メルセデスベンツ Eクラス(E-Class)

カーライフニュース - メルセデスベンツ Eクラス(E-Class)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

実生活でこのメルセデスベンツ『Eクラス』のキーを手にすることはまずないだろうから、オーナーになりすまして(?)、数日間を共にしてみた。するとデビュー早々ながら(1点+αを除いて=後述)このクルマの完成度の高さに唸らされた。

◆驚かされたのはウルトラスムーズなパワー感
希望を伝えて試乗したのはセダンの「220d」。乗り味や走りを含め、Eクラスの基準車だろうと目したからだ。搭載するのは654Mの型式が付く直列4気筒の2リットルディーゼルタ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは、新型『Eクラスセダン』の高性能モデル、メルセデスAMG『E53ハイブリッド4MATIC+』(Mercedes-AMG E 53 HYBRID 4MATIC+)の受注を欧州で開始した。ドイツ本国でのベース価格は、10万9242ユーロだ。

同車は、高性能なプラグインハイブリッド車(PHEV)だ。パワートレインは、AMG の3.0リットル直列6気筒ターボエンジン。E 53 ハイブリッド 4MATIC+では、最大出力449・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツの新型『Eクラス』に「エクスクルーシブ」ラインが追加された。「E300 エクスクルーシブ」として登場したこのモデルは、懐かしさも感じさせるボンネット上の通称“ベンツマーク”こと「スリーポインテッドスター」が装着されているのが特徴だ。

◆伝統的なボンネットエンブレムはエクスクルーシブ専用
この「エクスクルーシブ」ラインを設定するのは、新型Eクラスの中では「E300」のみ。E300 エクスクルーシブを特徴付けるエクステリア・・・

ニュースを読む

ひと昔前までは『Cクラス』/『Sクラス』と並び、「このブランドの3本柱」と紹介してもおかしくない位置づけにあったメルセデスベンツの『Eクラス』。

けれども率直なところ、その存在感がこのところやや薄れたように思えたのは、他のラインナップが急速に増したことに加えてピュアEVである「EQシリーズ」のプロモーション活動が強力に進められていたこととも無関係ではなさそう。そうした中で、数えて7代目となった新型が日本に上陸。早速テストドライブを行っ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ Eクラス に「エクスクルーシブライン」発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2024年03月23日(土) 07時30分

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツ『Eクラス』に『E300エクスクルーシブ(ISG搭載モデル)』を追加し、3月22日より販売を開始した。価格はセダンが1126万円、ステーションワゴンが1139万円。

E300エクスクルーシブは、Eクラスで唯一ボンネットのスリーポインテッドスターマスコットと3本のルーバーを備えたラジエーターグリルが印象的な専用フロントデザインのエクスクルーシブラインを設定したモデル。また、夜間や夕暮れなどでラジ・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は、「Eクラス」にクロスオーバーモデル、メルセデスベンツ『E220d 4MATIC オールテレイン(ISG搭載モデル)』を追加し、3月22日より販売を開始した。価格は1098万円。

このモデルは、SUVとステーションワゴンの実用性を兼ね備え、Eクラスで唯一の四輪駆動クリーンディーゼルモデルだ。

エクステリアは、SUVのデザイン要素を取り入れつつ、ステーションワゴンの実用性を保持。ボディサイズは全長4960mm、・・・

ニュースを読む

2024年1月に発表された新型の6代目メルセデスベンツ『Eクラス』。セダンはプラグインハイブリッドに試乗したが、ステーションワゴンはガソリンのマイルドハイブリッドに試乗。そのレポートをお届けする。

Eクラスのステーションワゴンは初代モデルから設定がある。Eクラスと呼ばれる前のW123にも“メルセデスベンツ製の”ワゴンが存在している。メルセデスベンツ製と書いたのは、それ以前のモデルにもコーチビルダーの手によるステーションワゴンがあったの・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは、新型『Eクラス・ステーションワゴン』の高性能モデル、メルセデスAMG『E53 ハイブリッド4MATIC+ ステーションワゴン』を欧州で発表した。

プラグインハイブリッド車(PHEV)パワートレインのエンジンは、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボだ。最大出力は449hp/5800〜6100rpm、最大トルクは57.1kgm/2200〜5000rpmを発揮する。

モーターは最大出力163hp、最大トルク48.9k・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ Eクラス 新型に「AMG53」、612馬力のPHEVに

by 森脇稔 on 2024年03月12日(火) 12時30分

メルセデスベンツは3月11日、新型『Eクラスセダン』の高性能モデル、メルセデスAMG『E 53 ハイブリッド4MATIC+』(Mercedes-AMG E 53 HYBRID 4MATIC+)を欧州で発表した。高性能なプラグインハイブリッド車(PHEV)になる。

スポーティで効率的な走りのベースとなるのは、定評あるAMG の3.0リットル直列6気筒ターボエンジンだ。E 53 ハイブリッド 4MATIC+では、最大出力449hpを発揮す・・・

ニュースを読む

◆メルセデスは今、輝きを失っているのか?
2023年5月に本国でリリースされた最新のメルセデスベンツ『Eクラス』に乗った。メルセデスは2030年までに市場の状況にもよるがと断りをつけて、完全EV化に舵を切ると発表していた。だから、ICEを搭載したEクラスに乗れるのはこれが最後かもしれない…と思ったものである。

しかし、どうやら市場がそれを許さなかったと判断したのか、2030年までの完全EV化は撤回された。そしてメルセデスは昔のメルセデ・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

たか

我慢してたけれど、我慢できずに乗り換えちゃいました笑 ekクロススペース...[ 続きを見る ]

運転志

2回目の給油

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

燃料警告灯とブザーが鳴るのは、推定走行可能距離が50km代まで減ってから...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針