ランドローバー レンジローバー

カーライフニュース - ランドローバー レンジローバー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ランドローバーが開発中の最高級クロスオーバーSUV、『レンジローバー』次世代型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

まだまだ雪が積もる北ヨーロッパで捉えたプロトタイプは、これまでで最もカモフラージュが削がれている。まずフロントウィンドウとリヤウィンドウの丸く黄色いステッカーから、このプロトタイプがプラグインハイブリッドバージョンであることがわかる。

全体的にクラッディングは少なく、クラムシェルスタイルのフード、新設計され高級感がアッ・・・

ニュースを読む

レンジローバー、限定7台の特別仕様…SVOデザインパック装備

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年03月19日(金) 17時00分

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーSUVのランドローバー『レンジローバー』(Land Rover Range Rover)に特別仕様車「SVOデザインエディション 2021」を設定し、7台限定で3月19日より受注を開始した。

SVOデザインエディションはこれまでも2017年および2019年に限定15台で発売。第3弾となる今回は、5.0リットルV型8気筒スーパーチャージドガソリンエンジンを搭載した『レンジローバー・ヴォ・・・

ニュースを読む

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、『レンジローバー ヴェラール』2021年モデルの予約受注を3月10日より開始した。

2021年モデルでは、エンジンラインアップを見直し、マイルドハイブリッドを採用した最新2.0リットルインジニウムディーゼルエンジン(最高出力204ps/最大トルク430Nm)を導入。2.0リットル直列4気筒インジニウムガソリンエンジン(最高出力250ps/最大トルク365Nm)と合わせた2種類を展開する。

また、・・・

ニュースを読む

レンジローバー『イヴォーク』に3列シート7人乗りが設定されることが確実となった。LWB(ロングホイールベース)プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」が捉えた。

豪雪のフィンランド北部で捉えたプロトタイプは、ボディを厳重にカモフラージュ。おなじみのフロントマスクがみられるが、Bピラー後方に大きな違いがみられる。サイドショットからは長いリアドアが確認できるが、イヴォークらしさの象徴でもある傾斜したルーフと、上向きにスイープするベル・・・

ニュースを読む

高級クロスオーバーSUVの代名詞と言えるランドローバー『レンジローバー』次期型の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」がキャッチ。今回はその内部を初めてカメラが捉えた。

キャビン内には、大型のデジタルインストルメントクラスタや、より大きなディスプレイを備える最新のインフォテイメントシステムを見ることができる。おそらく『ディスカバリー』改良新型に搭載されている11.4インチ「PiviProシステム」と予想される。これは直感・・・

ニュースを読む

ランドローバーが販売するフラッグシップSUV『レンジローバー』次期型、最新のプロトタイプをカメラが捉えた。

スウェーデン北部の山中で捉えたプロトタイプは、まだまだ厳重にカモフラージュが施されており、ディティールは不明だ。一対のサイドエグジット・エキゾーストパイプから、このプロトタイプが直列6気筒モデルであることを示唆しており、マイルドハイブリッドパワートレインを採用している可能性がある。

次期型では、ジャガーランドローバーの「MLA・・・

ニュースを読む

元祖最高級クロスオーバーSUV『レンジローバー』次期型、最新のプロトタイプをスクープサイト「Spyder7」がキャッチした。

ベントレー『ベンテイガ』、ロールスロイス『カリナン』、BMW『X7/X8』など競争が加熱する最高級クロスオーバーSUV市場の中にあり、第5世代レンジローバーは、それらライバルを凌駕することが使命だ。

コードネーム「L460」と呼ばれる次期型のボディサイズは、全長4999mm、全幅1983mm、全高1920mm・・・

ニュースを読む

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、『レンジローバー』『レンジローバー・スポーツ』『レンジローバー・イヴォーク』に特別仕様車「50thコレクション」を設定し、11月2日より受注を開始した。

今回のモデルは9月11日に受注を開始した「レンジローバー・フィフティ」に続く50周年を記念した特別仕様車で、日本独自に企画したもの。すべてのモデルに「RANGE ROVER 50th Collection」スペシャルステッカーがつく。

「レンジ・・・

ニュースを読む

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、高級SUV『レンジローバー』の2021年モデルを発表し、9月11日より受注を開始した。

2021年モデルでは、限定グレード「ウェストミンスター」をはじめ、「SVオートバイオグラフィー ダイナミックブラック」を用意すると同時に、レンジローバー誕生50周年を記念した特別仕様車「レンジローバー フィフティ」を38台限定で受注する。

限定グレードのウェストミンスターは、パノラミックルーフ、メリディアンサ・・・

ニュースを読む

世界のクロスオーバーSUV市場を牽引する、ランドローバー究極のオフローダー『レンジローバー』。その次期型プロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

キャッチした最新プロトタイプは、迫力の大型グリル、その両サイドには小さな四角形状のLEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライトを装備している。サイドビューからは、くっきりとしたショルダーライン、そして『ヴェラール』や『イヴォーク』に採用されている埋め込み式ドアハンドル・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

NISMO:NE

e-powerからの乗り換えです。まだ500kmほどしか走行していないの...[ 続きを見る ]

A男

エンジン絶好調!

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:A男***** さん
総合評価:

購入から1年半が経過、走行距離も23000キロとなりエンジンは絶好調とい...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針