ロールスロイス

カーライフニュース - ロールスロイス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ロールスロイスモーターカーズは4月27日、『ファントム』(Rolls-Royce Phantom)をベースに、「エルメス」とコラボレーションしたワンオフモデル『ファントム・オリベ』を発表した。オーナーは、前澤友作氏だ。

◆グリーンとクリーム色のツートンカラーは前澤氏の織部焼コレクションに着想

ファントム・オリベは、英国グッドウッドのロールスロイス本社と、フランス・パリのエルメスのオーダーメイドスペシャリストが協力して開発した。オーナ・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズは4月22日、東京・北参道に完成した高級集合住宅の最上階に位置するペントハウス「The Kita Tea House」のオーナーのために、ロールスロイス『ドーン』の特別仕様を開発したと発表した。

◆ロールスロイスの英国本社のカスタマイズ部門がデザイン

最上階にThe Kita Tea Houseを擁する「The Kita」は、建築家の隈研吾氏が設計を担当した。このペントハウスは、明治神宮の森や隈研吾氏が設・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズは4月12日、SUVの『カリナン』(Rolls-Royce Cullinan)向けに、新しいカスタマイズオプションを欧州で設定すると発表した。

◆出発前に用途に合う「レクリエーションモジュール」を選んで搭載

そのひとつが、「レクリエーションモジュール」だ。これは、カリナンのラゲッジコンパートメントフロアに収まるように設計された電動引き出し式のトレーとなる。ボタンを押すだけで、レクリエーションモジュールがス・・・

ニュースを読む

4月14日・15日の2日間、ラグジュアリーカー 4ブランドなどが集結する「ディスカバー ラグジュアリー 2021」が東京の新宿住友ビル三角広場で初開催される。

ディスカバー ラグジュアリー 2021は、住友不動産後援のもと、最大天井高25メートル、2600平米を誇る都内屈指の全天候型イベント空間、新宿住友ビル三角広場を会場に開催。ラグジュアリーカー 4ブランドをはじめとする世界のトップラグジュアリーが集結する国内最大級のイベントとなる・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は4月8日、2021年第1四半期(1〜3月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は第1四半期の新記録となる1380台。前年同期比は62%増と、2年ぶりに前年実績を上回った。

1380台の販売台数は、2019年に打ち立てた第1四半期の記録を上回るもの。この販売実績は、ロールスロイスモーターカーズの116年の歴史において、過去最高という。

市場別では、中国・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズは2月16日、ロールスロイス『ファントム』(Rolls-Royce Phantom)のワンオフモデル『コアファントム』を、米国のJBSコレクションミュージアムに納車した、と発表した。

JBSコレクションミュージアムは、米国インディアナ州エルクハートにある。「JBS」とは、ジャック・ボイド・スミス氏を意味し、JBSコレクションミュージアムには、同氏が収集した60台以上の貴重な自動車コレクションが展示されている・・・

ニュースを読む

コーンズモータースは、芝公園ショールームとニューオータニギャラリーの機能を統合し、ロールス・ロイスの新車および認定中古車を販売する、国内最大級のショールーム「ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京」を2月1日、ホテルニューオータニ(東京都千代田区)のガーデンコート1階にオープンした。

ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京は、新車・認定中古車を合わせて13台を一堂に展示できる、国内最大クラスの広さ597.5平米を誇るショールーム。店内・・・

ニュースを読む

ロールスロイス世界販売、日本は11年ぶりに減少 2020年

by 森脇稔 on 2021年01月15日(金) 06時15分

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は1月12日、2020年の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は3756台。前年比は26.4%減と、3年ぶりに前年実績を下回った。

この販売実績は、ロールスロイスのベストセラーモデルの『ゴースト』が、モデルチェンジのタイミングにあった上での結果だ。顧客の需要は、すべてのモデルで引き続き堅調という。

2021年のハイライトは、新型ゴーストの発売だ。新型の受・・・

ニュースを読む

今回ステアリングを握ったのは2009年にデビューした『ゴースト』の2世代目。従来型は2003年にグッドウッドに生産工場を移動してから誕生した新世代モデルで、『ファントム』の弟分的ポジションとなる。

とはいえ、ショーファードリブン(運転手付き)色の強いファントムとは違いドライバーズカー的要素が強い。その証拠にゴーストの派生モデルには2ドアクーペの『レイス』とオープントップの『ドーン』がラインナップされる。ベースはゴーストと言うことだ。
・・・

ニュースを読む

栃木県日光の中禅寺湖畔にこの春オープンした、世界的に有名なラグジュアリーホテルチェーン「ザ・リッツ・カールトン 日光」で行われたのは、この度9月に発表されたロールス・ロイス『新型ゴースト(GHOST)』のメディア試乗会。



国際試乗会の一環として日本でも開催されたわけだが、なぜ日光なのかという理由を、広報のミッシェル・ローズマリー氏は教えてくれた。ここ日光には2008年まで英国大使別荘があり、明治時代に英国外交官が建てた個人別荘が今・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

かず

ウインカーとペダル

車種名:日産 セレナ(e-POWER)
投稿ユーザー:かず***** さん
総合評価:

フロントのウインカーランプをLED化。ハイフラ対策製品だけど、どれくらい...[ 続きを見る ]

oji san

1年間の記録

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:oji***** さん
総合評価:

購入して1年となります。 走行距離:19875km 780L 平均燃費...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針