スズキ スイフト

カーライフニュース - スズキ スイフト

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スズキは10月7日、『ソリオ』など5車種41万台について、アイドリングストップ後に再始動できないおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。

対象となるのはスズキ『ソリオ』『スイフト』『イグニス』『クロスビー』、三菱『デリカ D:2』の5車種で、2015年7月29日〜2021年8月5日に製造された41万3891台。

対象車両は、エンジンコントローラの制御プログラムが不適切なため、アイドリングストップ後のISG(モーター機能付・・・

ニュースを読む

ワントップは、スズキ『ラパン』(現行)や『スイフト』(2017年9月〜2020年5月)などの全方位カメラ(3Dビュー機能なし)を市販ナビで利用可能とする変換アダプター「TPS087BA」を発売した。

スズキの全方位モニターは通常、ディーラーオプションナビのみでの利用となるが、この変換アダプターを使用することで市販ナビで全方位モニターが利用できるようになる。また、システム操作用の純正互換ボタンスイッチが付属し、ボタンホールに取付けること・・・

ニュースを読む

カナック企画は、スズキ『スイフト』に市販9インチカーナビを取付けできるインストレーションセット「TBX-S005」を5月10日より全国のディーラーやカー用品店で発売する。

スイフトの場合、取付け可能なナビサイズは純正オプションの8インチまでだった。しかし、9インチを取付けたいというユーザーからの要望も多く、それに応える形で新商品を開発。新製品を使用することで、市販9インチカーナビをユーザーの好みによって選択・取付できるようになる。また・・・

ニュースを読む

スズキの世界戦略モデル『スイフト』に設定されるハイパフォーマンスモデル、『スイフトスポーツ』の次期型に関する情報をスクープサイト「Spyder7」が入手した。パワートレイン、登場時期、そして気になるデザインを予想する。

次期型では、ベースモデルとなるスイフト同様、新開発のプラットフォームを採用。さらなる軽量化とともにトレッドが拡大される。現行モデルでもMT車で970kgという超軽量だが、これを超えてくるとなれば当然、走行性能は大きく高・・・

ニュースを読む

「ACC使用禁止」スズキ スイフト、プログラム不具合で追突のおそれ

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年04月23日(金) 19時30分

スズキは4月22日、『スイフト』(MT車)について、アダプティブクルーズコントロール(ACC)使用時に先行車と衝突するおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2020年4月8から2021年4月8日に製造された5245台。

対象車両は、横滑り防止装置(ESC)コントローラにて、ACC使用時の制動制御プログラムに誤りがあることが判明。先行車へ接近する等の理由で減速が必要な際にESCによる制動制・・・

ニュースを読む

スズキのインド子会社のマルチスズキ(Maruti Suzuki)は4月13日、2020年度(2020年4月〜2021年3月)のインド新車販売(乗用車)において、スズキ車がベスト5を独占した、と発表した。

マルチスズキの2020年度のインド新車販売は、輸出を含めて145万7861台。前年比は6.7%減と、2年連続で前年実績を下回った。

全販売台数145万7861台の内訳は、インド国内が136万1722台。前年比は6.8%減と、2年連続・・・

ニュースを読む

スズキのインド子会社のマルチスズキは2月24日、『スイフト』(Suzuki Swift)の2021年モデルを発表した。

マルチスズキは2018年1月、インド市場において、インドで現地生産した現行スイフトの販売を開始した。現行スイフトは、インド現地生産車としては、3世代目モデルだ。車両の組み立ては、インド・グジャラート工場で行われている。スイフトは2020年、インド発売15周年を迎えており、累計販売台数は約240万台に到達している。

・・・

ニュースを読む

スズキ スイフト、インド市場でベストセラーに 2020年

by 森脇稔 on 2021年01月26日(火) 14時30分

スズキのインド子会社のマルチスズキは1月23日、『スイフト』(Suzuki Swift)が2020年、インドで16万0700台以上を販売し、インドのベストセラー車になった、と発表した。

マルチスズキは2018年1月、インド市場において、インドで現地生産した現行スイフトの販売を開始した。インド向けの現行スイフトのエンジンは、ガソリンが1.2リットル、ディーゼルが1.3リットルで、トランスミッションは5速MTとAGS(オートギアシフト)が・・・

ニュースを読む

スズキのインド子会社のマルチスズキは6月16日、『スイフト』(Suzuki Swift)がインド発売15周年を迎え、累計販売台数220万台以上と、インド最量販プレミアムハッチバックになった、と発表した。

マルチスズキは2018年1月、インド市場において、インドで現地生産した現行スイフトの販売を開始した。インド向けの現行スイフトのエンジンは、ガソリンが1.2リットル、ディーゼルが1.3リットルで、トランスミッションは5速MTとAGS(オ・・・

ニュースを読む

スズキは、小型乗用車『スイフト』『スイフトスポーツ』の安全装備を充実させて、5月25日より販売を開始する。

今回の一部仕様変更では、後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーのほか、アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]、車線逸脱抑制機能、標識認識機能に加え、隣接車線の後方から接近する車両を検知するブラインドスポットモニター[車線変更サポート付]や、駐車場などで自車の後方左右から接近する車両を検知・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

akkumagai

車両はスズキハスラーのOEMであり、(色々な意味で)多分何も心配はないだ...[ 続きを見る ]

小春日和

11年前の新車を購入

車種名:トヨタ プリウス
投稿ユーザー:小春***** さん
総合評価:

まだまだ現役です。 子供が巣立ってミニバンを卒業。 アクアラインを良く使...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針