レクサス IS

カーライフニュース - レクサス IS

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

レクサスは、特別仕様車『LC PATINA Elegance』、『IS I Blue』の発表に合わせ、ブランド体験型施設「LEXUS MEETS...」(東京日比谷)にて、特別仕様車を期間限定で展示、10月19日にはスペシャルトークイベント「CRAFTED〜日本の美意識・感性が息づくデザインとモノづくり〜」を開催する。

今回の特別仕様車は、レクサスが追求する「CRAFTED」の哲学に基づいて開発。CRAFTEDとは、豊かな自然と歴史の・・・

ニュースを読む

レクサスは9月27日、ラグジュアリクーペ『LC』の特別仕様車「PATINA Elegance」と、スポーツセダン『IS』の特別仕様車「I Blue」の発表会を、東京ミッドタウン日比谷内にあるブランド体験型施設「LEXUS MEETS...」で開催した。

これらの特別仕様は内外装に新たな専用色・素材が採用された。発表会でLCのチーフエンジニアである武藤康史氏が、LCでは第3弾となる特別仕様車へ込めた思いを語った。「お客様の持つLCへの期・・・

ニュースを読む

レクサスは、「CRAFTED」の思想に基づく特別仕様車を『LC』および『IS』に設定し、「LC PATINA Elegance」、「IS I Blue」を10月1日に発売する。

CRAFTEDとは、豊かな自然と歴史の中で培われた日本の美意識や、ユーザーが言葉にせずとも求める“曖昧なもの"を察する感性で、その人に思いを巡らせ、匠の技から最先端のテクノロジーまで、ありとあらゆる手段を駆使することで心を深く揺さぶる新しい体験を生み出していき・・・

ニュースを読む

レクサスのミッドサイズ・4ドアセダン『IS』次期型に関する情報を、スクープサイトSpyder7が入手。情報をもとに予想CGを制作した。

ISは、トヨタ『アルテッツァ』のレクサス版として1999年に欧州限定でデビュー(後にIS300が北米でも展開)。アルテッツァの直列4気筒に対し直列6気筒エンジンを搭載することで差別化を図るととともに、高級志向の4ドアセダンとして人気を博し、2005年に登場した2代目では、日本でもレクサスブランドから販・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は2月27日、レクサス『LS』と『IS』の合わせて5車種が装着するランフラットタイヤに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは「LS500」「LS500h」「IS300」「IS350」「IS300h」の5車種で、2017年8月23日から2018年7月20日に製造された1万3391台。

今回、ホイールへの組付工程が不適切なため、ランフラットタイヤのサイドウォール内面補強層に亀裂・・・

ニュースを読む

2022年、レクサス IS 次期型に最強の「F」が帰ってくる

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年12月26日(水) 12時30分

レクサスのミドルクラス4ドアサルーン、『IS』次期型に関する情報を欧州エージェントから入手した。また、かつて設定されていた最強モデル『IS F』が復活する可能性が高いこともわかった。

ISは1999年、トヨタ『アルテッツァ』のレクサス版として欧州でデビュー。その後北米などグローバルモデルとして人気を博し、2005年の第2世代で「レクサスIS」として日本市場へ投入された。第3世代となる現行モデルには初のハイブリッドを設定し、2013年に・・・

ニュースを読む

レクサスは、国内累計販売台数50万台達成を記念して『GS』『IS』『CT』『LX』『RX』『NX』に特別仕様車「ブラックシークエンス」を設定、またGS、IS、NXの一部改良を実施し、8月23日より販売を開始した。

特別仕様車ブラックシークエンスは、6車種共通のアイコンとして、スピンドルグリルやアルミホイール、シート表皮など、各車種の内外装にブラックの専用装備を採用し、精悍かつ力強いデザインを強調した。

GSの特別仕様車は、「Iパッケ・・・

ニュースを読む

現役東大医学生でクイズ選手の水上颯、『昆虫はすごい』の丸山宗利、ゆるふわ昆虫イラストレーターのじゅえき太郎の、トークショーと特別試乗体験。レクサスが「親子揃って楽しみながら、知識を探求する」をコンセプトに企画した夏休みプログラムだ。

レクサスの世界観を体験できるブランド体験型施設「LEXUS MEETS...」(東京都千代田区、東京ミッドタウン日比谷内)では、夏休みにアカデミックな親子体験「LEXUS AMAZING SUMMER L・・・

ニュースを読む

レクサスは7月4日、英国で7月12日に開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」に出展すると発表した。

レクサスは今年のグッドウッドにおいて、高性能ブランド「F」の10周年を祝福する計画。『IS F』や『LFA』など、歴代レクサスF車が、グッドウッドに顔を揃える予定。

レクサスのFの原点に位置付けられるのが、2007年に発表され、2008年に欧州市場に投入された『IS F』。2UR-GSE型直噴5.0リットルV型8気・・・

ニュースを読む

米国IIHS(道路安全保険協会)は、2018年モデルとして発売された改良新型レクサス『IS』の衝突安全テストの結果を公表した。最高評価の「2017トップセーフティピック+」に認定されている。

IIHSの「トップセーフティピック」を獲得するには、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験のすべてにおいて、最高の「Good」評価となるのが条件。また、前面衝突予防評価において、「ベ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たか

低燃費タイヤとの相性はかなり良いと思います。 大分以前ですが、E36の3...[ 続きを見る ]

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針