スズキ スイフト

カーライフニュース - スズキ スイフト

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

サスペンション専門メーカー・テインがショックアブソーバー「EnduraPro PLUS」(エンデュラプロ・プラス)にスズキ『スイフトスポーツ』、スマート『フォーツークーペ/カブリオ/フォーフォー』用を、「EnduraPro」(エンデュラプロ)にトヨタ『カローラクロス』用の適合を追加。税込価格は6万9300〜9万5700円。

「EnduraPro PLUS」は16段の伸/縮同時減衰力調整機構を搭載したワンランク上の純正互換高機能ショック・・・

ニュースを読む

今回のワンポイント確認は、「スイフトは、わがままなおねえさんを満足させてくれるのか」である。おばさんではない。あくまでも、おねえさんである(反論却下)。

◆理知的な顔立ちと、シャープな極細マッチョなスタイル
肩に入っていた力がほどよく抜け、都会的な顔立ちとプロポーションになったスズキ『スイフト』は、時代を表している。そう、今やぐいぐいひっぱる熱血リーダーより、いっしょにがんばるアニキが上司として好まれる。やる気が前面に出ちゃうと、ひい・・・

ニュースを読む

MONSTER SPORT(モンスタースポーツ)から、スズキ・スイフトスポーツ(ZC33S)/スイフト(ZC83S他)専用の「ドアインナープロテクター」が新発売。税込み価格は1万4960円で、カー用品販売店のほか、タジマストアなど各オンラインショップで購入可能。

「ドアインナープロテクター」はフロントドア用のプロテクションシート。乗り降りの際に靴が接触しやすいドア内装トリム(ドアインナー)下部を、汚れや擦り傷からスマートに保護できる。・・・

ニュースを読む

ブリッツの「スロコン」「スマスロ」にLBXなど4車種の適合が追加

by ヤマブキデザイン on 2024年04月12日(金) 16時00分

ブリッツのスロットルコントローラー製品「Thro Con」(スロコン)と「Sma Thro」(スマスロ)にレクサス『LBX』、スバル『レヴォーグ レイバック』、スズキ『スイフト』の適合車種が追加された。スマスロにはマツダ『ロードスター』の適合も追加。税込価格はスロコンが4万7300円、スマスロは2万3100円。

「Thro Con」は電子制御式スロットル搭載車のアクセルレスポンスを自在に制御可能なコントローラーで、ブリッツ独自の制御に・・・

ニュースを読む

チューニングパーツメーカー・BLITZ(ブリッツ)から、アイドリングストップ機能を自動的に制御可能な電子パーツ製品「アイドリング・ストップ・ジャンパー」にスズキ『スペーシアカスタム』と『スイフト』の適合が追加された。税込価格は8580円。

エンジンを始動する度に「エンジンをストップするモード」にリセットされてしまうアイドリングストップ機能だが、この「アイドリングストップジャンパー」を装着することで、エンジン始動の際にアイドリングストッ・・・

ニュースを読む

市場は国内のみという軽自動車がメインの扱い車種であるスズキにとって、例外的とも言えるグローバル向けモデルが仕向け地は北米と中国以外の全ての地域という『スイフト』。

北米と中国と言えば世界の二大マーケットだがいずれも大型のモデルを好む市場でかつ、巨大なSUVとの衝突を想定した独自の試験も要求されるアメリカでの販売を考慮せずに済むなどといった事情が、昨今では世界で数を減らしつつある軽量コンパクトな車両が再度生き永らえることを許してくれたと・・・

ニュースを読む

BLITZが販売中のOBDモニター製品「Touch-B.R.A.I.N. PLUS」「FLD METER」および「Touch-LASER用OBDIIアダプター」について、新たに適合と表示内容の確認が公開された。

今回表示内容が公開された適合車種はレクサス『LBX』、トヨタ『クラウン』(AZSH32)、マツダ『ロードスター』(ND5RE)、スバル『レヴォーグレイバック』、スズキ『スイフト』の5車種。

OBDモニターシリーズは故障診断コ・・・

ニュースを読む

自動車の整備板金や用品・部品販売、クルマ買い取り・中古車販売、ロードサービスなど、いわゆるアフターマーケットの現場で働く人々がプロの視点で選ぶ「いいクルマアワード2024」の各賞が、オートアフターマーケット連絡協議会によって3月5日に発表された。

選考はオンラインのアンケートで「コスパ」「トラブルレス」「リセールバリュー」「EV」のそれぞれの部門で際立った一台を選ぶというもの。アンケート期間は2023年12月1日から2024年1月31・・・

ニュースを読む

オートアフターマーケット連絡協議会は、自動車業界のプロフェッショナルが選ぶ「クルマ屋さんが選ぶ “いいクルマアワード2024”」の受賞車を発表した。本アワードは、アフターマーケット事業者の視点から優れた車を選出し、その業績を称えるものだ。

●大賞:トヨタ・プリウス
ここまで6回連続受賞を果たしているトヨタ『プリウス』が、今回も大賞を獲得した。新型の「60」シリーズが対象となった今回の投票では、燃費の良さ、故障の少なさ、リセールバリュー・・・

ニュースを読む

“エネルギッシュ×軽やか”という開発コンセプトのもと、“ハッとするようなデザイン”を目指したという新型スズキ『スイフト』。Z世代を含めた広いユーザー層にアピールするため、これまでのスイフトのイメージにあった「スポーティ路線」の再考もひとつの課題だったという。では、インテリアとそのCMF(色、素材、加工)ではどのようなこだわりを持って開発されたのか。各デザイナーに話を聞いた。

◆色で表現した軽やかさ
スイフトのエクステリアデザインは開発・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

よたろう

キャパシター交換

車種名:マツダ アテンザセダン (ディーゼル)
投稿ユーザー:よた***** さん
総合評価:

2013年9月初年度登録、走行距離8万キロのXDを2月に購入。買って1週...[ 続きを見る ]

運転志

くそtたれ(物理的)

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

車庫の支柱にエ■モンのガレージプロテクタ■コーナー用を張り付けるも…こり...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針