(イメージ)《イラストAC》

三菱自動車は6月30日、自動車リサイクル法に基づき、2019年度(2019年4月〜2020年3月)における自動車シュレッダーダスト(ASR)、エアバッグ類、フロン類の特定3品目の再資源化等の実施状況を公表した。

2019年度の実績は、ASRの引取り量は21万7915台・3万1655トンで、このうち3万0560トンを再資源化。再資源率は96.5%となり、法定基準値70%を達成した。エアバッグ類は、15万8464台・54万3957個を引取り、再資源化率は94.5%で、法定基準値85%を達成。フロン類の引取りは18万7548台・4万2680kgとなり、適正に処理した。

再資源化などに要した費用総額は17億7987万円。資金管理法人から払い渡しを受けた預託金総額は20億6586万円となり、全体収支は2億8599万円の黒字。このうち2億円を自動車リサイクル高度化財団へ拠出している。

三菱自動車では、今後の新型車についても再資源化処理コストの低減を継続し、ユーザーのリサイクル料金負担の低減を図っていく。