ロールスロイス

カーライフニュース - ロールスロイス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ダイムラートラック(Daimler Truck)とロールスロイスPLC(Rolls-Royce PLC、高級車のロールスロイスとは別会社)は5月26日、燃料電池の分野で提携を結ぶことで合意した、と発表した。

両社は、データセンターなどの安全性が重要な施設向けのCO2ニュートラルな非常用発電機として、定置型の燃料電池発電機を共同開発する。現在、非常用発電機の多くが、ディーゼル燃料を使用している。これを、燃料電池発電機に置き換えることを目・・・

ニュースを読む

5月20日は「世界ミツバチの日」。ロールス・ロイス・モーター・カーズは、自然保護活動家、動物・植物学者、栽培者、養蜂家とともに協力し、「ロールス・ロイス養蜂プロジェクト」を展開している。

世界ミツバチの日は、野生顕花植物種の約90%、食用作物の75%以上の成長に不可欠な花粉を媒介するミツバチの保護を目的に国連が採択。ロールス・ロイスは、この重要な役割を担うミツバチの保護に積極的に協力している。

2017年に設立されたロールス・ロイス・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は5月14日、16歳までの意欲的なデザイナーに、将来の夢のロールスロイスを設計してもらう「ヤングデザイナーコンペティション」の作品受付を、6月1日まで延長すると発表した。

今回のコンペティションは、世界的な新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の中、学校に行けない子ども達に楽しんでもらう機会を提供するのが狙いだ。未来のデザイナーに、自宅に居ながら・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は4月9日、16歳までの意欲的なデザイナーに、将来の夢のロールスロイスを設計してもらう「ヤングデザイナーコンペティション」を開催すると発表した。5月18日まで、エントリーを受け付けている。

今回のコンペティションは、世界的な新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の中、学校に行けない子ども達に楽しんでもらう機会を提供するのが狙いだ。未来のデザイナー・・・

ニュースを読む

ロールスロイス世界販売、日本は16.3%増 2020年第1四半期

by 森脇稔 on 2020年04月08日(水) 16時30分

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は4月6日、2020年第1四半期(1〜3月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は853台。前年同期比は27.2%減と、マイナスに転じている。

そんな中、日本国内では第1四半期、50台を販売した。前年同期比は16.3%増と、2桁増を達成している。

ロールスロイスは現在、ブランド初のSUVの『カリナン』をはじめ、『ゴースト』、『ファントム』、『レイス』、・・・

ニュースを読む

◆ポルシェ、ドイツ工場を2週間休止へ

ポルシェ(Porsche)は3月18日、ドイツ・ツッフェンハウゼン本社工場とライプツィヒ工場を、3月21日から2週間休止すると発表した。

ポルシェはこのステップを踏むことにより、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の防止と、関係当局によって実施された対策に対応していく。

ポルシェによると、新型コロナウイルスの影響により、グローバルサプライチェーンにボトルネックが起き、正常な生産・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズは3月12日、ロールスロイス『ドーン』(Rolls-Royce Dawn)の「シルバー・バレット・コレクション」を、世界限定50台生産すると発表した。

2015年に発表された現行ドーンは、最上級クーペの『レイス』のオープン版(いわゆるドロップヘッドクーペ)だ。パワートレインは、直噴6.6リットルV型12気筒ガソリンツインターボで、最大出力570ps、最大トルク79.5kgmを引き出す。0〜100km/h加速・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は1月8日、2019年の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は同社の116年の歴史で過去最高の5152台。前年比は25%増と、2年連続で前年実績を上回った。

ロールスロイスの世界新車販売が、前年実績を上回ったのは、2年連続だ。これは、ブランド初のSUVの『カリナン』を投入したのが大きい。

カリナン以外では、『ファントム』、『レイス』、『ドーン』の3車種の・・・

ニュースを読む

ロールスロイスの高級4ドアセダン『ゴースト』の次期型プロトタイプを、これまでで最もカモフラージュが薄い状態でスクープした。

同社は先日、ゴーストの現行モデルが2019年内に生産終了すると発表しており、この次期型へバトンタッチされることになる。『ロールスロイス 200EX』として2009年4月の上海モーターショーで初公開したゴーストは、6.6リットルV型12気筒ガソリンターボエンジンを搭載、「ベイビー ファントム」として同社史上でも人気・・・

ニュースを読む

ロールスロイス ゴースト 現行型、2019年内に生産終了へ

by 森脇稔 on 2019年12月14日(土) 07時30分

ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)は、『ゴースト』(Rolls-Royce Ghost)の現行モデルが、2019年内に生産を終了すると発表した。

ゴーストは2009年4月、上海モーターショー2009でワールドプレミアされた。ゴーストは、『ファントム』よりもひと回り小さいボディを持つロールスロイスの新シリーズとして誕生した。ボディサイズは全長5400×全幅1950×全高1550mm、ホイールベース3295mm。6.6リ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

pint

13キロ以上

車種名:メルセデスベンツ 190クラス
投稿ユーザー:pin***** さん
総合評価:

信号の少ない田舎なので燃費13km/l以上出ますが、e燃費には反映されま...[ 続きを見る ]

重ちゃん

オートクルーズ

車種名:ホンダ ステップワゴン
投稿ユーザー:重ち***** さん
総合評価:

市内走行でも車間を開けて、オートクルーズを使って走らせると燃費が上がるよ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針