ポルシェ カイエン

カーライフニュース - ポルシェ カイエン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ポルシェ(Porsche)は6月17日、『カイエン・クーペ』に設定される予定の新たな高性能モデルのプロトタイプが、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで7分38秒925を計測し、SUV最速と認定された、と発表した。

◆『カイエン・ターボ・クーペ』がベース

現在最終テストが行われているカイエン・クーペの新たな高性能モデルでは、ポルシェは、クラス最高のパフォーマンスをさらに強調することを目指している。この高性能モデルで重視されているのは、・・・

ニュースを読む

ポルシェ(Porsche)は5月20日、『カイエン・クーペ』に設定される予定の新たな高性能モデルのプロトタイプの写真を公開した。同車をポルシェのブランドアンバサダーで往年のWRC王者の、ヴァルター・ロール氏がテストしている。

◆クラス最高のパフォーマンスが目標

カイエンは2002年の初代デビュー以来、ポルシェに期待するパフォーマンスと、日常の使いやすさ、多様性を両立させてきた。2006年には最大出力521psを発生する「ターボS」、・・・

ニュースを読む

2019年の上海モーターショーでデビューしたポルシェ『カイエンクーペ』が初の大幅改良を迎える。市販型プロトタイプの姿をスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

雨中で捉えたプロトタイプ車両は、先日捉えた『カイエン』改良新型プロトタイプと同様に新しいフード、スリムなヘッドライトや全く新しい形状のバンパー、水平なバーを備えるグリル、拡大されたコーナーエアインテークなどを備え、現行モデルよりかなりアグレッシブなデザインに進化・・・

ニュースを読む

ポルシェのベストセラーSUV『カイエン』が、マイナーチェンジを迎えるようだ。改良新型の最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

ドイツにあるポルシェの秘密テスト基地で捉えたプロトタイプ車両は、スリムなヘッドライト、全く新しい形状のバンパーとグリル、そして大型のコーナーエアインテークなどを備え、現行モデルよりかなりアグレッシブな表情となるように見える。ただし、正式リリースは約1年後とみられており、現時点ではこ・・・

ニュースを読む

2018年に登場した現行型ポルシェ『カイエン』が、初の大幅改良を迎えるようだ。最新プロトタイプの姿、そしてその内部をスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

プロトタイプのうち1台には、キャビン内に『911』に見られるものと非常に似たギアシフターを装備しているが、そのまわりは黒いプラスチックの箱で隠されている。またセンターのアナログタコメーターが排除され、フルデジタル化されたインストルメントクラスタが搭載されていることがわか・・・

ニュースを読む

ポルシェの人気クロスオーバーSUV、『カイエン』改良新型プロトタイプをカメラが捉えた。ドイツにあるポルシェの秘密テストトラックの一つで捉えたプロトタイプは、厳重なカモフラージュが施されている。しかし、偽装の程度から見てフロントとリアエンドが刷新されるようだ。

フロントマスクには、スリムなヘッドライトを装備しているとみられる。バンパーとグリルは新設計され、ターボやGTSバージョンではないにもかかわらず、現行型よりアグレッシブに見える。
・・・

ニュースを読む

ポルシェのクロスオーバーSUV『カイエン』改良新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。内外装を大きく刷新し、フルモデルチェンジ並みの進化を果たす。

「新しい形のスポーツカー」として2002年に初代が発売されたカイエンは、またたく間に世界で人気に。現在のクロスオーバーSUVブームの礎となった。現行型は2018年に登場した3代目で、これが初の大幅改良となる。

キャッチした市販型プロトタイプは、新設計さ・・・

ニュースを読む

ポルシェ カイエン、生産100万台…電動化を進めた立役者

by 森脇稔 on 2020年12月15日(火) 14時30分

ポルシェは12月10日、SUVの『カイエン』(Porsche Cayenne)の累計生産台数が100万台に到達したと発表した。

初代カイエンは2002年、ドイツのライプツィヒ工場で生産を開始した。2010年には、モデルチェンジを受けた2世代目カイエンの生産が開始された。2018年には、現行の3世代目カイエンが登場している。

累計生産台数100万台は、初代の生産開始から、およそ18年で打ち立てた記録となる。『911』と『ボクスター』の・・・

ニュースを読む

ポルシェは10月28日、『カイエン』(Porsche Cayenne)のプラグインハイブリッド車(PHV)の2021年モデルを欧州で発表した。カイエンと『カイエンクーペ』に設定される。

◆カイエン E ハイブリッドのEVモードは最大56km

2021年モデルでは、バッテリー(二次電池)の蓄電容量を14.1kWhから17.9kWhに増やすことにより、EVモードの航続を最大30%延ばしたのが特長だ。WLTP のEAER シティサイクルで・・・

ニュースを読む

◆SUVの特徴とも言えるユーティリティを犠牲にする異端さ

『カイエンターボクーペ』はもはや、SUVというジャンルを超越しているといっていいだろう。あえてカテゴリー分けするならばSUVということになるのだろう。だがつぶさに観察すると、とんでもない異端であることがわかる。

破格力のある重量級SUVである『カイエン』とは一卵性双生児の関係にある。プラットフォームやエンジンを含めて、様々なパーツを共有している。パッとみただけで『カイエンター・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

KP-61

愛犬用の車(130G)

車種名:トヨタ iQ
投稿ユーザー:KP-***** さん
総合評価:

3月に愛犬とのドライブ用にセカンドカーとして2014年型(2014年11...[ 続きを見る ]

4台目エスティマ

良い車

車種名:トヨタ エスティマ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:4台***** さん
総合評価:

エスティマ・エミーナ、エスティマT、50系アエラス、4型ハイブリットと4...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針