ランドローバー レンジローバー

カーライフニュース - ランドローバー レンジローバー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆カッコ良さと実用性の両立

今は日本車、輸入車ともにSUVの人気が高い。好調に売れる理由は、悪路の走破も考慮した大径タイヤなどによってボディの下側がカッコ良く、上側はワゴン風で居住性や積載性も優れているからだ。

このカッコ良さと実用性の両立で注目されるのが、先ごろフルモデルチェンジしたレンジローバー『イヴォーク』だろう。鋭角的な外観には彫刻のような塊感があり、ミドルサイズのボディは4名乗車も可能だ。前輪駆動をベースにした4WDを搭載・・・

ニュースを読む

◆初のフルモデルチェンジ

『イヴォーク』が初のフルモデルチェンジを迎えた。と言っても一見してどこが変わったの?というレベル。

そりゃそうだろう。先代モデルのデザインの完成度が高いのは言わずもがな。無理矢理手を入れてもいい方向には行かないばかりか、かえって酷評を得ることになりかねない。その意味イヴォークはもはや『ミニ』や『Gクラス』、『ラングラー』の領域にあるかも、である。

とはいえ、中身は大きく変わる。採用されたのは、プレミアム・・・・

ニュースを読む

◆99%が新設計、だが引き継がれた世界観

ドアヒンジを除く99%が新設計のボディ構造という。“99%”という数字の割り出し方とドアヒンジがキャリーオーバーされた理由は別の機会に譲るとして、新型は、初出となる電動化前提の新設計プラットフォームPTA(Premium Transverde Architecture)をベースに誕生した。

先代のようなクーペ(やコンバーチブル)の設定はないものの、パッと見た第一印象で新旧の差はかなり小さい、・・・

ニュースを読む

ランドローバーは、『レンジローバー』(Land Rover Range Rover)に新開発の直列6気筒エンジン+48Vマイルドハイブリッドを搭載する新グレードを、欧州で設定すると発表した。

ランドローバーは2017年秋、2020年以降に全車種に電動パワートレインを設定すると発表した。パワートレインに、EVをはじめ、PHV、ハイブリッド車(マイルドハイブリッドを含む)を用意していく計画だ。レンジローバーのマイルドハイブリッドは、この計・・・

ニュースを読む

ランドローバーは3月4日、『レンジローバー』の防弾装甲仕様車、「センチネル」(Range Rover Sentinel)を欧州で発表した。

ランドローバーは、顧客の要望に応じた防弾装甲仕様車を開発・販売してきた。この分野において、豊富なノウハウを持つ。そして今回、最新のレンジローバーにも、防弾装甲仕様車の「センチネル」が設定された。

レンジローバーのセンチネルは、ランドローバーの特別車両開発部門、「SVO」(スペシャル・ビークル・オ・・・

ニュースを読む

全室に輸入車が付帯するリゾートホテル、沖縄にオープン

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年02月06日(水) 20時00分

セドナコーポレーションはエクセルレンタカー沖縄と提携し、5月1日オープン予定のリゾートホテル「U-MUI Forest Villa Okinawa YAMADA GUSUKU」にて、沖縄初となる全室に高級輸入車が付帯するサービスを開始する。

沖縄観光の課題として、空港からレンタカーを利用する際、手続きに長い時間を要することがあげられる。セドナコーポレーションでは、5月1日オープン予定の「U-MUI Forest Villa Okina・・・

ニュースを読む

ランドローバーは2月5日、『レンジローバー・ヴェラール』(Range Rover Velar)の最強グレード、「SVオートバイオグラフィー・ダイナミック・エディション」を発表した。

レンジローバー・ヴェラールは、『レンジローバー』シリーズの第4のモデルだ。『レンジローバー・イヴォーク』と『レンジローバー・スポーツ』の間を埋める役割を担うミッドサイズSUVとなる。

その頂点に位置するのが、今回発表されたSVオートバイオグラフィー・ダイ・・・

ニュースを読む

レンジローバー ヴェラール、575馬力の「SVR」デザイン見えた

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年11月21日(水) 08時00分

2017年に誕生した、レンジローバーのスタイリッシュ・クロスオーバーSUV『ヴェラール』にハードコアモデル「SVR」が加わる。その最新の開発車両をカメラが捉えた。

「SVR」は、ジャガー・ランドローバーにおいて、傑出したハンドリングとパワーにより、ラグジュアリーとパフォーマンスを新たな次元へ引き上げるハイパフォーマンスモデルに与えられる称号だ。2018年3月に捉えた重偽装のプロトタイプから一転、アグレッシブなフロントバンパーやリアのデ・・・

ニュースを読む

レンジローバーの大ヒットSUV『イヴォーク』が初のフルモデルチェンジを迎える。次期型プロトタイプを、これまでで最もカモフラージュの軽い状態でカメラが捉えた。今回はコックピットの撮影にも成功した。

第2世代となる次期型の開発車両は、コーナーエアインテークに2枚のフィンを備え、薄型のヘッドライトを装備、兄貴分『ヴェラール』からインスパイアされたデザインが予想されている。

プラットフォームには、「D8」のアップデート版が採用され、ボディが・・・

ニュースを読む

インターコンチネンタルホテル大阪は、ランドローバー『レンジローバー』をホテル専用車として導入し、2泊3日の運転手付きラグジュアリー宿泊プラン「Escape to Luxury 〜レンジローバー運転手付き宿泊プラン〜」を9月27日より発売する。

ホテル専用車として導入するのは、卓越した走破能力と高いデザイン性を両立し、英国王室をはじめ、世界のセレブリティから愛される「レンジローバー ヴォーグ」。洗練されたシルエットとゆったり深く着座でき・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

CF4152

燃費(通算37回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算37回目)を10/6に行いました。前回の給油から464.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針