や回り道等により運賃が高くなるかもしれない」、「到着するまでメーターを気にしなくてはいけない」という運賃に関する不安をなくし、タクシーを使いやすくするため、実施した。配車アプリを活用してタクシーの利便性の向上を図り、・・・

ニュースを読む

国交省、都内で「相乗りタクシー」の実証実験を実施へ

by レスポンス編集部 on 2017年12月19日(火) 18時00分

国土交通省は2018年1月22日から3月11日まで、配車アプリを活用してタクシーを相乗りで割安に利用できるサービス「相乗りタクシー」の実証実験を実施する。

実証実験では、配車アプリ上で乗降車地を設定し、同方向に向かう利用者同士をマッチングする。運賃は相乗りする利用者の最初の乗車地から最後の降車地までの走行距離に応じて算定した金額を、各利用者が単独で乗車した場合の推計走行距離に応じて按分して算定する。

乗車前に金額を確定する。国土交通・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の吉永泰之社長は19日午後、不適切な完成検査の実態とその対応策について、国土交通省に報告書を提出した。吉永氏は奥田哲也自動車局長に対して「心よりお詫び申し上げ、再発防止策を提出させていただく」と、述べた。

この報告書は、同社群馬製作所の本工場と矢島工場で発生した資格を持たない完成検査員による検査との実施について、弁護士を交えた第三者委員による調査をまとめ、その再発防止について記したもの。10月30日に自動車局から・・・

ニュースを読む

国土交通省は、海運モーダルシフトの推進を図るため、モーダルシフト船の運航情報を一括を検索できるシステムを構築する。

国土交通省は、海運モーダルシフトの推進を図るため、RORO船・コンテナ船・フェリー事業者のほか、利用運送事業者、トラック事業者、荷主企業、行政などで構成する海運モーダルシフト推進協議会を11月に立ち上げた。同協議会では、当面、モーダルシフト船の運航情報などを一括して検索できるシステムの構築をテーマの一つとして取り扱うこと・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2017年12月19日付

●トヨタ、全車種に電動車、25年めど、EV、10車種以上投入(読売・8面)

●大林、談合認める、4社幹部で協議か、リニア工事、鹿島・清水を捜索(朝日・1面)

●出光創業家側、持ち株28%超、昭和シェルとの合弁に対・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

南風88

ミライースL

車種名:ダイハツ ミライース
投稿ユーザー:南風***** さん
総合評価:

ミライースLを購入し、2ヶ月半経っての個人評価です。 最初に燃費なので...[ 続きを見る ]

tanu21

冬は厳しいね。

車種名:日産 モコ
投稿ユーザー:tan***** さん
総合評価:

昨年の11月1日より3万キロのモコドルチェを使用していますが、今年の冬は...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針