シュコダ

カーライフニュース - シュコダ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

VWグループであり、チェコを拠点とするシュコダのクロスオーバーSUV『コディアック』に設定される最強グレード、『コディアック RS』改良新型プロトタイプを初めて捉えた。

ベースとなる「コディアック」は、VWの「MQB」アーキテクチャを採用し、2016年のジュネーブモーターショーでデビュー。2018年に「RS」が設定された。現行型はニュルブルクリンクで9分29秒84を記録し、「ニュル最速の7シーターSUV」の称号を獲得している。

オー・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンとルノー両グループには、日本未上陸のサブブランドがある。それらは、近年ヨーロッパ市場を中心に目覚ましい躍進ぶりをみせている。以下その4ブランドを紹介しよう。

◆セアト

セアトはフォルクスワーゲン(VW)グループの1ブランドで、スペイン・カタルーニャ州のマルトレイを本拠としている。会長はVWのヘルベルト・ディースが務めている。同社の歴史は1950年、スペイン産業省とフィアットとの合弁企業Sociedad Espano・・・

ニュースを読む

シュコダのCセグメントモデル、『オクタビア ステーションワゴン』に設定されるハイパフォーマンスモデル、『オクタビアRS ステーションワゴン』新型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

シュコダは1895年に設立されたチェコの自動車メーカーだ。1991年にVW傘下になるとコンパクトモデルを中心に急成長、チェコ国内自動車生産のシェア1位と占めるとともに、欧州での業績も伸ばしている。オクタビアは、VW傘下第一弾モデルで、『ゴルフ』とプラットフ・・・

ニュースを読む

チェコにおける自動車生産シェアNO.1ブランド、シュコダのフラッグシップ・5ドアサルーン『スペルブ』改良新型を、フィンランド山中でカメラが初めて捉えた。

初代スペルブは、1934年から1942年まで、旧チェコスロバキアで生産。1991年民営化に際してフォルクスワーゲン傘下に入り、2001年に2代目スペルブを59年ぶりに復活させた。ベースとなっているのはVW『パサート』で、実質シュコダデザインのパサートLWB(ロングホイールベース)版と・・・

ニュースを読む

マツダ CX-5 のコピー車!? 怪しすぎるテスト車の正体は…

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年09月23日(日) 19時00分

開発テストをおこなう奇妙なクロスオーバーSUVを発見した。いびつではあるが、グリル、ヘッドライト、テールライトは完全に旧型マツダ『CX-5』を模倣している。

カメラマンによると、これはシュコダのクロスオーバーSUV『コディアック』に設定される高性能モデル、『コディアックRS』の開発車両だという。よくよく見てみれば、ヘッドライトはプリントされたダミーで、グリルの形状も無理やり五角形に切り抜かれていることがわかる。ボディサイド、リアもほぼ・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は7月17日、2018年上半期(1〜6月)の世界新車販売の結果を公表した。アウディやセアト、シュコダなどを含めたグループ全体の総販売台数は、過去最高の551万9000台。前年同期比は7.1%増だった。

上半期実績を市場別で見ると、単一国としては最大市場の中国が、199万4400台。前年同期比は9.2%増と、プラスに転じた。中国を含めたアジア太平洋地域も、8.9%増の216万・・・

ニュースを読む

世界最速7シーターSUV、シュコダ コディアックRS 市販モデルを捉えた

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年07月09日(月) 14時30分

ニュルブルクリンクでまた新たな世界記録が達成された。記録を叩き出したのは、チェコの自動車メーカー、シュコダのクロスオーバーSUV『コディアック』の高性能モデル『コディアックRS』だ。

コディアックは、2016年のジュネーブモーターショーで初公開された7人乗りのミドルクラス・クロスオーバーSUVだ。捉えた試作車は、バンパーにテーブが貼られただけのほぼフルヌードで、その下には大口エアインテークの輪郭が見える他、20インチホイールや大径ツイ・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループは6月22日、グループ内で組織の再編を行うと発表した。

今回の組織再編は、フォルクスワーゲングループの世界戦略の一環として実施されるもの。フォルクスワーゲングループ内のブランドが、地域ごとに責任を分担するリードブランド体制を導入する。

例えば、フォルクスワーゲンブランドは、北米と南米、サハラ砂漠より南のアフリカ地域の責任を負う。アウディはアジア太平洋地域と中東を担当。シュコダはロシアとインド、セアトは北アフ・・・

ニュースを読む

ヨコハマタイヤ BluEarth-A、シュコダ コディアックに新車装着

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年05月28日(月) 14時45分

横浜ゴムは、フォルクスワーゲングループ「シュコダ」ブランドのSUV『コディアック』向け新車装着(OE)タイヤとして、OE用「BluEarth-A」の納入を2018年4月より開始したと発表した。

装着サイズは235/55R18 100Vと215/65R17 99Vの2サイズで、ロシア向けの車両に装着。シュコダブランドへの装着は2016年11月の『オクタビア』に続き2車種目となる。ベースとなった市販用BluEarth-Aは、ウェットグリッ・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは2月28日、スイスで3月6日に開幕するジュネーブモーターショー2018で初公開する『ビジョンX』に、新開発の48Vマイルドハイブリッドを搭載すると発表した。

ビジョンXは、シュコダが次世代クロスオーバー車を提案するコンセプトカー。シュコダのSUVラインナップに、将来加わる第3のモデルを示唆している。

このビジョンXに搭載されるのが、新開発の48Vマイルドハイブリッドシステ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

トトロ

燃費は上々

車種名:マツダ アクセラスポーツ (ディーゼル)
投稿ユーザー:トト***** さん
総合評価:

現在片道30キロの通勤で利用しています。通勤路は走りやすい農免道やバイパ...[ 続きを見る ]

カンノマン

デイズハイウエイスター(B21W 4WD)からデイズハイウエイスターシン...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針