メルセデスベンツ Sクラス

カーライフニュース - メルセデスベンツ Sクラス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデス・ベンツ日本は9月13日、「S400」など『Sクラス』(Mercedes-Benz S-Class)7車種のプレフューズボックスに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「S400」、「S560 4MATIC」、「S560」、「S600」、メルセデスマイバッハ「S560 4MATIC」、メルセデスマイバッハ「S560」、メルセデスマイバッハ「S650」の7車種で、2017年10・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は、最高級セダン『Sクラス』(Mercedes-Benz S-Class)に新型3リットル直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を搭載した「S400d」、「S400d 4MATIC」、「S400dロング」、「S400d 4MATIC ロング」の4モデルを追加し、9月10日より予約注文の受付を開始する。納車は10月頃(S400d/S400dロングは11月頃)を予定している。

今回追加する4モデルは、バラ・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は、最高級セダンのメルセデス・マイバッハ『Sクラス』を一部改良し、8月27日より販売を開始した。

メルセデス・マイバッハSクラスは、究極のエクスクルーシブ性を追求する最高級セダン。メルセデス最高峰の快適な後席が特徴で、リクライニングの深さや足元の広さなど、飛行機のビジネスクラスのようなくつろぎを体感できる。

今回の一部改良では、縦方向に走るルーバーが特徴の新フロントグリルを採用。このデザインはピンストライプのス・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツのフラッグシップ・4ドアサルーン『Sクラス』次世代型(W223型)プロトタイプの内部を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

次世代型Sクラスのキャビンには、4月に北京で公開されたコンセプトカー『ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ アルティメット ラグジュアリー』から継承するコックピットデザインが採用されると予想されている。現在の12.3インチディスプレイは廃止され、大型デュアルディスプレイを装・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は20日、新型メルセデスベンツ『Sクラスカブリオレ』を発売した。Sクラスカブリオレは、「Sクラスクーペ」をベースに開発され、2016年に「W111型」以来44年ぶりに復活した、ラグジュアリー4シーターオープンモデルだ。

2018年には、安全性と快適性、効率性を高次元で融合する「インテリジェントドライブ」が進化し、クルマが通信機能を持ち利便性を向上させる「Mercedes me connect(メルセデスミーコネク・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は20日、新型メルセデスベンツ『Sクラスクーペ』を日本市場で発売した。ラグジャリー・スポーティクーペのSクラスクーペは、「Sクラスセダン」と同様、「最高の自動車」を目指して開発された。

時代の最先端を行く「インテリジェントドライブ=知能を備えた革新的テクノロジー」と「モダンラグジュアリー」の融合をコンセプトに、安全性と快適性、効率性など自動車に求められる、あらゆる要素を高次元で究めたという。

2018年には、安・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は、新型『Sクラスクーペ』および『Sクラスカブリオレ』を発表、6月20日より販売を開始した。

新型Sクラスクーペ/カブリオレは、安全性と快適性、効率性を高次元で融合する「インテリジェントドライブ」が大きく進化。テレマティクスサービス「メルセデス ミー コネクト」、新開発パワートレインの導入、リアコンビネーションランプに有機ELを採用するなど、最先端技術を積極的に取り入れた。

エクステリアでは、フロントおよびリア・・・

ニュースを読む

レスポンス「ファン感謝デー」(5月5日、筑波サーキット)のレスポンスブースでは、メルセデスベンツ『Sクラス』を用いた「リモートパーキングアシスト」の実演を行なう。

「リモートパーキングアシスト」は、車両が駐車スペースを検知し、専用アプリを利用して車外からの操作でも自動駐車が可能になる機能だ。

参加者はSクラスに乗車し、並列駐車はもちろん、縦列駐車の自動駐車デモを体験できる。また車外からスマートフォンを操作しての駐車実演も行なう。・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは、メルセデスマイバッハ『プルマン』の改良新型モデルを発表した。

メルセデスマイバッハ・プルマンは、「メルセデスマイバッハ」ブランドの頂点に立つリムジン。全長は6499mmと、メルセデスマイバッハ『Sクラス』に対して、1053mm長い。ホイールベースも、プラス1053mmの4418mm。全高は、Sクラスよりも100mm以上高い1598mmとし、後席乗員のゆとりが追求された。

このメルセデスマイバッハ・プルマンが、20・・・

ニュースを読む

メルセデスの内燃機関の今後を左右するかもしれない大事なエンジンが、新しい『S450』に搭載された。

いくつかの注目すべき点は、先ず第一に直列6気筒であること。次に48VのISGを搭載し、さらに電動スーパーチャージャーとターボチャージャーを装備すること。そしてすべてのベルトを取り去ったベルトレスであるという点である。従来ベルト駆動だったエアコンやウォーターポンプなどは、48Vで電動駆動される。カムのタイミングもチェーン駆動で、これにもう・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ごんた

TSRは、まだまだ大雑把(オオザッパ)にしか認識できないようです。もうす...[ 続きを見る ]

ごんた

オートクルーズの件。

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:ごん***** さん
総合評価:

追従オートクルーズを使用して、田舎道を走行すると。急な坂道も有ります。そ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針