三菱商事

カーライフニュース - 三菱商事

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産と三菱商事、次世代モビリティで共同事業 検討の覚書

by レスポンス編集部 on 2024年03月19日(火) 09時30分

日産自動車と三菱商事は、地域社会の課題解決と活力ある未来のまちづくりに貢献するため、次世代モビリティサービスと電気自動車(EV)を活用したエネルギー関連サービスの新たな共同事業検討の覚書を締結した。2社が3月18日発表した。

日本は少子高齢化などによる運転手不足や公共交通の維持困難などの社会課題に直面している。日産は、福島県浪江町での有人運転モビリティサービスや、横浜みなとみらい地区での自動運転実証実験などに取り組んできた。また、EV・・・

ニュースを読む

自動車の販売台数で日本を上回り、中国、米国に次ぐ世界第3位に躍り出たインド市場で、大手総合商社の三菱商事が近夏からホンダなどの日本車の販売に乗り出すという。

きょうの日経が1面で「三菱商事、インドで日本車販売網、巨大市場開拓」などと報じている。

それによると、インドで自動車販売などを手掛ける大手のTVSモビリティが自動車販売店事業を分社化し、新会社に三菱商事が3割強を出資。三菱商事の出資額は50億〜100億円程度になる見通しで、社員・・・

ニュースを読む

自動運転移動サービス実現に向けて平塚市と民間企業が連携

by レスポンス編集部 on 2023年04月10日(月) 19時00分

神奈川中央交通などは、平塚市と自動運転移動サービスの導入などによる地域公共交通のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進について連携協定を締結した。(4月7日発表)

連携協定は神奈川中央交通のほか、三菱商事、アイサンテクノロジー、A-Driveと平塚市が結んだ。地域公共交通の DX推進や移動利便性向上、地域特性に適した自動運転技術の開発、次世代モビリティを用いた移動サービスの提供などで協力する。

協定は、参加者が相互に密接に連携・・・

ニュースを読む

自動運転サービス実装をワンストップで提供する会社が営業開始

by レスポンス編集部 on 2023年02月08日(水) 14時15分

アイサンテクノロジーと三菱商事は、自動運転ワンストップサービスを提供する事業のポテンシャルや事業性を検証する合弁会社「A-Drive」を2月7日に設立して営業を開始した。

新会社は資本金が3億円で、アイサンが60%、三菱商事が40%出資した。本社は神奈川県横浜市都筑区に置く。

A-Driveは、顧客が自動運転車を利用する上で必要とする機器やシステム、インフラ設備などの調達を支援するほか、自動運転車の運行に関するコンサルティングサービ・・・

ニュースを読む

三菱商事エネルギーは、関連会社のカーフロンティアが手がけるガソリンスタンド(SS)約5000店のネットワークで、電気自動車(EV)の展示、試乗、購入サポート、納車、洗車・コーティング、充電などのサービス提供拠点として活用することを検討する。

第1弾としてヒョンデ・モビリティ・ジャパンと業務提携し、熊本県熊本市にある特約店の東光グループが運営するカフェ&ダイニング「STAND(スタンド)」内でテスト運用を開始する。

同カフェは既存のS・・・

ニュースを読む

三菱商事エネルギー(MCE)は2月6日、ヒョンデモビリティジャパンと提携し、ガソリンスタンド(SS)約5000店のネットワークを活用した、電気自動車(EV)のモビリティサービス拠点事業を開始すると発表した。

車両保有率が高い地方部ではEVのシェアが拡大していく可能性があり、SSにはEV向けのサービス拠点としての新たな価値が求められている。そこで今回、洗車やタイヤ交換などの待ち時間を利用し、EVをより身近に体験できる場の提供をSSで開始・・・

ニュースを読む

自動運転サービス事業化を支援、新会社が発足へ

by レスポンス編集部 on 2023年01月16日(月) 13時15分

アイサンテクノロジーは、三菱商事と、自動運転ワンストップサービスの提供に向けて、自動運転関連ビジネスの市場ポテンシャルや事業性を検証する新会社を設立する(1月13日発表)。

両社が共同出資する新会社は「A-ドライブ」で、資本金は3億円。アイサンテクノロジーが60%、三菱商事が40%出資して2月7日に設立する。

両社は、これまで実施してきた自動運転の実証実験の中で情報交換や協業を重ねてきた。アイサンテクノロジーが培ってきた自動運転実証・・・

ニュースを読む

在日ベルギー大使館は12月1日、同大使館で「ベルギー経済ミッション」についての記者会見を開き、同ミッションの意義などについて説明。日本とベルギーとの経済・学術分野での協力強化を目指すことを示した。

ベルギー経済ミッションが日本で行われるのは2012年以来、10年ぶり。約2年前に計画されたが新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響により、延期となっていた。

今回の経済ミッションは12月5日から9日まで行われ、アストリッド王女を・・・

ニュースを読む

AIを活用したEVのスマート充電…実証事業を開始 三菱商事など3社

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年03月19日(土) 10時00分

三菱商事、英Kaluza社、中部電力ミライズの3社は3月15日、電気自動車(EV)のスマート充電実証事業を開始すると発表した。

スマート充電実証事業は、自宅でEVを充電時にKaluza社が提供するプラットフォームによる充電時間の制御を通じて、社会全体のエネルギーコスト低減と顧客にとって魅力的な充電体験の提供を目的としている。今回の実証事業では、EVユーザーにモニターとして参加してもらい、日本市場における有用性や技術検証を確認。本実証事・・・

ニュースを読む

いすゞなど、大型自動運転バスの実証実験を福岡空港で開始

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年03月07日(月) 17時30分

いすゞ自動車と西鉄、三菱商事の3社は、いすゞ製大型バスでの自動運転の共同実証実験を3月8日から4月8日まで、福岡空港の国内線・国際線連絡バス道路で実施する。

実証実験で使用するのは、いすゞ製大型自動運転バス『エルガ 2RG-LV290Q3』(乗車定員79人:座席29席)。道路構造物や車両などを検知する8つのLiDARをはじめ、望遠・広角カメラ、ミリ波レーダー、ジャイロセンサ、GNSS(衛星測位システム)を搭載。LiDARで検知したスキ・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

たか

我慢してたけれど、我慢できずに乗り換えちゃいました笑 ekクロススペース...[ 続きを見る ]

運転志

2回目の給油

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

燃料警告灯とブザーが鳴るのは、推定走行可能距離が50km代まで減ってから...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針