アウディ A6、S6、RS6

カーライフニュース - アウディ A6、S6、RS6

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

アウディ A6、次期型にも「オールロードクワトロ」の存在を確認

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年06月21日(木) 08時00分

アウディ『A6アバント』をベースとしたクロスオーバーモデル『A6オールロードクワトロ』次期型を、初めて撮影することに成功した。カモフラージュからはアバントとの識別が難しいが、よく見ればその違いが見えてくる。

1999年に初代が登場したオールロードクワトロ(A6の冠はつかない)は、2005年に2代目、2012年の3代目と進化してきた。今回アルプス山脈で捉えた4代目となる次期型の開発車両は一見ノーマルのアバントだが、リフトアップされたボデ・・・

ニュースを読む

アウディ『A6』新型に設定される高性能モデル『S6セダン』のフルヌード姿を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。さらにパワートレインに関する最新情報も入手した。

捉えた開発車両は、ローダウンされたボディにアグレッシブなフロント&リアバンパー、「S」ボディキット、クワッドエキゾーストパイプを装着している。キャビンでは、アルミペダルセット、スポーツシート、カーボントリム、スポーティなフラットボトムハンドルなどを装備・・・

ニュースを読む

アウディのミディアム・ワゴン、新型『A6アバント』に設定される高性能モデル『S6アバント』に大接近!1994年に初代が発売されて以来進化を続けているハイパフォーマンスワゴンが、次期型では内外ともに大きく変わる。

これまでで最も鮮明に捉えた開発車両は、新型A6アバントと同じグラフィックを持つ生産型ヘッドライトを初めて装備。ワイドなシングルフレームグリル、大口エアインテーク、高性能ブレーキシステム、クワッドエキゾーストパイプなどが装着され・・・

ニュースを読む

アウディは4月17〜22日、イタリアで開催中の「ミラノデザインウィーク」において、「Fifth Ring」と名付けたインスタレーションを初公開した。

ミラノデザインウィークは、「フオリサローネ」と「サローネ デル モビーレ」を中心とした、世界有数のデザインイベント。例年、世界165か国から、30万人以上が訪れることで知られる。

アウディは今年のミラノデザインウィークにおいて、Fifth Ringと名付けたインスタレーションを初公開。・・・

ニュースを読む

アウディは4月11日、新型『A6アバント』にフルデジタルコクピットの「アウディバーチャルコクピット」を設定すると発表した。

アウディバーチャルコクピットは、12.3インチの大型ディスプレイを備えたフルデジタルコクピット。最新仕様は、新型『A8』や新型『A7スポーツバック』に続いての導入となる。

アウディバーチャルコクピットには、12.3インチの大型スクリーンを装備。これらの機能は、ステアリングホイールのマルチファンクションボタンで操・・・

ニュースを読む

アウディは4月11日、新型『A6アバント』に、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。新型には、通勤や長距離ドライブを念頭において開発した広範囲なドライバーアシスタンスシステムを採用。「シティ」および「ツアー」パッケージとして設定される。

標準装備されるドライバーアシスタンスシステムには、エマージェンシーブレーキアシストの「アウディ プレセンスフロント」に加え、工事現場などの道路の幅が狭くなった区間での走行をサポー・・・

ニュースを読む

アウディは4月11日、新型『A6アバント』に、最新のコネクティビティを採用すると発表した。

新型A6アバントのドライバーは、大型の10.1インチのタッチスクリーン式ディスプレイに指で触れることで、インフォテインメントシステムの操作を行う。センタートンネルコンソールにある8.6インチのタッチスクリーンは、エアコンディショナーと快適機能にアクセスするためのもの。同時にここからテキストの入力も行える。ドライバーは、ティプトロニックのシフトレ・・・

ニュースを読む

アウディは4月11日、新型『A6アバント』を発表した。『A6』はアウディのミドルクラス車。セダンに続いて、ワゴンの「アバント」にも新型が登場した。

新型A6アバントには、新型『A8』、新型『A7スポーツバック』に導入されたアウディの最新デザイン言語を採用。シングルフレームグリルは、さらに大型化され、表情に力強さを増した。空気抵抗係数を示すCd値は0.27と、エアロダイナミクス性能も向上。ボディサイズは、全長4940mm、全幅1890m・・・

ニュースを読む

新型アウディ『A6アバント』に設定される高性能モデル『S6アバント』の新情報を入手。その姿をカメラに収めることに成功した。

ローダウンされた開発車両は、ダミーのヘッドライト・ユニット、大型化されたフロントグリル、大口エアダクト、高性能ブレーキキャリパー、大径クワッドエキゾーストパイプなどが見て取れる。

注目のパワートレインは、4リットルV型8気筒ターボエンジンのキャリオーバーも予想されていたが、ポルシェ『パナメーラ』から移植される2・・・

ニュースを読む

エヌビディア(NVIDIA)は、アウディがジュネーブモーターショー2018で初公開した新型『A6セダン』に、「レベル3」の自動運転を可能にするエヌビディアのAIコンピュータが採用された、と発表した。

新型A6セダンの自動運転機能、「アウディAIトラフィックジャムパイロット」は、レベル3の自動運転を可能にするもの。中央分離帯のある高速道路を、比較的混雑している60km/h以下で走行している場合に限って、ドライバーではなく車が主体のレベル・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

あにぃず

フリード+4WD…2回目の給油

車種名:ホンダ フリード (ハイブリッド)
投稿ユーザー:あに***** さん
総合評価:

本日が2回目の給油。メーターでは18.3kmだが、実測では約16km。こ...[ 続きを見る ]

修三朗

思いのほか、良い感じですね

車種名:スズキ バレーノ
投稿ユーザー:修三***** さん
総合評価:

☆走行性能 パワーはNAの1.2Lなので、あまり期待していなかったのです...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針